フランス・ブリュッヘン指揮新日本フィル:エポックメイキング

【2005年2月18日(金)19:15〜 第381回定期演奏会/すみだトリフォニーホール】
●ラモー:歌劇《ナイス》から序曲、シャコンヌ
●モーツァルト:交響曲第31番ニ長調《パリ》K. 297
●シューマン:交響曲第2番ハ長調 op. 61


結論から先に書きます。
僕が東京で通った演奏会のなかで、これほどに刺激的な公演は今回が初めてですね。日本のオーケストラが今夜ほど古楽器の音に近づいたことはないと思います。ノンヴィブラートが徹底されて緊迫する弦楽、軽く跳ねる木管、暗く光る金管、そして硬く鮮やかに打ち込まれるティンパニ。長くはないであろうリハーサルの間に、よくぞここまで指揮者の要求に応えた。まずは新日フィルのメンバーの音楽家魂を讃えたいと思います。日本のオケは無個性?蒸留水のよう?言わせておけばいい

ラモー。まずオケの配置が変。指揮台から見て右、いつもはVcの首席がいる位置にFgのソロが二人座り、その奥にコルネットとバロックティンパニ。あとの弦楽と木管は全部左側に寄せられてます。長身痩躯のブリュッヘンがいくぶんよろめきながら舞台に現われますと、場内からは期待と不安の混じった拍手。僕の後ろに座った女子高生たちが話してましたよ。「ラモー?はぁ?誰?」って。僕は念じます。リコーダー仙人の十八番を思い知れ!
僕は僕で、第一音を耳にして最高に驚きます。18世紀オケのCDと同じ音してるじゃん!曲づくりのポイントはそのCDと同じ。巧い!バコバコ打たれるティンパニに気分はルイ15世。ただやっぱりみんなの拍手には戸惑いを感じましたね。普段バロックなんて聴かない人たちがこうやってオケの会員制度を支えてることを思いつつ、二曲目。

モーツァルトの《パリ》には特に馴染みがありません。
プログラムによるとこの曲にはもともと第一稿と第二稿があり、今日の公演では第2楽章でなんとその両方を続けて演奏するとのこと!インテリっぽくて好きです(笑)ただ実際に第2楽章を聴いてみると、前者が8分の6拍子、後者が4分の3拍子なだけということで、期待してたほどの露骨な相違はありませんでしたね(ただ後者にはグレゴリオ聖歌の≪エレミアの哀歌≫の旋律がこっそりと織り込まれてるらしい。バッハみたいなことしやがってー萌えるー)。演奏は相変わらず刺激が強い。弦楽はめまぐるしい強弱変化をヴィブラートなしで(≒ごまかしなしで)やるものですから、ばらばらにならないかヒヤヒヤ。おまけに1stVnと2ndVnは両翼配置になってるものだから、互いの音が聴きにくそう。こっちはフーガ風のパッセージが出ると両翼配置の恩恵を享受することができますがね(^^;;)

休憩を挟んで3曲目はシューマンの2番。アーノンクールやノリントン、ガーディナーら80年代を支えた古楽系の指揮者たちが揃って中期ロマン派の敷居を踏み越えているいま、ブリュッヘンだけはせいぜいメンデルスゾーンどまり、なんと今回の日本公演で初めて2番を振るそうです。でもさすが。いちばんシューマンらしく錯乱したこの曲を選んでくれるなんて♪
第1楽章の序奏。暗く重くトランペットが鳴るさまは、ワーグナー。シューマンが白目むいて笑ってるような例のおっそろしい第2主題を、その裏でホルンに拍を打たせることによって…いっそう気持ち悪くします!!最高!!ここでも、薄いガラスのようなノンヴィブラートの弦楽と硬いモダンティンパニが際だちます。
第2楽章は思いのほか遅く開始されます。切迫する情念。木管がお花畑のように不毛な美しさを放つ。
第3楽章。個人的にはシューマンの書いたオケ作品の中でこの楽章がもっとも美しいと思ってます。バーンスタインばりの粘りをあの美しい響きの中でやるのだから、こっちはもう悶絶っすーどうにでもしてー◎◎
アタッカ気味で第4楽章に突入。一小節一振り(四小節で四拍子を形成)のかなり速いテンポでガンガン進みます。ただただ美音の粒子が飛び交う。最後に第1楽章序奏のテーマが回帰するところ、奥ゆかしく演奏するんでこっちは逆に熱くなります。コーダで上り詰めるロマン派♂の自意識。ブラヴォー!!!!!
by Sonnenfleck | 2005-02-18 23:46 | 演奏会聴き語り
<< 晴読雨読:宮下誠『迷走する音楽』 とりあえず >>