【速報】マルタンが来るがね

ルネ・マルタン・プロデュース2008
「1810-1849 ル・ジュルナル・ド・ショパン Le Journal Musical de Chopin」
<6人のピアニストが綴るショパンの生涯>
ジャン・フレデリック・ヌーブルジェ/イド・バル=シャイ
フィリップ・ジュジアーノ/児玉桃
アンヌ・ケフェレック/アブデル・ラーマン・エル=バシャ

1回券(正面)2000円 (サイドバルコニー)1500円





これは2010年の東京国際フォーラム?ショパン生誕200年記念のラ・フォル・ジュルネ?

いいえ、11月24日(月祝)のしらかわホールの公演です。昨日DMが来た。
1100-2200のマラソン、計5公演で、おそらく1公演60~90分。
やっちゃうかこれを。国際フォーラム以外で。この値段で。
名古屋・伏見が一日だけ有楽町に激変。ケフェレックとかエル=バシャが名古屋に来るっていうのがトポスの捩れを生んで快感だ。しらかわホールの無駄に広いエントランスは屋台村になるね。ケバブ屋さんとか来るね。通路を歩くコルボの幻影とか見るね。きっと。

ということで速報でした。ホールの公式サイトにはまだ通知が出てませんが。
でも(その代わり…と言うにはあまりにも悲しいが)、11/7のペライアと12/19のオッターが公演中止になったみたいなんです。両方とも「演奏者の都合」ということらしいですが、これによって「プチ熱狂」が実現したんだとしたら、僕はまったく拘りませんけどね。

むしろマルタンの魔手が名古屋に伸びてきたことを素直に喜びたい。
そういえば、名古屋・栄地区は徒歩15分の圏内にクラシック音楽用の大中小ホールが4つも存在する稀有なエリアなのであります(含み)。
by Sonnenfleck | 2008-06-18 06:00 | 日記
<< 晴読雨読:千田稔『伊勢神宮―東... detoxification >>