ドホナーニ/北ドイツ放送交響楽団@名古屋

c0060659_6491530.jpg【2007年5月17日(木)18:45~ 愛知県芸術劇場】
●ブラームス:交響曲第3番ヘ長調 op.90
●同:同第1番ハ短調 op.68
  ○アンコール ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ホ短調 op.72-2
⇒クリストフ・フォン・ドホナーニ/
  ハンブルク北ドイツ放送交響楽団


何が凄いかというと、昨日の夜は何が凄かったのかということを言葉にできない点。強いて言えば、あれはブラームスのイデアとでも表現しようか。ロマン派オーケストラ合奏芸術の理想が繰り広げられていたような気がする。
…という感じでエントリを終わりたいんですが、埒もないのでもうちょっとだけ捻り出します。

当日の昼まで、行こうかどうか迷ってました。
でも、5月7日にハンブルクのライスハレでドホナーニ/NDRを聴かれた方のエントリを偶然拝見して、心を動かされたのですよ。そうして今あるのはこの方が書かれているのとまったく同じ感想、すなわち今、聴いてみたい、理想のブラームスがそこにはあったという巨大な充実感なんですね(転載ご容赦)。今後ブラームスの交響曲を思い浮かべたら、きっとこの演奏が脳内で再生されるだろう、と。
「既存のイメージ」とどこかしら食い違う箇所を提示して聴かせるのが最近の流行りだとすれば、ドホナーニがやったのはその「既存のイメージ」を極限まで磨き上げる方向。ヴァントが同じオケを振って遺したブラームスにある孤高・質朴といった個性(この文脈では「臭み」と言ってもいいかもしれない)すらここには存在しなくて、まさに大阪公演を聴かれたtakさんが指摘されているとおり「観念の世界の音楽」であったわけです。リズムの設計・和音の構築・バランスの取り方といった価値だけを究極的に信頼した、恐ろしく精密で非人間的な120分。。インテンポ、ロマンティックな余韻はばっさりカット。それでも興奮してくるオケを、暗譜+打点の鋭い指揮で完璧に統率するドホ氏。

端的な例を挙げるとすれば、第1の第2楽章終盤で、コンマスがObとClを従えてソロを張る局面…あそこで聴こえた3者のバランスはたぶんこの先もずっと忘れないと思うし、第3の第4楽章の最後で弦から聴こえた気泡のように儚い響きは…悶絶モノでありました。
いやはや。
関東圏の方々は今日明日でツィクルスが聴けるわけですよね。度肝、抜かれますよ。。
by Sonnenfleck | 2007-05-18 06:51 | 演奏会聴き語り
<< 急告▼チケット差し上げます! 【アニメ】のだめカンタービレ第16話 >>