造園三周年/LFJ計画始動

c0060659_8462887.jpg本日「庭は夏の日ざかり」は開設から3年を迎えることができました。

思い起こせば3年前の2月、友人に唆されて始めたこのブログが、このように続くことになろうとは予想してなかったです。ほんとに。
毎朝出掛けの更新と週4~5エントリのペースが保てているのは、毎日訪問していただける皆さんのおかげであり、まったくそれ以外の何物でもありません。本当にありがとうございます。

楽しいうちは、続けてみよう。

さて、いよいよラ・フォル・ジュルネ2008のプログラムが発表されましたね。
来たるべきGWに備えて、これから楽しいスケジューリング。
シューベルトは、あんまりこのブログでは取り上げませんが、自分にとってはラヴェルやフォーレとともに最も大切な作曲家なんですよ。あれこそ言葉にならない音楽の最たる例なのだけど、今年はガツンと有楽町に滞在して、いろいろ聴きいろいろ書いてみようと思います。

当ブログ的には、勝手に応援中のピアニスト・佐藤卓史のLFJデビューが大ニュース。
本人からはチラッと話を聞いてたけど、すげえなあ。皆さまぜひに。
彼の《楽興の時》が聴きたかったけど5月2日は平日だぞよ。。
by Sonnenfleck | 2008-02-17 08:55 | 日記
<< グリーン・エコー第51回演奏会... 精神と時のお買い物XI >>