今年はこんなの聴きましたランキング'07<コンサート編>

忘年会も終わったし、そろそろシメなきゃならんでありましょう。
今数えたら2007年は34回のコンサートに出かけています。ただしラフォルジュルネの公演で水増ししてるので、数自体は例年に比べてかなり減少してますねえ。。2005年はモスクワ室内歌劇場のショスタコーヴィチ《鼻》、2006年はアーノンクール/CMWの《メサイア》が1位をさらっていきましたが、果たして今年は!

10位■ブリュッヘン/新日本フィル トリフォニー・シリーズ(1月)
→結局どのように捉えたらよかったのか、今でもわからない。

9位■武本京子ロマンティック室内楽 第2回「ピアノ五重奏の魅力」(9月)
→シューマンよかったッス。

8位■【LFJ】ダニエル・ロイスのストラヴィンスキー《結婚》(5月)
→メタリック。

7位■バッハ・コレギウム・ジャパン《エジプトのイスラエル人》@初台(11月)
→カエル。

6位■名古屋フィル 第333回定演(2月)
→沼尻氏のマラ6。名フィルの底力を聴いた。

5位■ヤンソンス/バイエルン放送交響楽団@豊田(11月)
→贅沢したーという印象だけが核として残っているのが徐々に判明してきました(12月)。

4位■ドホナーニ/北ドイツ放送交響楽団@名古屋(5月)
→ドホナーニ先生最高。

3位■バッハ・コレギウム・ジャパン《ヨハネ受難曲》@名古屋(4月)
→ヨハネの烈しさをまざまざと見せつけられました。および浦野さん萌え。

2位■「武満徹を聴く、武満徹をうたう」コンサート その1その2(1月)
→武満のエッセンスを煮詰めた、最高に素晴らしい2時間だったと思う。本当に。

1位■バッハ・コレギウム・ジャパン《ロ短調ミサ》@名古屋(10月)
→BCJ的にはこれでもまだ通過点にすぎないんじゃないかと思われます。

以下選外ながら印象に残ったもの。
アファナシエフ Pfリサイタル(12月)
有田正広 レクチャーコンサート@宗次ホール(7月)
名古屋フィル 第337回定演(6月)
【LFJ】アントニア・コントレラスのファリャ(5月)
【LFJ】カルテット・ヴェーネレのバルトーク公開レッスン(5月)
名古屋フィル 第335回定演(4月)
グリーン・エコー第50回演奏会 《ミサ・ソレムニス》(3月)


今年は、行けて満足な公演よりも行けなくて悔しかった公演のほうが強い印象を残していて、そういう意味ではランキングに負のオーラが漂っている気がせんでもないですが。。《モーゼとアロン》とか、目白のガッティとか、日比谷のショスタコとかね。。

さてさて来年は名フィルの大爆発元年として長い間記憶される一年となるでしょう。日本のプロオケの中では間違いなく、最も前衛的でぶっ飛んだプログラムが組まれていると思う。発表当時「未定」だった08年5月定期のトロンボーン協奏曲が、ロータとマルタンの2本立てにパワーアップしましたし。皆勤狙いますよう。
by Sonnenfleck | 2007-12-22 09:15 | 演奏会聴き語り
<< 今日は朝からストラヴィンスキー... 英国式指揮、英国式四季 >>