ブリュッヘン/新日本フィル トリフォニー・シリーズ

【2007年1月28日(土)15:00~ 第412回定期/すみだトリフォニーホール】
●シューマン:交響曲第4番ニ短調 Op.120(初稿)
●ベートーヴェン:バレエ《プロメテウスの創造物》 Op.43 より
⇒フランス・ブリュッヘン/新日本フィルハーモニー交響楽団


待ちに待ったるブリュッヘン。…しかし、いささか困惑しております。。
とりあえず彼の姿形には変化ありません。前回同様、枯木のような痩躯をよろめかせて登場し、椅子に座っての指揮。

しかし前半のシューマンは、あれはどうやって評価したらいいんだろう…。今回ブリュッヘンが取り上げたのは第4交響曲の初演に使用された稿で、その初演が大失敗だったために響きの補強を主眼として改訂されたバージョンが、現在シューマン第4として普通に演奏されているものらしいんです。でも、ブリュッヘンがどうして初稿を使ったのかという点が謎。やくぺん先生がプログラム解説でそのへんのことについて書いてくれるかと思ってましたが、結局不明なのです。(※「ブリュッヘン自身が何もコメントしていない」とのこと。やくぺん先生ありがとうございました!)
あえて初稿を使ったということは、ブリュッヘンは何かしら初稿のアドバンテージを認めているのだと思うんですけどね…。改訂稿より何か優れている箇所があるのか?しかしこちらの胸倉を掴んでそこを理解させてくれるような、そういう「強い」演奏ではなかったし、もっと言えば、少し空疎な雰囲気の漂う演奏だった。。この人は有無を言わせないような「強い」演奏をする人なのだとずっと思い込んできた自分にとっては、大いにショックでした。

加えて、オケのほうでも前回のシューマンとはノリが違う。
あんまり縦が合ってなかったなあというのがまず不満で、それ以上にずいぶんデュナーミクが硬直してたのが不可解。あんなに起伏がなくていいのか?…ノンヴィブラートはノリントン/N響よりずっと自然だったし、第3楽章のトリオ手前で鮮やかに減速する様子なんかは美しかったけれども。

このようにマイナスな印象を多く持った理由は
 ・事前に過剰に期待しすぎた
 ・ブリュッヘンがこういう曲作りをするようになった
 ・シューマン第4の初稿はそもそも空疎に書かれている
 ・楽団員の中に初稿の使用に納得していない人が大勢いる
 ・練習期間が短くてブリュッヘンの意思が伝わっていない
 ・ブリュッヘンが時差ぼけ
 ・楽団員が風邪
 ・こちらの耳がいかれた
などとたくさん考えられるのですが、熱狂しようと思って高いところに登ってたら下で梯子を外されたような、予想しない心持ち。これが前半を聴き終えたあとの偽らざる感想です。

後半《プロメテウスの創造物》は珍曲。ベートーヴェンらしい曲調のせいもあって前半よりは生き生きしてたと思うんですが、今度は空疎というより全体的にまったりと落ち着いてしまって、終始和やかなムードに。ブリュッヘンに和やかムードなんて似合わないヨ。。
それでも第5曲のpizzと木管+Vcソロのバランス、柔らかな歌わせ方がまさに絶妙で、ホロリときました。あとは《エロイカ》のテーマによる終曲に聴かれた重たい響き、あれがブリュッヘンの醍醐味です。この辺は変わってないようで。

ベートーヴェンやモーツァルトなど、過去の録音と簡単に聴き比べできるプログラムが聴けないのが悔しいです。結局ブリュッヘンが変わったのか変わっていないのか、曲のせいなのかオケのせいなのか自分のせいなのか、全部わからないまま名古屋へとんぼ返り。他のブログさんのレビューだけが頼みの綱です。。うーむ。
by Sonnenfleck | 2007-01-28 18:20 | 演奏会聴き語り
<< 【アニメ】のだめカンタービレ第2話 これも永餅のおかげ >>