名古屋フィル 第337回定演

【2007年6月23日(土)16:00~ 第337回定期/愛知県芸術劇場】
●ベートーヴェン:Pf協奏曲第3番ハ短調 op.37
  ○アンコール シューベルト:4つの即興曲 D899~第3番変ト長調
→キリル・ゲルシテイン(Pf)
●ショスタコーヴィチ:交響曲第11番ト短調 op.103 《1905年》
⇒ヤコフ・クライツベルク/名古屋フィルハーモニー交響楽団


ショスタコの幕切れで、事故が発生しました。

□1 第4楽章の終結部に差し掛かり、打楽器陣が渾身の力で曲をクライマックスへ導く。
□2 最後の和音にかぶさるようにして、かなりフライング気味なブラヴォと拍手。
□3 クライツベルクとオケは静止したまま動かない。
□4 ここで突然、女の叫び声がホール中に響く。「まだ鐘があるッ!!」
□5 拍手、一瞬止むも、当然「もう鐘はない」ので、指揮者もオケも動かない。騒然。
□6 指揮者、諦めたように力なく立ち尽くす。オケぐったり。再び拍手。

この間、わずか数秒であったと思います。ライヴはドラマだねえ。
勘違いして叫んだ女性は、天国のショスタコから電波を受信してしまったのでしょう。そういえば第4楽章には「警鐘」という副題が付いているのであった。ゴーン。

第4楽章のこの局面までは、クライツベルクと名フィル、非常にいい演奏をしていましたよ。
まず第1楽章の冒頭で、弦楽が気合の入った冷たい音色を出している!これで今日のショスタコも成功だなあと思いました。名古屋に来てからこれまで、1年の間にすでに第12第5第15と名フィルでショスタコの交響曲を聴いてきましたが、ひとつもハズレがないので驚いています(コバケンの第5は、コバケンの文脈では素晴らしい完成度)。
狂気を感じさせる高速テンポで、第2楽章の機銃掃射。重戦車ではなく、もっと小型でもっと恐ろしい火器という感じでした。クライツベルクってもう少し重たい曲づくりをするのかなと思ってましたが、それはビシュコフ兄さんのほうでしたネ。機銃掃射の終了、無音―かと思いきや、Vnの血煙が静かに漂っている、これは生のダイナミックレンジならではの恐ろしい落差。。細やかな配慮が、ゲ氏のように勢い任せだけではないことを感じさせます。。

前半のベートーヴェンが、実はさらに輪をかけてよかったのです。
この曲でも第2楽章の始まる直前に携帯電話が鳴ったりして、すでに客層的には悲惨の一途でしたが、演奏会全体としてはベートーヴェンの名演で救われるとこ大。
1979年生まれのキリル・ゲルシテイン、どこかで名前は聞いたことがありましたが、彼のピアノが素晴らしかった。非常に繊細でムードのある流麗な歌い口、美音、ムーディキリル。これはまったくネガティヴな意味ではなくて…ネオ浪漫とでも言えばいいのかなあ。第2楽章なんかこれ以上は望めないくらい繊細で切ない感じでした。受け流せないよー。
アンコールのシューベルトは、金曜の公演ではリスト編曲版の《魔王》だったみたいですが、この日は変ト長調の即興曲。やはり保守的で大変美しく、会場の空気をすっかり手玉に取っていたなあ。要注目の人です。
オケ。ノリントン/LCPの録音を先日聴いたばかりである僕にも力強くアピールしてくる、充実の保守本流でした。巨大な編成で編み上げる第3楽章のフーガがたいそうカッコよかった。協奏曲というのは、ソリストが必要なせいでモーツァルトやベートーヴェンであっても古楽化があまり進んでいないように思いますが、その中でも「オレたちは大編成保守でやってく!」という自信が伝わってくる演奏と、「ルーティンで流そ」という演奏では天と地ほどの差がある。

さて話をショスタコに戻しますと。
だらりと力を抜いたクライツベルクは、騒然とした拍手を浴びつつコンマスとトップサイド氏に向かって何か尋ねておりました。「さっきマダムが叫んだ言葉はどういう意味だい?」「『まだ鐘がある』という意味です、マエストロ。」―
つくづく、ライヴは面白いのです。何が起こるかわからない。
by Sonnenfleck | 2007-06-24 00:12 | 演奏会聴き語り
<< ほとんど動かないこともない。 300km/hで疾走する薔薇 >>