カテゴリ:精神と時のお買い物( 49 )

精神と時のお買い物XXXIV(Twitterが落ちているその2分間)

その2分間は僕に本店のことを思い出させる。

+ + +

【BOOKOFF某店】
1 "Songs of Desire"(PHILIPS) *オルガ・ボロディナ+ラリッサ・ゲルギエヴァ
2 星野道夫『旅をする木』(文春文庫)
3 上原善広『異邦人 世界の辺境を旅する』(文春文庫)
4 武田龍夫『宮中物語 元式部官の回想』(中公文庫)

【サウンドベイ金山店】
5 "LANG LANG Live in Vienna"(Sony) *ラン・ラン

1は、オルガ・ボロディナのロシア歌曲集。バラキレフやキュイの歌曲は秋の情緒を呼び込むはず。名古屋はまだ夏の出口を行ったり来たりしているわけだが。PHILIPSの地味なアルバム探索は今やBOOKOFFを巡る楽しみのひとつで、イ・ムジチとホリガーとマリナーの木立から何か不思議なものを見つけ出す嗅覚が必要とされている。
ところでPHILIPSのジャケットは、DECCAの強い赤青を念頭に置かない渋い色調が多いですよね。DECCAのロゴが付いたPHILIPS原盤のアルバムはだいぶ悲惨なアートワークになっていると思うんであります。

2。カムチャツカで熊に食べられて亡くなった写真家・探検家の星野道夫氏。これまでに読んできたいくつかのノンフィクションが星野氏の著作の上で交差し始めており、彼の紀行文に正面から向き合うときが来ていると判断。『のだめカンタービレ』全25巻が1冊5円で引き取られていったその代金がアラスカの詩作に化ける。

3。『日本の路地を旅する』が猛烈に面白かった上原氏による、世界の被差別部落を旅するルポ。目前の事象と自分の過去を同化しながら、ルポであり私小説でもある「路地」を描く手段が海外ルポで通用するのか、またまったく異なるアプローチをしているのか。

4。武田氏は外務官僚ながら宮内庁に勤務した経験を持つ御仁。完全に内側の人物ではなく少し外側の人物によって描かれた宮廷の様子が知りたい。夏休みに読んだ半藤一利『日本のいちばん長い日』以降、出光美術館のソファから近くて遠い桜田門と宮内庁を眺め、2015年のいまでも不可侵の森について興味が湧いているんである。

5。ラン・ランが好きな自分は、ユジャ・ワンにない「計算を感じさせないくらい極めて巧妙に計算された」天真爛漫さを彼に求めている。
モーツァルトアルバムでラン・ランが達している異様な軽さとドライな空気はシュタイアーよりもベザイデンホウトよりも「ピリオド的」だと感じるので、ピリオド界隈専門の皆さんはモーツァルトアルバムを進んで買ってみるべきと思います。アーノンクールとのコンチェルトも2枚目についているしね~(そちらはもしかすると両者にとって挑戦だったかもしれないけれど)
by Sonnenfleck | 2015-09-02 22:56 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXXIII(堆積する箱たち)

特にここ1年半くらい、CDの扱いが雑になった。買ってきたり届いたりするCD自体がタワーを形成して、タワーレコードも形無しである。今や自分の聴きたいCDがいちばんよく見つかるのは自室の瓦礫の塔のなか。ああ、こころない天使が。。

+ + +

【HMV】
1 "Music for bass sackbut around 1600"(ACCENT) *オルトレモンターノ
2 ヴィンチ:アルタセルセ(virgin) *ファゾリス/コンチェルト・ケルン他
3 ベートーヴェン:Vnソナタ全集(DECCA) *カヴァコス+パーチェ
4 ブラームス:Vn協奏曲(Hänssler) *フランチェスカッティ+ブール/SWR
5 ワーグナー:アリア集(Sony) *フォークト+ノット/バンベルク響
6 プロコフィエフ:Pfソナタ#1,4,6(Sony) *ブロンフマン
7 プロコフィエフ:Pfソナタ#2,3,5,9(Sony) *ブロンフマン
8 プロコフィエフ:Pfソナタ#7,8(Sony) *ブロンフマン
9 ショスタコ:Sym#10(EXTON) *インバル/都響

【Amazon】
10 "Barbarian Beauty"(Passacaille) *ギエルミ+SPO
11 バッハ:トリオ・ソナタ集(Alpha) *アラール@オルガン
12 バッハ:パルティータ集(Alpha) *アラール@チェンバロ

1は、年末に聴いたノリントン/N響の第九つながり。交差するサックバットに埋もれたくて。
2と5はすでにヘビーなローテに入っている。僕のiPodはコレッリPodであるのと同時に、いまは歌Podにもなっています。バロックオペラでこんなに飽きない曲と出会えたのが嬉しいし、ワグネリアンとしての培養が再開されたのも愉快だ。

3と4は新旧好きなヴァイオリニスト対決。

9は、第4交響曲で鮮烈な名演を聴かせてくれたインバル/都響のタコ10。僕はタコ10には厳しいつもりだけど、インバルのショスタコーヴィチは彼のマーラーより自分の性に合うような気がしてる。

11と12は、そろそろ円安傾向が価格に反映され始めたAmazonのAlphaを救うラストチャンスを見計らって。ラ・プティット・バンドの新しいチェンバリスト、バンジャマン・アラール氏の演奏は鉄板である。

+ + +

そろそろ覚悟を決めてNMLに入ろうかと思います。
by Sonnenfleck | 2013-02-23 09:29 | 精神と時のお買い物

六面体楽所

15年間ほど使ってきたCDコンポシステムが夏ぐらいから調子を崩して、片方のチャンネルが出力されなかったりする。ので、自然とPCでYouTubeなんかを聴くことが増えてきた。(※このブログを始めた2005年当時「ブログバトン」っていうアンケートが流行ってて、「PCで音楽を聴きますか?」という質問に僕は「まったく聴きませんし、データも入ってません」と回答したのだ。夢のようである。)

PC用のスピーカーを備えていなかったので、筐体にくっついているプアな出力装置で聴いていたわけだが、意を決して小さなスピーカーを買ったんである。これ。

c0060659_16522736.jpg

小さいでしょう。でも優れている。

NuForce(ニューフォース)という会社の"Cube"というポータブルスピーカーで、価格は12,000円くらい。いろんなソースを試してみたけれども、並の2chスピーカーよりよっぽど生々しい鳴り。5cm四方の立方体なのにちゃんとUSB-DACもヘッドホンアンプも付いてて、高性能なのだ。はっきり言っていい買い物をしたと思う。

こいつの(まあもちろん、それほどは広くない)指向性に合う位置に耳を持ってくるか、あるいはこいつの向きを調整してやると、意外に豊かな音楽が聴こえてきて驚くことになる。潔癖で知的なサウンド。ソースがモノラルだとさらに威力を増して、戦前のワルター/VPOのモーツァルトなんか最強にうまくノる。

これを教えてくれたのは某百貨店に勤務する友だち。どうもありがとう。
by Sonnenfleck | 2012-12-29 18:46 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXXII(さよなら新宿の工藤淳)

学生のころは本を買う上で新宿にはあまり縁がなかったが、数年前から再び東京に暮らすようになってからは、新宿三越の上にあるジュンク堂が主たる漁場となっていた。網はいくら広げても足りなかった。漁場は3月31日に閉まる。

3月27日に少しだけ時間が取れたので、最後のつもりで立ち寄った。釣り人は多いが、魚はもうあまり残っていない。魚の寝ていた棚が今はがらんとして並んでいるだけです。寂しいね。その、最後の釣果。

+ + +

【ジュンク堂書店 新宿店】
1 石井あゆみ:『信長協奏曲 2・3・4』(ゲッサン少年サンデーコミックス)
2 串田孫一:『山のパンセ』(岩波文庫)
3 オースティン:『高慢と偏見 下」(ちくま文庫)
4 須賀敦子:『須賀敦子全集 3』(河出文庫)
5 種村季弘:『東京百話 人の巻』(ちくま文庫)
6 多和田葉子:『ゴットハルト鉄道』(講談社文芸文庫)
7 バード:『日本奥地紀行』(平凡社ライブラリー)
8 ブーレーズ:『ブーレーズ作曲家論集』(ちくま学芸文庫)
9 三島由紀夫:『文豪怪談傑作選―三島由紀夫集 雛の宿』(ちくま文庫)
10 村上春樹:『1Q84 BOOK 1 前編・後編』(新潮文庫)

慌てて選んだので、たいへん混沌としたチョイスになった。

1は、ヒラコー『ドリフターズ』を思わせる転生話に秀吉悪党説をたらし込み、そのうえ大胆にも光秀と信長を二重協奏曲のソリストに仕立てた意欲作。トーンをほとんど使用せずに細い描線で動きと陰翳を見せる筆致と、話の展開の恐ろしい速度が、互いをよく引き立て合っている。

文学を研究する友だちから薦められていた多和田葉子作品。やっと買う。6。
渡辺京二『逝きし世の面影』からの遡り。大事な東北学文献。やっと買う。7。
ときどき三島のナルシシスティックな文章を摂取しないと気が済まない。9。
まーもっかい読むかー。10。
by Sonnenfleck | 2012-03-31 12:37 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXXI(たまには本の虫)

【ジュンク堂書店 新宿店】
1 今井哲也:『ぼくらのよあけ 1・2』(アフタヌーンKC)
2 岡本かの子:『食魔 岡本かの子食文学傑作選』(講談社文芸文庫)
3 里見弴:『木魂/毛小棒大 里見弴短編選集』(中公文庫)
4 武田泰淳:『目まいのする散歩』(中公文庫)
5 種村季弘:『食物漫遊記』(ちくま文庫)
6 中井英夫:『虚無への供物 上・下』(講談社文庫)
7 永井荷風:『すみだ川・新橋夜話 他一編』(岩波文庫)
8 横光利一:『上海』(岩波文庫)
9 吉行淳之介:『悪い夏|花束 吉行淳之介短編小説集』(講談社文芸文庫)

【吉祥寺中道通り 珈琲散歩】
10 ペルー オーガニック ナランヒージョ(やや深煎り)200g

+ + +

11月26日は、新宿の東急ハンズで来年の手帳など買ったのち、ベロフのリサイタル@すみトリに当日券で駆け込むつもりでいたが、新宿の人の多さにぐったりとしてしまって、結局聴きに行くのを止した。そのかわりジュンク堂で散財。

夏に折口信夫の『死者の書』を読んで以降、強いフィクションに対峙する体力がゆっくりと落ちてきたような気がしてる。文学はあそこで行けるところまで行ってしまったんではないだろか、という気持ちが「精神的よっこらせ」を呼ぶ。だから最近、種村季弘(や池内紀)の楽しい書き物にも特に気持ちが向くのだと言えます。

+ + +

珈琲も切れていたので、帰りは吉祥寺に立ち寄り、いつもの「珈琲散歩」でペルーの豆をオーダー。バナナやマンゴーのような甘く強い香りのする豆です。
by Sonnenfleck | 2011-12-19 23:26 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXX(意味ありげな偏り)

【HMV】
1 "東洋への道"(ALIAVOX) *サバール/エスペリオンXXI
2 "Baroque Music from Ecuador"(cpo) *ポントヴィク/Ensビリャンシーコ
3 ラモー:優雅なインド、ナイス他(ALIAVOX) *サバール/CN
4 バッハ:シンフォニア集(DECCA) *ダントーネ/アカデミア・ビザンティナ
5 ショスタコ:Sym#10(ICA) *スヴェトラーノフ/USSRSO
6 ショスタコ:Sym#10(NAXOS) *V. ペトレンコ/RLPO
7 ショスタコ:Sym#10(ORFEO) *アフカム/GMJO
8 細川俊夫:Fl作品集(NAXOS) *ビャルナソン、カプトEns他
9 松村禎三:Sym#1&2(NAXOS) *湯浅卓雄/RNSO
10 橋本國彦:Sym#2(NAXOS) *湯浅卓雄/藝大フィルハーモニア

【アリアCD】
11 ヴィゼー&ジョリヴェ:ギター曲集(ZIGZAG) *リヴェ
12 ハイドン:クラヴィコード・ソナタ集(ZIGZAG) *ハジマーコス
13 ショスタコ:Sym#10(OCCD) *スメターチェク/プラハ響
14 "Фокстрот. Танцевальная музыка 30-40-х годов"(OLYMPIA) *VA

+ + +

HMVが輸入盤40%OFFセールをやってたので、買い込んでしまった。…と思ったらアリアCDからも届いてしまってカオスだ。モノはご覧の通り3グループに分かれている。すなわち古楽、ショスタコ(&СССР)、日本作曲家選輯である。

⇒1と3。1のほうは「東日本大震災復興応援」として日本関連曲の抜粋版も発売されてたが(商売上手!)やっぱり全曲版がほしくって。3はサバールのラモー本気セット。ゾロアストルとボレアドもついてる。
⇒2は単純に好奇心による。エクアドル・バロック略してエクバロ。

⇒5、6、7、13。10年と11年はタコ10の当たり年で、新しいディスクがばんばんリリースされている。コレクターとしてはスメターチェクのライヴもかなり興味をそそられるが(スヴェトラーノフは何となく想像がつくんでまあ…)、それ以上にヴァシリー・ペトレンコとアフカム、若手指揮者の録音がとても気になる。

⇒14。1930年代から40年代のソヴィエトのダンス・ミュージック集である。ショスタコーヴィチの外側に流れていた音楽が知りたくて。

+ + +

問題は、これらをいつ聴けるかということに尽きるのよ。
by Sonnenfleck | 2011-12-01 22:45 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXIX(今池やっとかめ!)

【ピーカン・ファッヂ 今池店】
1 ブクステ&バッハ:"Organ Music for Christmas Time"(MDG) *ランペ
2 ダングルベール:組曲集(ERATO) *ロス
3 ラモーほか:いくつかの小品集(ERATO) *ロス
4 バッハ:半音階的幻想曲とフーガほか(ERATO) *ロス
5 ソレール:ファンダンゴとソナタ(ERATO) *ロス

いつの間にか公式HPができている名古屋今池のピーカン・ファッヂに突撃。薄暗い照明も懐かしい。たぶん2008年以来。

以前に比べると全体的な在庫数が減ったような気がするが、集まってきているものの独特の面白さは変わらない。たっぷり時間があるわけではなかったので、隅々まで調べられなかったのは残念です。
今回は新入荷の棚に、マルP1997年の「スコット・ロスの神髄」シリーズが(未開封を含み!)何枚か並んでいたので、スカルラッティ以外を購入することにした。3に入っているダングルベールのリュリ組曲、きっと素晴らしいだろうな。聴く前からうずうずしてしまうね。そしてすべて一枚500円。ホントありえない価格設定。

あと、ランペさんの(おそらく目が覚めるような)ブクステフーデ&バッハも楽しみ。こんな録音が出てたのか…。こちらも800円くらい。安い。

+ + +

名古屋の地下鉄に乗ってあらためて思い知らされるのは、乗客に70歳くらいまでの男性が極端に少ないということ。少年1:幅広い年代の女性8:おじいさん1、みたいな。みんなクルマに乗ってんだろうな…

+ + +

今日は誕生日。ひとつ年を取った。
by Sonnenfleck | 2011-10-30 09:32 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXVIII

【TOWER RECORDS 渋谷店】
1 バッハ:Vnソナタ集(FLORA) *クレーマー+アラール
2 ヴィゼー:組曲集(Brilliant) *マヌエル・スタロポリほか

【disk UNION 吉祥寺店】
3 ガーシュイン:"STANDARDS & GEMS"(NONESUCH) *VA
4 ファリャ:三角帽子+Cem協奏曲(VALOIS) *コロマー/西国立ユース管
5 ファリャ:スペインの庭の夜(ERATO) *エッセール+ロペス=コボス
6 シベリウス:Sym#4&5(DECCA) *ブロムシュテット/サンフランシスコ響
7 シチェドリン:カルメン組曲(MELODIYA) *ロジェヴェン/ボリショイ劇場管
8 ヴィヴァルディ:ニシ・ドミヌス(DECCA) *ショル+ポール・ダイアー
9 モーツァルト:"バセットホルン・ボン・ボン"(PHILIPS) *ヘープリチほか
10 プロコフィエフ:Sym#3(DGG) *シャイー/コンセルトヘボウ管
11 メシアン:《20のまなざし》(RCA) *ピーター・サーキン

【吉祥寺中道通り 珈琲散歩】
12 パプアニューギニア トライバル・アロマス(やや深煎り)200g

+ + +

◆きわめて珍しいことに渋谷で仕事があったので、谷底に溜まる夏休みの残り香と湿気をかき分けてそのままタワレコへ。前回、タワレコ渋谷に行ったのがなんと2009年8月だったことが判明した。実店舗から足が遠のいているのだなあ。でも久しぶりに行くと楽しいなあ。
⇒1。マンフレート・クレーマーと、この前のLPB来日公演で水際だったソロを聴かせてくれたベンジャミン・アラールの、バッハ。見つけたので買いました。
⇒2。ヴィゼーもちゃんと通奏低音付きの作品を書いてたんだなあ。

◆そのあと吉祥寺へ。
⇒3。最近、ワイルやガーシュイン、コール・ポーターなどがどんどん好きになってきてる。ビートルズやクイーンも同じように、あと80年くらいしたら、クラシック畑からの熱視線を集めると思うんだがね。
⇒4。にしくにたち、ではなくて、スペイン国立ユースオケです。ちょっと面白そうでしょう?店内に大音量で掛かっていたクリュイタンスの《イベリア》からスペイン気分を誘発されてしまった。

◆5~7は別の日の購入だけどまとめちゃえ。
⇒800円以下50%OFF、という狂ったようなセールをやってたので、さすがに購入に踏み切るもの多し。5と6は上の日程で見かけてたけど、そのときは買わないでおいて正解だったなあ。7は実は持ってなかった。ロジェストヴェンスキー、読響客演に来なくなっちゃったよなあ。あああ。

◆(追記)8~11もまとめちゃう。
⇒今度は水色50%OFF、ピンク55%OFF、というセール。やんなっちゃうよ。
9のCDは初めて見たのだが、エリック・ヘープリチを中心としたバセットホルン奏者3人による「シュタットラー・トリオ」の、モーツァルト作品集である。バセットホルンに声楽が絡む作品も多くって、若き日のペーター・ダイクストラがバスで参加しているのもポイント高い。
⇒10はタワレコ覆刻企画の2枚組。えらい安く手に入った。えがったえがった。

◆そろそろ閉店時間の「珈琲散歩」へ駆け込み。
⇒いつもの「散歩ブレンド」からたまには冒険してみる。12。
by Sonnenfleck | 2011-09-01 10:56 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXVII

【HMV】
1 "ROSENMÜLLER, LEGRENZI, STRADELLA"(AMBRONAY) *RFC
2 ヘンデル:合奏協奏曲 op.3(DHM) *シュレーダー/バーゼル室内管
3 ファッシュ:協奏曲と序曲(DHM) *シュレーダー/バーゼル室内管
4 "kuniko plays reich"(LINN) *加藤訓子

【かつしかシンフォニーヒルズ】
5 バッハ:クラヴィーア練習曲集#2(Alpha) *バンジャマン・アラール

+ + +

⇒昔、ローゼンミュラーのソナタ・ダ・カメラを1曲、日本初演したことがある。いや、正確に調べたっつーわけじゃないんだけど、きっとあれが日本初演だったと思っている。ここにはたぶんその曲は入っていないが、マンフレート・クレーマーとレア・フルーツ・カウンシルの17世紀作品集が出たので、買いである。1。

⇒2と3。まだ少ないけれども「絶賛」を目にする機会が増え始めたユリア・シュレーダーとバーゼル室内管の録音が安かったので購入。ふぁっしゅふぁしゅ。

⇒4。2007年に愛知県芸で聴いた《ムナーリ・バイ・ムナーリ》のパフォーマンスがいまだに心に残る加藤訓子さんが、ライヒの「カウンターポイント」3部作をパーカッション版で録音。すでにこの夏のヘビロテが約束されている。

⇒そして5。ラ・プティット・バンド葛飾公演の会場売りにて衝動買い。
あのねあのね。今度一緒に来てるチェンバリストのバンジャマン・アラール(1985年生まれ)がすごかったでしたのよ。土曜のオペラシティ、日曜のザ・シンフォニーホール、チケットをお持ちの方はぜひお楽しみに。葛飾の感想文はそのうち。
by Sonnenfleck | 2011-06-30 21:33 | 精神と時のお買い物

精神と時のお買い物XXVI(ヘルネ充)

「クラシック音楽系女子力」のエントリはtwitter界隈に大きく流れて、うちのブログが始まって以来の途轍もないアクセスを呼び込んだのだが、普段はこんな程度のことを細々と書いてるだけなのでぜひ失望してくださいね>一見の皆さま。

+ + +

アリアCDから。すっかり忘れたころにどっと届く。

【アリアCD】
1 Robert Casadesus plays Mozart(SONY) *カサドシュ+セルほか
2 ラヴェル:Pf協奏曲集(DGG) *アース+パレー/RTF管
3 ショスタコ:Sym#10(HECTOR) *シルヴェストリ/ルーマニア放送響
4 ヘルネ古楽祭自主制作盤:2000年「帝国、日の沈まぬところ」*VA
5 ヘルネ古楽祭自主制作盤:2001年「同盟―音楽と政治」*VA
6 ヘルネ古楽祭自主制作盤:2002年「音楽の中の女性」*VA
7 ヘルネ古楽祭自主制作盤:2003年「拘束から放たれて」*VA
8 ヘルネ古楽祭自主制作盤:2004年「現実と妄想」*VA
9 ヘルネ古楽祭自主制作盤:2005年「越境」*VA

⇒1。カサドシュのモーツァルトがまとまって再発売されたので、この機会に全部揃えてしまおうと。楽しみだなあ。単純に楽しみだなあ。
⇒2。こんな録音があったんだね。メンツからするといかにもよさげ。
⇒3。羅ERECTRECORDのLPでしか存在していなかった、シルヴェストリのタコ10。覆刻メーカーがついにやってくれました!ああ!

⇒4~9は、在庫処分セールで一枚あたり数百円と狂ったような値段がついていたので、衝動的に買ってしまったハコものども(いつもは物凄く高い)。ヘルネとレーゲンスブルクは、いつまでたっても古楽系エアチェック小僧の憧れの地なのでした。あと今谷先生の紳士的な解説も。これでヘルネ充ライフに邁進。
by Sonnenfleck | 2011-05-21 09:18 | 精神と時のお買い物