宗次ホール雑感

CoCo壱番屋の創業者である宗次徳二氏が、私財を投げ打って名古屋の中心部に室内楽専用ホールを作ると聴いたときには、物凄く期待しました。去年、初めて出かけた有田氏のコンサートで客席に座ってみて、これは確かに素敵なホールだとも思いました。

開館して1年、在名古屋クラヲタの端くれとして宗次ホールの動向をずっと見守ってきましたが、はっきり申し上げますと、だいぶ失望していたというのが正直なところなんです。
カレー屋さんのホールですからカレーを例に取りますと、つまり、なんでこの店には甘口カレーしか置いてないの?という一言で僕の気持ちは説明がつきます。
甘々の甘口カレーで、甘口の好きなお客さんは確かに集まるでしょう。甘口好きの中でもさらに平日の11時半にホールへ行くことができる層へターゲットを絞って、ランチタイムコンサートを思い切り充実させて、気軽にクライスラーとかプログラミングして、それで儲かるのでしょう。ビジネスとしては巧く軌道に乗っているのかもしれません。

でも辛口の好きなお客は?
そんなん知らんがねたぁけ、金にならんでかんわ、でしょうか?

せっかくルンデが築いた室内楽の良質な土壌があり、しかもあんなに素敵なホールを持っているのだから、方針も含めてもっともっと改善を重ねていってほしいんです。
甘口全廃とかそういうことを言ってるのではないんですよ。ただ、たとえば最近の名フィル定期でマジな辛口を味わったお客さんのために、彼らを補助するような企画を用意するなんていうのは、オーナーがはっきりしていてしかもまだ新しい私設のホール「ならでは」の試みじゃないかな。ホールには街の文化を育てる責任があると僕は思う。

しかし、この前のクスQを皮切りに、9月にはアントネッロ、10月には小倉貴久子さんがシュトライヒャーのフォルテピアノでメンデルスゾーンを弾き、と徐々に中辛メニューが充実してきたのかな…という気はしています。アントネッロはすでにチケットを押さえました。成り行きを静かに見守っていこうと思います。

※最後に宗次ホールの好きなところ。
  ・残響がドライ。
  ・でもスタッフはドライじゃない。応対が人間らしい。
  ・虚飾を排しながらゴージャス感を醸し出す椅子。広々。
  ・柵がガラス板なので2階に座っても視界を邪魔しない。
  ・コーヒーをマグカップに入れて出してくれる。しかも美味しい。さすが。
  ・トイレの美しさとハイテク具合は尋常のレベルを超えている。これもさすが。

公式ブログにTB打とうかな。いや、、怒られそうだな(笑)
by Sonnenfleck | 2008-07-17 06:39 | 日記
<< ときめかないの? on the air:マゼール... >>