健全なるアウトドア精神(何ら問題ない)

c0060659_17561443.jpg日の出ごろに起床、仕事仲間と一緒に知多半島の先っちょにある浜でバーベキューをしてきました。大きめのあさりに醤油でちょちょっと味つけして網で焼く、そんなのがえらい美味かったですよ。お、このブログには珍しくアウトドアな感じだぞ。
しかし腕は、時計の痕を残して全面に赤黒く日焼け。恐ろしいことになっているのです。こんなに焼けたのっていつぶりだろう…毎日チャリチャリしていた高校生のころを思い出しますね。。

行きの車中ではモーツァルトのト短調弦五を聴いて暗シックに浸りましたが、晴れ渡る太平洋の空と潮風の下ではそんなものは無意味でありました。自分のメンタルシーは無生物的に曇っている日本海なのにね。

疲れたな。こうして僕のNML最後の日はあっという間に過ぎてしまった。といいつつ、最後にウィグルスワース/オランダ放送フィルの《バービィ・ヤール》(BIS)を聴いているのでした。オケは聴かせるけど(同じ指揮者の10番の出来とは大違いだ)、この曲で男声合唱の発声が全然ロシア語っぽく聞こえないのはかなり問題かなと。適当すぎる。

そういえば、アシュケナージのショスタコ全集がついに完成するらしいですね。彼の10番だけはついにバラ売りを見つけられなかったので、たぶん買ってしまいます。
(クラウス・ペーター=フロールとホルヴァートの第10を譲ってくださる方、いらしゃいましたらご連絡下さい。。)
by Sonnenfleck | 2007-05-12 19:32 | 日記
<< 【アニメ】のだめカンタービレ第15話 ボレイコ応援プロジェクト、その後 >>