<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バッハ・コレギウム・ジャパン《マタイ受難曲》@名古屋

c0060659_9522714.gif【2006年4月9日(日)16:00~ しらかわホール】
●バッハ:マタイ受難曲 BWV. 244b(初期稿)
→ゲルト・テュルク(T、福音史家)
 クリスティーナ・ランズハーマー(S)
 藤崎美苗(S)
 ロビン・ブレイズ(A)
 上杉清仁(A)
 ヨハネス・クリューザー(T)
 ペーター・コーイ(Bs、イエス)
 浦野智行(Bs)
→鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン


かなり時間が経ちましたが、感想文を。
BCJの名古屋公演を聴きに伏見のしらかわホールへ行ってきました。ビルの谷間にあってロケーションは実になんということもないのですが(ロビーからの眺めなどは萎える)、シューボックス型の美しい内装と適度に親密な空間づくりが素敵です。紀尾井ホールに似てる。

今年の受難節、BCJは8日(@ミューザ川崎)から16日(@神戸松蔭女子学院大学)まで計5回の《マタイ》公演を連続で開催してるんですよね。。いやー大変だ。
しかも今回の《マタイ》演奏は、バッハ自身がこの作品を現在よく知られてるバージョンに改訂する前に、バッハの弟子の弟子が書き写したものによるとのこと。つまり《マタイ》の原型がよりはっきりと確認できる版なわけです。

座席は正面に向かって右側のサイドバルコニー。位置的には第2合唱・第2オケの真上であり、《マタイ》の特徴である「2群の音響体のぶつかり/融合」を聴くにはまったく適さない席でしたが、しかしとにかく、無理をして行ってよかった。まず全体的な感想がふたつ。

マタイ全曲を生で聴くのはこれが二度目なのですが、やはり一定時間を完璧に拘束されて通しで聴かされるところに意味が設定されているのだなと改めて気づく(CDはあんまり意味がない…?)。ちょうど弟子たちと同じように(!)イエスがゲッセマネの園で瞑想してるあたりで睡魔に襲われた以外、三時間しっかりと引き込まれましたね。その理由としてもっとも大きいのは、やはりレチタティーヴォの緊迫感・推進力でしょう。少し前「招き猫」で「マタイのレチタティーヴォは退屈だから抜かして聴くのがよい」と断言した某常連さんがいましたが、よほど通奏低音がつまらない演奏しか知らないんだろうなあと気の毒になる。今回ももちろん秀美氏の強力なリードの下、山本氏のVc(OLC聴きに行きたい...)、今野さんのKb、今井さんのOrg、今村氏のリュートが複雑に絡み合い、非常に劇的な(文字通りオペラを聴いているような)興奮がもたらされました。

もうひとつはBCJの「重さ」であります。考えてみるとオペラシティ以外のホールでこの団体を聴いたことがなかったんですが、しらかわホールのような小さな会場で聴いてようやくBCJの「時には相当粘っこく重い一面」を確認できました(もちろん音量の大小ではなく)。正直な話、いつもBCJを聴いて「薄い響き…これも持味?」と思ってましたが、、やはりオペラシティのキャパは広すぎるのかな。

あとは印象深いところを箇条書きでいくつか。

◆エヴァンゲリストのテュルク、イエスのコーイはさすがの貫禄。第二部終盤「エリ、エリ、ラマアザプタニ」での二人の様子には鳥肌が立つ。
◆アルトのブレイズ。自分はこの人が作る人工的な科が非常に苦手なのですが、この日は流れを無視せず、あまりオカマっぽくならなくてよかった。。上杉氏の歌う第2部頂点の第39曲、アリア「憐れみたまえ、主よ」(線は細いが絶品!)が気になるようで、横目でチラチラ見つつ口パクしてたのが目に焼きついてますが(笑)
◆やはりこの曲で一番恐い局面は、合唱が「群衆」になったとき。BCJの皆さんは本当にすばらしい。「バラバを!」「十字架につけろ!」の残忍さには正直、恐怖を感じましたよ。
◆前のエントリでもちょろっと書きましたが、第59・60曲、アルトのレチタティーヴォ「呪われた十字架」とアリア「広げられた御腕に」には二本のオーボエ・ダ・カッチャが絡み付きますが、今回はどう考えてもアルトサックスのようであり、やたらjazzyなKbのPizzも手伝って、少なからず困惑です。全曲中この一瞬がもっとも官能的な、粘り気の強い演奏だったように思う。「呪われしゴルゴタよ!」なんて歌ってるそばで、不思議な感じ。
◆「初期稿」がはっきりと確認できるのは
  1、通奏低音が2群に分かれていない(これは視覚的にデカイ)
  2、第1部の終わり、第29曲が素朴なコラール「私はイエスを離しません」である
  3、第57曲、バスのアリア「来たれ、甘き十字架よ」の伴奏がリュート
  くらいだったと思います。
→特にリュートの活躍は全曲を通して非常に光りました。曲中に何度かあるトゥッティの爆発、BCJのフォルテはあえて悪く言えば「ヨゴレを最後まで回避する」ようなところがありますが(それが魅力なんですがね)、そうした中で激しい破裂系の金属音を響かせながら今村氏のリュートが立ち上がってくる様子には生理的な興奮を覚える。
→しかし第63曲、「地震」の描写はけっこう表現主義的で衝撃(通奏低音...)。

* * * * * *

演奏の究極として、「聴衆の呼吸を支配してしまう」という状況があるかと思います。
確かに長丁場なのでチラシを落としたり咳をしたりと客席ノイズは目立ったけど、各アリア/レチタティーヴォの最後があれほど緊迫して静まり返って、指揮者が棒を下ろすのと同時に客席はようやく息をつく、っていう緊張状態はそうたびたび現れるものではない。僕自身、真下で演奏してる秀美氏と同じタイミングでブレスをしておったですよ。このようにして演奏行為の内側に入ってしまうと感想文の客観性が怪しくなりますが、そんなことはどうでもよくなるような体験でありました。最終的には涙と鼻水でズルズル。
by Sonnenfleck | 2006-04-30 09:53 | 演奏会聴き語り

対iPod戦争の前夜

c0060659_23152045.jpg名古屋へ引っ越して来てから、音楽のために使える時間ががっくりと減ってしまいました。時間をそっくりそのまま消費する趣味は物理的な拘束に弱い。

というわけで、移動時間が攻略対象になります。
しかしウォークマンのCDを入れ替える手間さえ惜しい…となれば、残る選択肢はただひとつ。圧縮式の携帯プレイヤーを手に入れることであります。その中でも―元マカーとしては―これさえあれば他はいらないといえよう!であるところの、、iPodを買ってしまいましたよ。頼りないくらい薄くて細いなあ。とりあえずロジェヴェンのショスタコ全集入れたろ。僕に買われたのが運の尽きですねぃ。

あれ?明日からラ・フォル・ジュルネですか?ですね?うをー。
by Sonnenfleck | 2006-04-28 23:40 | 日記

ただいまのセルフ祝砲

c0060659_2172256.jpg一ヶ月に及ぶ情報疎外、今夜をもって解消されましたっ。

一番辛かったのは、、それまで毎日楽しみに拝見していたたくさんのブログにアクセスできなくなったことでありました。しかしそんな悲しみとも今日でお別れ。なんというか、本当に素直にうれしい(T_T)

Exiciteの携帯サイトからは記事の投稿とコメント、スパム削除などしかできず、何人の方が訪問してくださってるかは一切確認できなかったんですが、いまさっき過去二週間分の履歴を見て仰天(+法悦)。。雑草だらけの庭に来てくださってた皆さま、本当にありがとうございます。これからはもうちょっとマシな場所になっていくと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします◎
by Sonnenfleck | 2006-04-26 21:12 | 日記

おじさまと、赤毛のひと

c0060659_218215.jpg

naiveのヴィヴァルディ・エディションの最新作は《バスのためのアリア集》。これまでヴィヴァルディのオペラはあんまり熱心に聴いてこなかったんですけど、面白そうなので買ってみました(「ジャケ買い@鎖骨」ではない)。

ロレンツォ・レガッツォという歌手は寡聞にして知りませんでしたが、経歴を見ると数えきれないほどバロックオペラやモーツァルト、ロッシーニなどを歌っている凄腕バスのようです。
収録されてるのは、1714年の《狂気のオルランド》から1735年の《アデライーデ》まで、中後期ヴィヴァルディによるバスのためのアリア。その中では《オルランド》や1731年の《ファルナーチェ》などバスがタイトルロールを歌うものがやはり圧巻であります。特に前者のまるで痙攣するかのようなパッセージを容易く歌い上げるレガッツォの喉には仰天。
さらに1719年の《ティート・マンリオ》でタイトルロールが歌う〈Se il cor guerriero〉では、《冬》の第1楽章のように緊迫した伴奏の上を器楽的な鋭さで駆け抜ける。こりゃあ惚れます。

あとやはり伴奏のアレッサンドリーニ/コンチェルト・イタリアーノがいい。最新録音ではますます渋さに磨きがかかって、大切に使い込まれた黒檀のような高級感が漂い始めましたよ。それ全体で一個の楽器のように聴こえます。すごいなあ…。
by Sonnenfleck | 2006-04-24 21:08 | パンケーキ(18)

名古屋フィル 第324回定期

c0060659_20554795.jpg

カテゴリ【演奏会聴き語り】は本来追い越し禁止ですが、先日のBCJ名古屋公演はPCから投稿したいのでとりあえず後回し。先に名フィル定期について書いてしまいます。

【2006年4月22日(土)16:00~ 愛知県芸術劇場コンサートホール】
●ニコラス・モー:《春の音楽》(1982/日本初演)
●ベートーヴェン:Pf協奏曲第5番変ホ長調 Op.73 《皇帝》
→ユーチィア・ワン(Pf)
●ストラヴィンスキー:バレエ音楽《春の祭典》
→マイケル・スターン/名古屋フィル

つい一ヵ月ほど前、名フィルが音楽監督の沼尻竜典とともに行なった東京公演は、趣味のいいプログラミングと完成度の高さで東京のリスナーを驚かせたようです。僕は聴きに行けなかったけれど、特に後半、ブラームス/シェーンベルクの《Pf四重奏曲》は相当に熱かったらしい。…というわけで初の名フィルに期待しつつ栄の愛知県芸術劇場へ(しかしやはり道に迷う)。

今回の指揮者マイケル・スターンはアイザックの息子。リヨン管やザールブリュッケン放送響の首席指揮者を務めた中堅、らしいです。

最初の《春の音楽》は「ハルサイとは春つながりでしょ?」程度の散漫な小品。ロマン回帰に媚を売った温いゲンオンでした。

《皇帝》はピアニストだけじゃなくオケも裸にされる恐ろしい協奏曲ですが、どうやら名フィルはかなり剛毅な音の出るオケであるらしく、最初から分厚い響きが飛び出します。しかし肝心のピアニストが、、非常にまずい。
なんというか、貧しいんですよ。歌い方が三種類くらいしかなくて、それをどうにか組み合わせているだけ、おまけに音色は能天気に明るいままずーっと変わらないので…機械というより器械程度。さらに悪いことにしばしばテンポを異常に揺らすので、オケとまったく噛み合わない。それでもスターンはぴたりと張りついていきますが、オケは大混乱で崩壊間際でした。あれでなんでブラヴォーが飛ぶかなあ。名古屋の人はスリリングな演奏が好きなんだろうか。。

後半、ずたぼろだったらどうしようかと意気消沈してハルサイを迎えます。
しかし。
明らかに前半とは気合いの入り方が違う。
荒々しいけどタフな木管、馬力のある重厚な金管、「重くて早い」打楽器、粘り着くような弦、在京オケになんら劣らないどころか、むしろ日本のオケ離れしたゴージャスな響き。びっくりです。スターンは取り立てて変わった指示は出してませんでしたが、気になるようなミスもなく、熱気を帯びた名演だったと断言できます。いいものを聴かせてもらった。
これが名フィルの地力なのか、はなまた指揮者スターンによる薫陶の成果なのか、いかんせんサンプル数が少なすぎるのでよくわからんのですが、今後判明するのだろうという感じで結んどきます。

でも来月の定期はコバケンの《わが祖国》ということで、、行こうかどうか迷うなあ(ー_ー;)
by Sonnenfleck | 2006-04-22 20:55 | 演奏会聴き語り

ただいまの幻影

c0060659_23223111.jpg

オペレータ「開通のほうは今月末ですねぇ、はい、、」

おお!ならばどうして電話の一本も入れてくれないのでしょう!という意味の呪咀を心のなかで繰り返しつつ、へこたれずに携帯から更新を続行。

* * * * * *

本当に何年ぶりかでバルビローリ/BPOのマラ9に手を伸ばしてみました(疲労?)。
なんか…頻繁にテンポが揺れるどろどろの激甘だと勝手に勘違いして記憶してましたが、むしろ冷静で薫り高く苦い。特に第3楽章、ただヒステリックな金管を表面でビリつかせるのではなく、低弦に厳しい推進力を容赦なく要求してるのに改めて気づいて感心しました。この指揮者の持味って本当にセンチメンタリズムなのか?バルビローリのCDってこれ一枚しか持っておらないもので判断がつきませんが、、巷の評価とは相容れないものを感じます。
by Sonnenfleck | 2006-04-20 23:22 | パンケーキ(20)

こしあん?つぶあん!

c0060659_23214296.jpg

ブリュッヘン/18世紀オケによるラモーの《カストルとポリュクス》組曲。最後に立ち寄った御茶ノ水ディスクユニオンで発見したものです。
相変わらず中身がぎゅうぎゅうに詰まったあんぱんみたいな感じですが、このオケが演奏するフランスものの重くて甘い感じが好きな自分としてはたまりません。好き放題にバタバタしたタンブーランが萌ポイント極大。

PHILIPSが90年代にリリースしたブリュッヘンやレオンハルトのCDはかなりの割合で廃盤になってるんじゃないかな。このCDも存在を知りませんでした。「ユニバーサル・古楽文庫」みたいな感じで廉価シリーズ化したらけっこう売れると思うんですけどねぃ。
by Sonnenfleck | 2006-04-19 23:21 | パンケーキ(18)

リリカルマシン保守点検中

c0060659_23104116.jpg

いちおう新譜もチェックしておるですよ。ゲルギエフ/LSOのプロコ全集もちゃんと栄のHMVで買いました。

5番や3番を聴いた限り、あーいつものゲルギエフ節だなーという感じでアンサンブルはガサガサ、響きも必要以上にささくれだって神経に障るんですけど、美しいメロディ/ハーモニーに対するプロコの歪んだ愛情は、実はこういうスタイルにストレートにつながっているのか…とも。
ゲルギエフがこのCDでプロコの「キレイなものを壊したい!」という情動だけに的を絞っているのは賢いと思います。今ちょうど6番の第3楽章を聴き終えましたが、最後の「全否定」で思いっきり大見栄を切ってるのが気持ちいいですね。…ただしプロコの「粗くない分」は今後もラインスドルフか小澤で補給か。
by Sonnenfleck | 2006-04-18 23:10 | パンケーキ(20)

君にモーツァルトを買ってあげる

c0060659_22242621.jpg

昨日の朝、久しぶりにめざましテレビを見たら「小池環境相が退院」の報道。なんでも「武部幹事長が贈ったモーツァルトのCDを聴き療養した」らしいんですが…「武部さん@クラヲタ」の妄想。

■ぼくも涙を禁じえない。ウィーンフィルのむせるような甘いポルタメントで元気になってほしいといえよう。
→ワルター/VPOの40番
■俺は暗い淵を覗き込むような演奏が好きだ。テンシュテットやケーゲルもいいが、この曲は暗く狂暴なアーノンクールがいい。療養?知らないね。
→アーノンクール/ヨーロッパ室内管の《プラハ》
■政権末期('A`)メンドクセ。
→マリナー/アカデミー室内管のアイネク

* * * * * *

ネットが来なーい!もう限界!
by Sonnenfleck | 2006-04-15 22:24 | パンケーキ(18)

菜種梅雨×バッキアーナ

c0060659_23575043.jpg

段ボールをかたす暇がないなあ。

さて三日たちますが、《マタイ》第二部の大詰め、アルトのレチタティーヴォ「呪われた十字架」とアリア「広げられた御腕に」がエンドレスに脳内再生されてます。
あのオーボエ・ダ・カッチャはなぜあんなに気怠くエロティックな旋律を与えられているのか…。あの部分だけならショスタコのジャズ組曲に入ってても違和感ないですよ。。しかもその直後、答えの出ない悲痛なフリギア終止でイエスがこと切れる。うーん。
by Sonnenfleck | 2006-04-12 23:57 | パンケーキ(18)