名古屋フィル 第347回定演

【2008年5月17日(土)16:00~ 第347回定期/愛知県芸術劇場】
<ツァラトゥストラ2―隠れた世界>
●ハイドン:《天地創造》 Hob.xxI-2 ~ 第1曲〈混沌〉
●ケクラン:管弦楽のための夜想曲《星降る天穹に向かって》 op.129(日本初演)
●ロータ:トロンボーン協奏曲
●マルタン:トロンボーンと管弦楽のためのバラード
  ○アンコール ?:《波止場にたたずみ》
           クルティス:《帰れソレントへ》
→ジョゼフ・アレッシ(Tb)
●シベリウス:交響曲第5番変ホ長調 op.82
⇒金聖響/名古屋フィルハーモニー交響楽団


このプログラムが暗示しているのは、無神論に対応する不可知論なのかなと思った。

ハイドン→ケクラン→シベリウスはこれらの作品の中で人が知り得ない領域を音楽化しようと試みたと言えるし、だとすれば、人に属する神秘の尾っぽとして宗教性を纏わざるを得なかったトロンボーンをここへ持ってくるのは、西洋音楽史的には当然の帰結だと思われる。
本当のところはどうなのか知らないけどさ。

ただ ― 陽気なヤンキー・アレッシの「気のいい」アンコールは措くにしても ― この一見雑多な5人の作曲家による120分間は、(これが凄いんだけど)耳で聴いても新鮮な統一感に貫かれており、またもホールの椅子の上で唸らされてしまいました。
前回の定期に引き続きですが、「ツァラトゥストラ」シリーズはただ闇雲に変な曲を並べてみましたということではなく、信じられないくらい細やかに考え抜かれた結果としてああいったぶっ飛びプログラムになっているんじゃないかと、、気づかされつつあります。

+ + +

金聖響はやはりバロックティンパニを持ち込んで、《天地創造》冒頭を演奏します。
対向配置でなかったのはこの後のプログラムによる要請だと思いますが、そのぶん目の釣りあがったようなノンヴィブラートを徹底させて厳しい音響に仕立てる。ちょっとやだな。

そして(想像どおり)、ハイドンからアタッカでケクラン《星降る天穹に向かって》に移行。
語法はまったく異なるのに、この継ぎ目のなさ。。並べて聴くと物凄いぞ。。
(つまりハイドンのカオスがいかに前衛的であったかということですね。)
実は、ラ・フォル・ジュルネでもらった無料パスを使いNMLでこの作品を予習してたんだけど、まんまメシアンのご先祖さまという感じなんですよ。子孫より旋律が直截でずっと陶酔感が強いものの、混濁した肌触りの心地よさは「血のつながり」を感じさせます。
それゆえに、金氏の刺さるような音楽づくりに僕は異議を申し立てたかった。ステージ上に尖がった三角錐がたくさん並ぶような音響は、ハイドンでは一定の効果があったけど、この作品のマチエールにはまったく似つかわしくないもの。。

ロータの新古典的な協奏曲、マルタンの十二音+ジャズなバラード
耳に届く不可知として威容を誇ってきたトロンボーンが、新古典主義と十二音の前に引き摺り出されて裸にされる末路…。バラードの最後にソロが「ぷあぁぁぁ...ぁ」と断末魔を上げる箇所なんか、よくできてるなあと思ったです。
NYP首席奏者のアレッシはとてつもなく滑らかな発音、かつピアニシモが抜群に太くて、あーこのへんが一流の人なのねーと思わせる。どちらもオケはギスギスゴシゴシと造り込まれていて、今度はこれらの曲調に映えるし、アレッシとの断絶も効果的に現れています。

最後のシベ5。テンポも妙に速くて、本当は「シベリア5番」なのではというくらい寒々しい音響に仕上がっていたように思いました。シベリウスはいまだに自信を持って「わかる」と言い切れないので、最後の高揚で盛り上がれなかったのが自分のせいなのか演奏のせいなのか曲づくりのせいなのか、判別に苦しんでいます。聴かれた皆さん、どう思われましたか?
by Sonnenfleck | 2008-05-18 09:25 | 演奏会聴き語り
<< 港と船の関係 on the air:ハイティ... >>