眞佐可

c0060659_22584286.jpg食べ物ネタが続くなんて珍しいことです。

職場の友人が、名古屋一美味い!と太鼓判を押す、焼肉・眞佐可
ネット上の評判もすこぶる良好で、味に関しては文句のつけようがないらしい。しかしわざわざ「味に関しては」と書いたのはもちろん理由があって、どうやらこのお店には、

■1 電話予約は受け付けず、予約は店頭でのみ。
■2 オーダーは入店時の一回限り、追加注文お断り。
■3 「最高の生肉」が提供されているので、焼きすぎると怒られる。

などと小難しいルールがあるようなのです。うーむ。ビクつきながら入店しましたよ。

気づかずに通り過ぎてしまうような控えめな店構えながら、長細い店内は「いかにも」な汚さで、戦いに臨む意欲が増します。←このへんは二郎と同じテイストを感じる(笑)
おっちゃん(ご主人?)に聞いて、一人四皿分の肉をオーダー。これくらいなら食べきれそうです。20分くらいキムチとビールでつないで、最初に出てきたタン刺しにまずぶっ飛ぶ。
おっちゃんの言いつけどおり生のまま食べたんですが、舌触りの繊細さ、そして臭みのない芳醇な香りにエロスを感じましたね。。ああ肉ってこんなに美味いのか。。
カルビロースも、軽く炙っただけでほとんど生のまま食べられるのです。不思議な感覚ですが、部位による味の違いというのがはっきりと存在していて吃驚。トロリととろけるようなホルモン(これだけはさすがにちゃんと焼きましたが)も新たな発見です。

男三人でたらふく食って、お代は12,000円強。ごちそうさまでした。

◎眞佐可
名古屋市中区千代田2-10-2
052-241-4192
by Sonnenfleck | 2007-06-02 22:58 | 日記
<< パイゾ・クァルテット@スタジオ... しあわせのつぶ >>