熱狂の非公式インタビュー

c0060659_723483.jpg

半日のお休みをもらって、当初の予定より早く有楽町に駆け付けました。昨日聴いたのは以下の通りですが、個々の感想は後回し!

◆123 ラーンキ&クルコンの連弾@B7
◆114 ライアン/ボルドー・アキテーヌ管@A
◆173 ディリュカ(Pf)@みつを

+ + +

■熱狂のピアニスト・佐藤卓史にインタビュー
→5月2日@BADEN-BADEN(有楽町)

G409で《楽興の時》を弾き終えたばかりのピアニストを無理矢理飲み屋に連れ出して、話を聞きました(ドイツ在住の人間にドイツ料理もないかなと思ったけど、有楽町ガード下の「BADEN-BADEN」へ)。
以下の内容には本当のこともあるだろうし、本当でないこともあるでしょう!

◎プログラム
直接ルネ・マルタン(の事務所?)から、いつ、誰と、どの曲を弾いてほしいというオファーが来るらしい。ホントにプロデューサー自身がプログラミングしてるっていうこと?

◎ゲネプロ
実際にホールに入ってリハーサルができるのは、開場前の15分だけらしいです。過酷だ!

◎ギャラ
ユーロ建て。

◎来年
どーぅやら1750年に没したあの人らしいぞ。。

+ + +

さて昨夜、みつを美術館でiioさんにお会いできました!またどこかで!
by Sonnenfleck | 2008-05-03 07:23 | 演奏会聴き語り
<< 熱狂の認識の果て シューベルティアーデは消滅しました >>