回復された日常→別の断絶?

ネット環境の断絶は、担当者の素晴らしいフットワークによって迅速に解消されました。
まさかカスタマーセンターに電話してから6時間で回復するとは思わなかったよ。。
理由があって特に名前は秘すけれども、某社は素晴らしいサポート体制です。ブラヴォ。

で鼻歌を歌いながらいつもの巡回先であるHMVのサイトに行ったのですよ。
そしたらこんな記述があって。
三枝成彰 作品集

2008年2月28日 (木)
祝 紫綬褒章!
日本作曲界の重鎮三枝成彰氏

今や日本の作曲界になくてはならない人、三枝成彰氏[1942-]の作品が初期から近作まで体系的に収録、しかも驚きの1CDあたり税込1,000円
日本語解説入りで作曲者自ら懇切に自作を解説!
三枝氏の事務所が制作。アイヴィー消滅により、やむなく休止となったナクソス日本作曲家シリーズの次の録音予定であった三枝氏の作品集。なんと自らナクソス価格で世に問う、傑作群!
すごおおおく重要なことがさらっと書いてあるですね。
日本作曲家選輯が休止??
ただ、この記述を受けた巨大匿名掲示板の反応は極めて冷ややかであって、「やむなく休止となった」が係るのが「次の録音予定であった三枝氏の作品集」だと解釈するのがいいらしい。修飾語句の場所がおかしいのかしらん。
by Sonnenfleck | 2008-02-29 06:53 | 日記
<< 熱狂の前哨戦 日常からの孤立 >>