ニアリーイコールくり

c0060659_793082.jpg

岐阜中津川は澤田屋の栗きんとん。お土産にいただきました。
驚くべきことに、これまでに食べた栗以外のもののなかで最も栗に近い味がします。

子どものころ、自宅の庭に栗の木がありました。
梅雨時は不愉快な臭いを漂わせるのだけど、秋になればそれなりに実をつけるのです。
栗の好きな母にそそのかされて一緒に拾い集める。茹でてもらってから殻を爪で割ると、中から白いような黄色いような実が顔をのぞかせる。口に含んでも甘いのか甘くないのかあまりわからないんだけど、鼻に抜ける香りだけは野生の力強さを示していて神秘的なのだ。

という念を想起させるので、「お取り寄せ」してみよっかな。
by Sonnenfleck | 2007-11-17 07:36 | 日記
<< 今日は朝からストラヴィンスキー... 部屋の遊戯 >>