on the air:ミンコフスキ/シンフォニア・ヴァルソヴィア(その1)

エアチェックってやっぱいいよなあ。昔の感覚を取り戻してきたよ。

c0060659_6351220.gif【2008年6月20日 ポーランド国立歌劇場】
●モニューシコ:歌劇《ハルカ》から2曲
●オリヴィエ・グレフ:交響曲第1番(BsとOrchのための) op.327
→Wojtek Gierlach(Bs)
●ブラームス:交響曲第4番ホ短調 op.98
  ○アンコール ラヴェル:《亡き王女のためのパヴァーヌ》

マルク・ミンコフスキ/シンフォニア・ヴァルソヴィア
(2008年6月21日/Polskie Radio Dwójka生中継)

LFJでおなじみのシンフォニア・ヴァルソヴィアの新しい音楽監督に、なんとミンコフスキ。
ちょうどGW明けくらいにこの情報が出回ってけっこう吃驚したんですが、早くもそのコンビのライヴを聴くことができました。いつものように坂本くんさんの番組表で見つけて、さっそくポーランド放送にアクセス。「.pl」に踏み込むのは初めてだなー。

まずモニューシコ。ポーランド国民楽派の祖。
その代表作であるオペラ《ハルカ》の、おそらく序曲とどこかの前奏曲か間奏曲が続けて演奏されます。スメタナとやや湿り気を帯びたロッシーニが握手をしてるような、力強くもどこか切ない旋律を押し出してきます。モニューシコ。
ポーランド放送はあんまり音質がよくないので細部まで判断を加えるのは難しいんだけど、特に2曲目は後半からラモーのように陽気で単純な舞踏が乱入してくるナンバーでして、湿気を一気に吸収してあっけらかんと大団円に持ち込む「乾燥ぶり」はいかにも(特にバロックをやるときの)ミンコフスキ。強く乾いたアタックの裏で木管をひゅーひゅー鳴らすのも◎。先日聴いたカルメン+アルルの女よりはずっとバロックに近いところで演奏してる感じがします。
オケは、コルボのシューベルトで聴いた時点と比べると段違いに軽量化が図られた模様。

続いてグレフ Olivier Greif (1950-2000)の交響曲第1番
ポーランド系ユダヤ人の両親のもとパリに生まれたグレフは、パリ音楽院とジュリアード音楽院で学び、主にピアノ曲と声楽曲で知られているらしい。僕は寡聞にして存じ上げない。
この交響曲は彼の最晩年である1997年に作曲されています。
バス歌手が歌うのは、パウル・ツェランのドイツ語詩。
曲調は、、、、これは《バービィ・ヤール》の正当な末裔でありました。テキストの内容はあまり聴き取れないんですが、ツェランの詩ということはきっと救いのない内容であるだろうし、グレフをして作曲せしめた何かがあると思われる。何より、晩年のショスタコーヴィチにまったく酷似した暗い調性感に基づく語法で、しかしショスタコにあった冷笑と幽かな希望をすっかり消し去って、どんよりと濁った視線をこちらに投げかけてくるんですな。
これは演奏がどうこうという作品じゃない。ひたすら重い。

+ + +

長くなりそうなのでこの辺でいったんお開き。その2へ続きます。
by Sonnenfleck | 2008-06-26 06:40 | on the air
<< on the air:ミンコフ... デ・ゼッサントも大絶賛 >>