「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:絵日記( 82 )

日有蝕之

c0060659_22293140.jpg

by Sonnenfleck | 2012-05-21 22:38 | 絵日記

35.6256718|139.8841726

c0060659_22412676.jpg

ああ、いかに感嘆しても感嘆しきれぬものは、天上のハハッ!星の輝きと我が心の内なる道徳律!ハハッ!

by Sonnenfleck | 2012-05-10 23:21 | 絵日記

В магазине

c0060659_16571262.jpg

いっぽう、俺はペリメニを買った。

by Sonnenfleck | 2012-02-19 17:02 | 絵日記

初詣ル

c0060659_11221031.jpg

→1月8日(日)、初詣。今年は深川八幡こと富岡八幡宮に初めて行ってみたのである。門前仲町から歩いて下町らしさを堪能。なかなか混雑してる。
リーマン雑兵として八幡神に心の内のさまざまのことをお願いして、おみくじを引いてみると数年ぶりで大吉を授かった。添えられた歌は、
海原に船出をせんと月待てば潮も満ちきぬいざ漕ぎ出でん
とのことであった。気分の良いときの白樺派って感じだね(笑)

c0060659_11363843.jpg

→現代のリーマン雑兵は甘味も食す。白玉ぜんざいの奥行きのないフラットな甘みが、冷えた体に染み渡ります。
夜は下町特集らしくちゃんこでも…と思っていたら、目当てのお店が予約でいっぱい。一般的にちゃんこ屋さんはホスピタリティに欠けるところが多く(店員が不機嫌とかさ)、飛び込みで別のお店に行って失望させられてはかなわないから、結局、銀座に移動しておでんを食べることに。大根ほくほく。

身も心も温まった一日でした。おお、まるでフツーのブログっぽい!
by Sonnenfleck | 2012-01-14 12:04 | 絵日記

新宿御苑、そしてオリエントの時を思う。

c0060659_23484382.jpg
c0060659_23485756.jpg
c0060659_23491825.jpg

勤労感謝の日、生まれて初めて新宿御苑を訪れた。予想以上に広い場所であった。

紅葉は盛りの始まり。フランス式整形庭園のバラ花壇は、ちょうど見頃から終わりの始まりといったところ。プレイボーイという名前のバラの隣にセクシーレキシー(だったかな?)というバラが植わっていて愉快。しかしプレイガールという名のバラもあって、そちらは遠くからプレイボーイたちを狙っていた。
プラタナス並木はちょっと日本とは思えない存在感。

イギリス風景式庭園の芝生に座って、走って遊んで、晴れやか。

+ + +

その後、代々木の隠れた名店「Bistro ひつじや」に意気揚々と乗り込むと、満席。あのお店の名物でもある濃い南アジア系の店員さんたち数人に「今日予約デイッパイ、トテモゴメンネ」と言われてしまい、しばし途方に暮れる。

折しも雨が降り出して、たいへんまずい状況のところ、すぐそばに「オリエント」というトルコ料理屋さんがあるのがわかり、一か八かで向かうことに。

店舗は古めかしいビルのさらに奥まったところにあり、非常に怪しげな雰囲気。先客なし。お店のトルコ人のおじさん(HPの記述から想像するに彼がオーナーだったんだろう)も最初は「客かよ」みたいなあしらいで悲しかったが、ラク(あの、水で割ると白く濁るトルコの蒸留酒です)をオーダーしてぐいぐい飲んでいるうちにすっかりトルコサイコー!な気持ちになってしまった。

前菜の盛り合わせを頼むと、自家製ヨーグルトに、ひよこ豆のペースト、いもペースト、トマトペースト、と不定形のものばかりで可笑しい。全般に香辛料が強く、味の輪郭がかなりくっきりしていて、はっきり言って酒が進むんである。パンは焼きたてでどっしりとした噛みごたえ、ケバブも美味い。

結局、最後まで僕たち以外にお客さんが現れず、おじさん(オーナー)たちも途中から離れたテーブルで飲み交わしはじめ、なんとも言えない緩い雰囲気と暗い照明に豊かな情緒あり。帰りはラクが効き始め、もったりとした不定形の眠気が襲う。

+ + +

この日は休演だったけど、このお店、週のうち四日はベリーダンスショーがあるらしいんですよ。上述したように、自ら給仕してくれるオーナー氏が飾らない雰囲気なので、日本の固い飲食店の常識は通用しない。ネット上の評価が完全に二極化しているのもよくわかります。僕はかなり楽しかったけどねー。
by Sonnenfleck | 2011-11-28 23:55 | 絵日記

沖の秋

c0060659_13141067.jpg

c0060659_13144021.jpg

c0060659_13145975.jpg

c0060659_13175784.jpg

c0060659_13181098.jpg

by Sonnenfleck | 2010-10-11 13:19 | 絵日記

いにしへのすめらみかども中辺路を

c0060659_165844100.jpg

発心門王子まで18キロ歩いたところで足が言うことを聞かなくなり、無理をせずバスにてエスケープ。しかし熊野古道・中辺路の核心たる三つの峠は、昔の旅人と同じように、この足で越えたのだ。
早めに宿に向かい、温泉をいただいたが、足腰が明朝どうなっているかは、わからないね。

と、思っていると宿の外は凄まじい雷雨になった。
by Sonnenfleck | 2010-08-24 16:58 | 絵日記

夏のБрусника

c0060659_2205397.jpg

藝大シャガール展のグッズ売り場で買い求める。こけもものジャムは、近傍では案外売られていない。
スプーンいっぱいに掬い上げて、いい食パンにたっぷり塗って齧ると、美味しい。
by Sonnenfleck | 2010-07-28 22:02 | 絵日記

うま

c0060659_223625.jpg

はやい
by Sonnenfleck | 2010-07-06 22:36 | 絵日記

真鶴タクシー

藝大でライプツィヒQを聴いたその足で、同行者たちとともに小田原へ。
友人の家に泊めてもらって(地場のサバ塩焼きとアジ刺身、マジ旨でございました)、翌朝、真鶴に行ってみることにする。
関東ネイティブの皆さんにとってはメジャーな観光地なんですかね。僕はこの日まで真鶴という場所の存在を認知していなかった。

+ + +

干潮で磯が露出し、岩を渡って岬突端の三ツ石まで30分。滑る足場に悪戦苦闘。途上、海の有機物と触れ合う。ウメボシイソギンチャクって知ってますか。

c0060659_961250.jpg

てっぺんまで登攀することができる。でもかなり高いのですよ。

c0060659_962267.jpg

登り切って岬本体を望む。鳥居の残骸と小さなお堂。

c0060659_963647.jpg

何となしに『狂骨の夢』を思い出す。

by Sonnenfleck | 2010-05-29 09:08 | 絵日記