【アニメ】のだめカンタービレ第16話

c0060659_6542223.jpg【2007年5月17日(木) 東海テレビ(予定)

おととい発表された「有料会員制導入テスト」はニコニコ動画がお先真っ暗なことを示してますし、そうなったら絶対に黙っていないであろう○ャスラックのことを考えると憂鬱になります。今のところはたった100万人限定のクローズドなサービスに留まっているから灰色のまま放置されてるけど、いつか必ず訪れるXデーには壊滅的な打撃が予想されるわけですよ。気楽に「ニコニコ使ったよん」などと書いている僕もオナワ頂戴かもしれませんね。

クラ的にはミッチー+大井氏の《シナファイ》やガッティ/ウィーンの《モーゼとアロン》抜粋、ポゴレリチの《スカルボ》などが、ヲタク保守本流の萌えアニメ群に混じって普通にUPされてるのが大変興味深いのですが(笑)
そんなわけで第16話、Lesson36(いぶし銀からピンクへ)Lesson37(ハリセンの妥協と和解)をカバー。つなぎ回らしく消極的な感じ。

いぶし銀からピンクへ
ドラマ版では演出のおかげで特徴的なシーンに仕上がっていた「恋するくろきん」ですが、原作ではそんなに面白おかしい部分ではないので、原作に忠実なアニメ版はあれと比べられてしまうと不利ですね。
それにしても今週は本当にクラ曲が少なく、登場したのはK.314とバッハの無伴奏Vnパルティータ第2番だけだったので、ちょいと欲求不満になってた耳には心地よく響きました。Obの接写は相変わらず高品質、オケのカットになると低品質。(モーツァルトのオケ作画、いくらなんでも奏者間が離れすぎでは…。)

食玩の帝王
ハリセンがのだめを釣るために、コンビニでプリごろ太フィギュアを大人買いする場面が追加。
オリジナルエピソードですが、引いた笑いが原作っぽくてGJ。

今週のクラヲタポイント
・今週は特になし。来週流れるであろう《もじゃもじゃ組曲》終曲に期待してオリマス。
by Sonnenfleck | 2007-05-17 06:56 | on the air
<< ドホナーニ/北ドイツ放送交響楽... 多重戦隊アヴェマリアン >>