勇者ではなかった人のために。

DS版のドラクエⅤ、発売されちゃいましたね。

パパスから息子&娘まで総出演のCMが盛んに流れていますが、あのパパスのセリフによって購入を決意したオトナがきっとたくさんいることでしょう。しかし公式サイト(音が出ます)に行ってみると、僕が見た日本語版の他に字幕版ってのがあってです。再生してみたらなんかパパスもビアンカもみんなオランダ語?喋ってるんですよ。なぜ(笑)

しかしそれを尻目に、現在SFC版のⅢをプレイしておるのです。
久しぶりだから楽しくて楽しくて。一日一時間でようやくシャンパーニの塔へ到達。
金の冠も取り戻して、一瞬だけロマリアの王様になって。
丁寧に作り込まれたストーリーとシステムと、ほんのちょっと振りかけられた遊び心に、改めて驚嘆しています。子どもの頃は気がつかなかったけれど、特に遊び心に関しては、今プレイしてみると純粋に愉快な気持ちにさせられる点が本当に多い。これを超えるゲームが果たしてどれくらいあるのだろうかと思う←贔屓?

もしかすると、自分は今カンダタこぶんAのような人生を送っているのかもしれない。どうやら勇者ではなかったようだ。しかしそんな人生でも、ほんのひとときだけ華やかに演出してくれるドラクエに、時おり心を許すことがあってもいいよなと思うのです。
by Sonnenfleck | 2008-07-21 08:10 | 日記
<< SIDE-B/SIDE-I (2) びわ湖の夏・オペラ・ビエンナー... >>