<   2005年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

300と1年後もマルカントワーヌ

山奥から帰ってまいりました。もう多少の蛾や蜘蛛には負けません。

今年、2005年は、マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ Marc-Antoine Charpentier の没後301年にあたります(1643-1704)。リュリとドゥラランドをつなぐ世代であるシャルパンティエ、最近でこそよく知られるようになってきましたが、フランスバロックの巨大な森のなかで彼が占める位置はまだまだ小さく、その実力に比してこの扱いはひどいんじゃねー?という感じであります。この作曲家が残した作品のほとんどは宗教曲とオペラであるため、器楽曲が大好きな日本のクラヲタの間にはなかなか浸透しないんでしょう●●

c0060659_2191348.jpgさてシャルパンティエの「柔」をよく示しているのが、代表作である《真夜中のミサ》であります。
「真夜中のミサ」がおこなわれるのは「クリスマスの真夜中」。この作品でシャルパンティエは、クリスマスに歌われる民謡であるノエルを各部分の主旋律として引用し(ジョスカン・デ・プレが使ってたような「定旋律」ではない)、インティメイトな雰囲気を見事に作りだしてます。同じ課題を与えられたとしたら、たとえばリュリならもっとキリリとした隈取りを施すだろうし、クープランならもっとクールで都会的な流線型の枠を作るんでしょうが、シャルパンティエの素朴な温かい筆致は本当に魅力的。演奏は(ちょっと流麗すぎるような気もしますが>管楽器、特にFgはもっともっとボソボソしててほしい)クリスティ/レザール・フロリサンのERATO盤がオススメです。

c0060659_211174.jpg対して「剛」のシャルパンティエを象徴するのが《テ・デウム》。多く「テ・デウム」は戦勝を祝する性格を持っているのでここでの彼の筆は一気に開放的になり、Tpとティンパニが大活躍する輝かしい仕上がりとなっています。
非常に有名なメロディを持った1曲目の〈前奏曲(凱旋行進曲)〉は、VPOのニューイヤー・コンサート中継の導入曲だとか、ぐるナイの「ゴチ」だとか、いろいろな局面で使用されてますね^^;; 第8曲〈主よ、この日に私たちが〉では、重唱の間隙を縫うように浮かび上がるリコーダーやソロVnの繊細な美しさに溜息が出ます。。
オススメ演奏はニケ/コンセール・スピリチュエルのGLOSSA盤。作品が持つ豪快な音響を殺すことなく、すっきりとした見通しのよさを巧みに実現させています。ここでの軽いフットワークときつめのアーティキュレーションは実に刺激的。今年5月の来日公演中止はドンマイでしたが、ぜひとも生で一度聴いてみたいオケです。
by Sonnenfleck | 2005-08-31 22:37 | パンケーキ(17)

夏山◇Limited Edition

c0060659_1449854.jpg

所用で人里離れた山奥に逗留中。テレビなし、携帯電波なし、最寄りのコンビニまで徒歩40分、という気持ちいいくらいの山間地であります。昼夜問わず飛び交う羽虫の多さには閉口しますが、、急激な高低さをもって広がる山林にはあんまり馴染みがないのでなかなか趣深いっす。
by Sonnenfleck | 2005-08-29 14:49 | 日記

又、会うぜ。きっと会う。

c0060659_22323994.jpg

ポッキーの新しいCM
が楽しすぎる。ああこの妻夫木が松枝清顕をやるのね…

軽快なようで実はずっしりと漂う空虚なアホらしさとか、ムダなテンポ感とか、町田康の詩みたいな感じです。最高さ、うどんの中は、うどんの中は、うどんの中は。
by Sonnenfleck | 2005-08-26 23:03 | 日記

姐さんと、赤毛のひと

c0060659_20445467.jpgつくばエクスプレスに乗りたい。ついでに流山で旨いみりんを買いたい。

さてチェチーリア・バルトリという歌手は、よく知られているように90年代における後期バロック〜古典派(特にグルック、ハイドン)のオペラ上演には欠かせぬ逸材でありました。彼女の強靱な腹筋と喉はどんなに技巧的なパッセージをも易々と歌い上げるし、非常に肉感的な(そして暗さがない)あの声質によって表現される「感情の型」の世界は、今でもなお他の追随を絶対に許さないと思います(メゾソプラノという声に重たいニュアンスを期待する聴き手にはあんまり人気がない…のは仕方がないのかな>僕は彼女の声が大好きなんですが)。

このアルバムは99年の録音。イル・ジャルディーノ・アルモニコの表現主義的な(笑)伴奏をバックに、オール・ヴィヴァルディ・プログラムでガシガシ攻めてきます。
トラック1《テンペーのドリッラ》のアリア〈そよ風のささやきに〉は、春の訪れを寿ぐ牧人たちの歌。メロディは《春》第1楽章の「あの旋律」が整合性を持って巧ーく転用されてます。トラック11《ファルナーチェ》のアリア〈凍りついたようにあらゆる血管を〉での暗鬱な歌い込み(しかしこれはあくまでバロック的なポーズ>歌舞伎と一緒ですね)。そしてトラック12《バヤゼット》のアリア〈海もまた船を沈めようとするかのように〉は当アルバムの白眉。吹きすさぶ海の嵐の様子を完っ璧なコロラトゥーラで歌うバルトリ姐さんにメロメロですー。こうなると「サリエリ・アルバム」も気になるところ。
by Sonnenfleck | 2005-08-25 22:18 | パンケーキ(18)

かの猶太人に酔えるもの

c0060659_1883533.jpgガリー・ベルティーニのから早5カ月。
追悼盤になってしまったのが本当に悲しいのですが、ついに彼のマーラー全集を購入いたしました。「最良のマーラー」「美の美」と絶賛されながら、EMI国内盤のみの販売という形態が枷となり、もはやどこへ行っても入手することができなかった幻の全集。。どういうわけか全集の前半、《巨人》〜5番だけは仏EMIから分断リリースされておりましたが、まとめて揃えたいのがヲタの本懐というわけで。東芝EMIの英断に一縷の望みを託して待ち続けていたのでした。

いまどき珍しい重厚な黒の化粧箱、大写しになったベルティーニの姿に在りし日の思い出を重ねつつ、まずは《大地の歌》を聴いてみる。


いままで自分はこの曲の何を聴いていたんだろうなあ。

正直な話、録音された音楽というのは、実演の持つ本質性の7掛けコピーにすぎないと僕は思います。でもこの音盤に残された情報には、確かに実体を感じる。ホールの席に座ってベルティーニの音楽を包まれているときに感じた、あの煌めくような圧迫感が、このCDには記録されています。
恣意的なテンポを排し、最上のバランスで淡々と鳴るマーラー。この音響の異常な美しさは言葉にできない。許光俊があちこちに書いている紹介記事(こことか)が胡散臭いと思う方、彼は(少なくともそこでは)本当のことしか言ってませんです。第5楽章で「der Vogel singt...und lacht」とテノールが万感の思いで歌う箇所、、ここのVnとFlの官能的で幸福な姿態には、恥ずかしながら落涙いたしました。ええ。あのみなとみらいの演奏会を思い出します。そして第6楽章最後の数分の、なんと満ち足りた温かさ!

これから、座右に置いてずっと聴いていこうと思うのです。
by Sonnenfleck | 2005-08-24 19:29 | パンケーキ(20)

記号としてのファンタ・メロンソーダクラシック

c0060659_17404716.jpg僕のジャンク好きは当然いまに始まったことではなく、その昔からファンタなど憧れの的であったのでございます。ところがあの毒々しい色をした飲み物をあえて子どもに飲ませる親などおるはずもなく、いつも指をくわえて見ているよりほかになかった。
時は流れて2005年残暑のみぎり。公共料金の払い込みのために立ち寄ったセブンイレブンに、懐かしいデザインのボトルが置いてあるじゃないですかー。
ファンタはいまや種類がだぶつき、毎シーズン「○季限定」と銘打った変な味が生まれては消えていくという儚い低級飲料になっております。でもかつてのモダンなデザインのファンタは、いつもちょっと誇りかに光って棚に鎮座していた。

このボトルデザインと「メロン味」は、セブンイレブン限定の復刻版であります。「メロン味」自体はファストフードの店頭やカップ型自動販売機で「メロンソーダ」という形で飲めたりしますが、あれは濃縮液と炭酸水を混ぜてその場で作っているので、いくら濃縮液がコカコーラ社製の「純正」であっても味がなんだか安定しない。
その点工場生産品であるこれは、やっぱり懐かしいあの味を保っているわけでした。んんん懐かしい。2004年の10月から発売してたらしいんですが、今まで気づかなかったなあ。
by Sonnenfleck | 2005-08-22 18:12 | ジャンクなんて...

あれから30年〜特別企画:カラヤンのDSCH

拙ブログは恐れ多くも【dsch1906】のURLを掲げておりますが、去る9日がドミトリー・ドミトリーエヴィチの30回目の命日であることを知りつつ、旅行中であったために満足なエントリひとつ書けませんでした。今日は遅ればせながら、ショスタコーヴィチの没後30年特別企画として、カラヤンが遺した4種類の第10交響曲について時系列順にまとめてみようと思います。
厖大なレパートリーを誇ったカラヤンが、意外にもショスタコに関しては10番のみを繰り返し執拗に演奏していたことはわりと知られてないんじゃないでしょうか。どうしてこの作品だけが彼の審美眼にかなったのか、確か…どっかの伝記に記述があったような気がするんですが、手元に資料がないので詳述できません。また真偽のほどは不明ですが、5番に関して「ムラヴィンスキーの演奏があるから私は録音しないのだ」と語ったとされる逸話もあったはず。いや、そうでなくても《レニングラード》とか11番なんかいかにも好きそうだし、録音しててもおかしくないんですけどねえ(マーラーやシベリウスにおいても、彼は「全集」的なスタンスを取らなかった>何度も全集を録音したベートーヴェンやブルックナーとは対照的です)。

c0060659_7582534.jpg◆最初の録音は1966年のDG盤です。
カラヤンの10番を聴くなら、まずはこの旧録がオススメレガートを排したかなり速めのインテンポを基盤としつつ、しなやかで効果的なアゴーギクがC.クライバー的な快感をもたらします。特に第1楽章中間部の完璧に統御された姿には度肝を抜かれますねえ。本当に理想的です。ここの音響バランスをうやむやして勢いだけで押してる演奏なんて掃いて捨てるほどありますよ。またカラヤンは、第2楽章でゆったりと大きなアッチェレランドをかけていく手法をほぼ生涯通じて守り続けますが、これはオケの機能が完璧でなければなし得ないやり方です。

c0060659_7583416.jpg◆続いてその3年後、カラヤンはBPOを引き連れてモスクワへ遠征します。そのときプログラムに入れた唯一のロシア音楽が、第10交響曲でした。現在そのライヴが正規盤で入手可能です(露Ars Nova、ARS 008)
僕はこのCDを聴いて初めて、カラヤンという人が心底怖くなった。背筋が凍るような弱音が、残忍なfffが、圧倒的な押しの強さで迫ってくる。作曲者臨席という状況だけじゃこの演奏の壮絶さは説明できないでしょう。基本的な解釈は上のDG盤とそんなに変わらないけれど、第4楽章後半のアイロニカルな楽句のキレのよさは4種中随一、60種超の第10録音のなかでもトップクラスです。でもこれを最初に聴くのはやめてほしい

c0060659_7584627.jpg◆これは反則ですが、1976年、カラヤンがドレスデン・シュターツカペレを振った演奏会の海賊盤であります(米sardana records、sacd-203/4)
オケが曲に慣れてないせいか木管のミスが頻発するし、第3楽章でコンマスがソロの音を外すし、テンポも乱れがちなんですが(特に最終楽章)、これがドレスデンの音なんだろうなあ、4種のなかではもっとも芳醇な独特の音響となっています。第3楽章のHrソロを吹いているのはたぶんこの年に首席奏者となったペーター・ダムなんですが、彼のソロを聴くためだけにこの海賊盤を買ってもいいくらいの完成度。
なお第1楽章中間部で20小節くらい欠落があります(編集ミス?)。

c0060659_75859100.jpg◆そして最後が、1981年のBPOとの再録音。
これは…異形のショスタコです。上の3つの演奏で顕著だった爽快なインテンポはすっかり影を潜め、かわりに分厚いビブラートと、ねっとりと粘り着くようなレガートが支配的になる。これがカラヤンの晩年様式ってやつなんでしょうか。BPOの光り輝く機能美をまざまざと見せつけられます。本当に憎々しいほど巧い。
第1楽章の贅沢で不健康な滑らかさは特筆すべきでしょう。黄金の子牛です。そしてこれは旧録から変わらぬ、中間部の音響整理の巧さ。うねるようなトゥッティのユニゾンには冷や汗が出る。第3楽章の幻想的な雰囲気。

さてカラヤンの60年代録音は、驚くほどムラヴィンスキーの解釈に似ております。厳しいインテンポ、すっきりとタイトな音響…。今日遺された録音を聴くかぎり、70年代まで、第10の演奏はこの解釈がほぼ一般的でした。ミトロプーロスオーマンディコンドラシン、ロジンスキーなどはこのスタイルを顕示しています。
初演者ムラヴィンスキー式の呪縛は、しかしカラヤンの新録の登場によって解かれる。80年代後半から増えたのは、カラヤン晩年式の、遅く滑らかで柔らかな響きの演奏でありました。いま現在も第10の演奏はこのカラヤン晩年スタイルが席巻しておるのですが、カエターニ(2002)やスクロヴァチェフスキ海賊盤(2003)の演奏は振り子の揺り戻しを予感させます。
by Sonnenfleck | 2005-08-21 11:02 | パンケーキ(20)

晴読雨読:伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』

c0060659_1520174.jpg伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』、2003年、新潮文庫(2000年、新潮社)。

伊坂幸太郎のデビュー作です。
僕は寡聞にしてこの作家の名前を知りませんでしたので、書店のポップ広告の煽り文句に騙されるつもりで、特に期待もせず手に取ったのがこの『オーデュボンの祈り』。裏表紙の紹介を見ると、ふんふんこれはどうやらミステリらしい。でも殺されるのは人間じゃなく、、案山子?え?

(一部ネタバレ含みます)
少し前にSEを退職した主人公は、人生をリセットしてみたくなってなんとなくコンビニ強盗を企てるものの、あっけなく失敗し、逃走。しかし気づくと彼は見知らぬ孤島・荻島にいたのであります。宮城県沖に浮かぶ荻島は江戸の終わりから「鎖国」を続ける謎の島…そこに住まうのは合法の殺人者、300kgの巨躯を持つ女、狂気の画家、郵便屋、足萎え、そして、人語を話し人格を有し予言を為す案山子
ある日、案山子がバラバラ「死体」となって発見される。しかしその謎を追う主人公が突き当たるのは、どうして案山子は自分の死を予見しなかったのか、というパラドックスなのでありました。

支倉常長の後日譚、荻島とスペインの交流、表題の鳥類学者オーデュボンとリョコウバトの絶滅、予言者によって実行された予言など、虚構の構成要素自体は凡庸ではない。素材のよさは十分に認めます。
しかしこの作品が纏う雰囲気が、どうにも掴まえられないんですよね。。いったい何を指向しているんだろう。ミステリにしてはトリックが常套的すぎるし、幻想小説にしては中途半端な日常のリアリティを描き込みすぎている(そのくせ、案山子がなぜ話すか最後まで解決されないので、フラストレーションが溜まる)。怪奇小説でもない。それに、主人公の敵である「絶対悪の警察官」をどうして設定しなきゃならなかったのか、これだけは本当に理解できない。荻島の出来事と並行して描写される彼の悪虐が作品全体に嫌なトーンをもたらしていて、しかもそれが何を狙っているのか、僕にはよくわからないんです。

アマゾンのカスタマーレビューだと手放しの絶賛ばかりなんで自信なくします(^_^;)
新潮社的には今一番売り出したい若手のひとりであるらしく、カバーの折り返しの作家紹介があまりにも情熱的で思わず微笑んでしまいます。このままじゃ納得いかないし、、彼の別の作品も読んでみようか。
by Sonnenfleck | 2005-08-20 16:17 | 晴読雨読

フォーレの冷製

c0060659_22552213.jpg五年間使い倒してきたPCが、いよいよもってのっぴきならぬ容態になってまいりました。通信速度の著しい低下・異常発熱・起動時の問答無用フリーズ…データが飛ぶ前に次のPCを確保しとかないと。OSもWindowsに鞍替えかなあ。Macの操作性のよさには後ろ髪を引きちぎられまくりなのですが。。

今日は派手に動かず、帰省の疲労回復に努めました。実家は楽なんですが、やはり息苦しくないとは言えぬ。コーヒーを淹れて、グリュミオーのフォーレをトレイに乗せます。
まえにデュメイのフランクについて触れたときに、グリュミオーの演奏にもちょっと言及したんですが、その演奏のカップリングとして収録されているのが、フォーレの二つのVnソナタ。第1番イ長調の、野草のように爽やかな苦み、第2番ホ短調の、愛想のない枯れた味わい。どちらも軽く口ずさめるような明快な旋律は用意されておらず、初めて聴いたときはさっぱり意味がわからなくて困惑、しましたね。でもいまは(疲れて帰宅したときなど特に)よくこのCDに手が伸びます。なんでだろうなあ。つんとすましたような貌に惹かれるのでしょうか。
それにグリュミオーの音。彼の音は温かみがある、包容力があると称賛されることが多いけれど、ようく聴いていると実はここではそんなに優しい語り口ではない。気取った塩辛い音色に乗せて、決して自分からはすり寄ってこない不思議な音楽が流れてゆくのをじっと見守るのも、悪くないのです。
by Sonnenfleck | 2005-08-18 23:43 | パンケーキ(19)

与太話◇progress

いやー…えらい目に遭いました。宮城の地震のために昨日の深夜まで東北新幹線の不通が続いてた関係で、秋田新幹線も遅延・運休が相次ぎまして。お約束どおり、まさに僕が指定席を買っていた列車が運休になっちまったわけです(ー_ー;)
通常運行してる別の列車に振り替えようにも、昨日乗れなかったお客が流れてきて指定席はすべて完売、そして秋田新幹線には自由席がない。
泣く泣く秋田新幹線デッキで立席特急券+盛岡から東北新幹線自由席、という地道な策を弄した末、東京に着くのは…何時になるんだろう。秋田を出たのは16時なんですが、まだ大宮です。終電間に合わないかもなあ。

実は今日はブログ開設から半年の節目。本当はPCからちゃんと更新したかったけど、無理なようです。
与太話も塵芥の類も、積もり積もると妙な愛着が湧くもんですねー。これからもなにとぞよろしくお願いいたします*
by Sonnenfleck | 2005-08-17 23:34 | 日記