くもとちゅうりっぷ

c0060659_10372171.jpgJapanese Classic Cartoon(1943)

YouTubeで面白いものを発見。
昭和18年(1943年)に制作された、国産アニメーション映画《くもとちゅうりっぷ》がUPされてます。

てんとう虫の女の子と、それを狙うクモのおじさん。女の子はチューリップの花弁の中に匿ってもらうのだが、クモのおじさんはチューリップもろとも糸でぐるぐる巻きにしてしまう。しかしそこで嵐。クモのおじさんは吹き飛ばされて、めでたしめでたし。

c0060659_10373980.jpg大変素晴らしく動いていて(「のだめ」の演奏シーンよりよく動いてるかも…)、第二次大戦中に作られたアニメとは思えない。。
この作品、付随しているBGMがまたいいんですよ。
作曲者は弘田龍太郎、演奏は作曲者指揮の松竹交響楽団。弘田は『鯉のぼり』や『しかられて』で有名な童謡作家ですけど、クモのおじさんが迫るときのバーバリックなパッセージや、細かい弦楽のトレモロと不吉な金管で描く嵐のシーンなど、ここではリヒャルト・シュトラウス風の鮮やかな大管弦楽に作曲者の懐の深さが知れます。全体的にファゴットのソロがとても多いのが面白い。松竹交響楽団に名手がいたのだろうか?

クモのおじさんの「声優」、村尾護郎という人は、ググってみると戦前の藤原歌劇団で活躍したバス歌手らしく、彼が歌う妖しげなバラードが非常に不気味で味があるのもなるほど納得。2003年までご存命だったようです。をはり。
by Sonnenfleck | 2007-03-11 10:39 | 広大な海
<< フィフティーン・ミニッツ・パラダイス おお しんでしまうとは なさけない >>