<   2007年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

かしましい。

c0060659_6551650.jpg【Virgin veritas/7243 5 45290 2 3】
●モーツァルト:VnとVaのための協奏交響曲変ホ長調 K364
●同:VnとOrchのためのロンドハ長調 K373
●同:2Vnのための協奏曲ハ長調 K190
⇒モニカ・ハジェット(Vn)
  パヴロ・ベズノシウク(Va,Vn)
  ポートランド・バロック・オーケストラ

うーん。これは違和感、というより一歩進めて「異物感」としてしまってもいい。。
古楽器によるモーツァルトの協奏交響曲。
もともとモニカ・ハジェットはかなり自分の好みから外れるヴァイオリニストなんですが、ポートランド・バロック管が…なんと総モニカスタイル!いかにもこの人の表現らしく、ギスギス...キシキシ...という音響にはぞーっと総毛立ちます。やっぱりこういう感じだったか。

表現するぞ表現するぞ表現するぞ、、という「下心の見える」アーティキュレーションは、全然面白くないといったらウソになります。オケの骨っぽい音色を我慢しさえすれば、内声が奇妙に浮き出た第1楽章序奏が愉快なのは間違いない。
でもソロが入ってくるところでううーむと唸ってしまうのですよ。
はっきり言って身振りが粗野すぎるんです。人の家に土足でずかずかと踏み込む遠慮のなさ、積極的な表現意欲、この両者は似て非なるものではないだろうか。。古楽アプローチで粗野や乱暴を前面に押し出すのは実に簡単で、しかもアーノンクールやゲーベルが証明したように作品によってはそれ以外考えられないくらい非常に有効に働く方策ですけど、決して全能のカードではない。それがよくわかる演奏じゃないかなと;;
第2楽章はVaのパートが表に出る局面が多いですから、ベズノシウクが醸し出す色気に救われて爽やかなエロスが漂っています。しかし第3楽章はまた粗暴な響きになってしまって、騒がしく幼稚な造形にがっかり。居たたまれない気分になります。

ところがハ長調のロンドはそういった喧しさがプラスに働く曲調なんですねー。面白い。
ゼンマイとバネがいっぱい詰まった音楽時計が駆動しているような感じ。今度はパート間のシンクロニシティにずいぶんと気を配っている様子で、好感度大です。
ただし2Vn協奏曲(こんな作品あったのね)はまたもや乱暴なアクセントが多くて、せっかくの古色蒼然とした通奏低音入りスタイルが生きてきません。まあいいからそんなに焦るなと。

感性を揺さぶられるという意味では面白いのだけど、粗野と機知を履き違えているところが散見されるために、最後まで異物感がまとわりつくディスク。。
by Sonnenfleck | 2007-08-31 07:16 | パンケーキ(18)

チェリ×ミケ

c0060659_725249.jpg

c0060659_731253.jpg

Ravel Piano Concerto 1st Mov.(YouTube)


映画の一場面みたいでしょう。

先般秋葉原の石丸で買い求めたミケランジェリ+チェリビダッケのラヴェル(MEMORIES)。ごくたまにこういったディスクにぶち当たると、言葉の無力を感じてうなだれます。はぁーあ。
やっぱりこの二人の組み合わせは生ハムメロンのように…反則です。
ピアノとオーケストラの組み合わせからこういう音がすることがあるんだなあと、冷静に感じ入ってしまった。蝸牛神経に直接ふうっと息を吹きかけられてるみたいな。。

上のようつべリンクは1982年ロンドン響ライヴでありまして、僕が購入した1992年ミュンヘンpoライヴとは別物なのですが、空気感は大変よく似ている。このロンドンライヴの8分30秒以降に聴かれる音のぶつかり合いは、きつく圧縮された音源でもそれとわかるほどの異様な輝きに満ちています。
しかし第2楽章の美しさについては触れるのがためらわれますね。言葉で規定したそばからサラサラと崩れていきそうです。卑しい木枠しか持っていないのだ僕は。
by Sonnenfleck | 2007-08-30 07:05 | 広大な海

精神と時のお買い物Ⅵ

いよいよ収納スペースがなくなってきてるのに。。

【キムラヤ 新橋烏森口店】
1 バッハ:無伴奏Vc組曲全曲(BRILLIANT) *ヤープ・テル・リンデン

【disk union お茶ノ水クラシック館】
2 シューベルト:《冬の旅》(EMI) *プライ+ビアンコーニ
3 ラヴェル:《マダガスカル島民の歌》他(DG) *コジェナー他
4 ヘンデル:アリア集(EMI) *ボストリッジ+ビケット/啓蒙時代管

【BOOKOFF 原宿店】
5 ブリテン:《キャロルの祭典》(ASV) *グリアー/オクスフォード・クライストチャーチCho
6 モーツァルト:協奏交響曲変ホ長調(Virgin) *ハジェット/ポートランド・バロック管

【TOWER RECORDS 渋谷店】
7 ダッラーバコ:ソナタ集(stradivarius) *Insieme Strumentale di Roma
8 ドゥランテ:協奏曲集(CAPRICCIO) *コンチェルト・ケルン
9 デュモン:グラン・モテ集(RICERCAR) *ピエルロ/リチェルカーレ・コンソート
10 ショスタコ:交響曲第15番(Profil) *コンドラシン/シュターツカペレ・ドレスデン

【石丸電気 SOFT3】
11 ラヴェル:Pf協奏曲(MEOORIES) *ミケランジェリ+チェリビダッケ/MPO

【BOOKOFF 秋田新国道店】
12 バッハ:Flソナタ集(Sony) *ランパル+ピノック+ピドゥ
13 メンデルスゾーン:Vn協奏曲ニ短調(YEDANG) *クレーメル+バシュメット/MPO
14 ドヴォルザーク:交響曲第8&9番(DECCA) *ドホナーニ/クリーヴランド管
15 マーラー:交響曲第4番(Pony Canyon) *井上道義/ロイヤル・フィル
16 カール・ヴァイグル:弦楽四重奏曲第3番イ長調(ORFEO) *アルティス四重奏団

+ + +

⇒まず驚きの新譜1。通奏低音の名手リンデンがいきなりバッハを新録音、しかもブリから!去年の暮れに発売されてたみたいですが、まったく見落としていましたよ。
茶水組合では声楽系の捜し物をいくつか確保。ボストリッジのヘンデルが見つかったのは幸運ッス。
続いて、以前から噂に聞いていた原宿のBOOKOFFを初開拓。確かに250円~750円帯に奇妙な出物が多くて面白いっすね。。ちょうど古楽系のK364が一枚ほしかったので6を購入。

翌日、渋谷タワーに行ってみると、カーティス/イル・コンプレッソ・バロッコの新譜、コンティの《ダヴィッド》がBGMに流れており。その流れに押されて古楽をバリバリと購入でした。7~9は890円/枚のセール品だったけど、塔の店員にうまく嵌められたなあ。

さらに運悪く、地元のBOOKOFFでは500円/枚のセールが開催されてましてね。
13はメニューインが発見した「もうひとつのメンコン」。14を買ったのはshuさんのエントリに刺激されたところ大。しかし16は…いったい秋田の誰がこれを買って、しかも売ったのだ??
by Sonnenfleck | 2007-08-29 06:54 | 精神と時のお買い物

今日は朝からストラヴィンスキー(4)

c0060659_640194.jpg【DISC4…BALLETS VOL.4】
●バレエ《ミューズの神を率いるアポロ》(1928?)
●バレエ《アゴン》(1957) ※
●バレエ《カルタ遊び》(1936)
⇒イーゴリ・ストラヴィンスキー/
  コロンビア交響楽団
  (※はロスアンジェルス祝祭交響楽団)

いよいよ新古典期に突入ですね。このあたりから作品の感想なのか演奏の感想なのか明確でなくなってきますが、ご容赦ください。。

さて、《ミューズ...》はきっとフランス・バロックへのオマージュ的な要素が強いんでしょうね。
第1景〈アポロの誕生〉なんか、フランス風序曲の雰囲気をしっかりと漂わせながらモダンな不協和音がキリリと鳴り響くわけで、大変美しいですよ。ここにはクラヴサンも管楽器もいませんが、あの惻惻とした抒情の本歌取りは確かに成功してますよね。リュリだー。
第2景の後半、〈アポロのヴァリアシオン〉に一瞬だけ現れる壮麗な量感が見事。。このあと〈コーダ〉で後腐れのないリズムの応酬があり、最後の〈アポテオーズ〉にかけてゾクリとするような清潔さの中に音楽は消えていきます―。
コロンビア響ってそもそも草食動物的で淡白な音がしますが(いや、CBSのパサパサした録音のせいなのかな)、この作品ではそれがよく生きてきて、暗部や恥部に深入りしない、上品で冷たい音楽が流れてくる。これより以前の何曲かで聴かれたギクシャクぶりはほとんど見つからなくて、やっぱりあれはセリー時代の演奏者ストラヴィンスキーが振り返る、作曲家ストラヴィンスキーの「原始主義」の表現なのかなあと思う次第。

ここで《アゴン》のヒリヒリした感触が、大きな落差を生みます。。
《ミューズ...》に比べて参加する楽器の種類は圧倒的に増えたはずなのに、充填率はグッと下がった感じ。この曲は今回初めて聴いたんですが、このソロイスティックな楽器の使い方がストラヴィンスキーの晩年様式なのかー。なのかな。聴き進むうちに当初の乾燥した印象は消えて、キラキラパラパラした硬質の輝きを発見します。。

最後に《カルタ遊び》で再びの大ギャップ。。作品ごとのこういう落差を楽しめるのはストラヴィンスキーだけですよねえ。
作曲年代は《ミューズ...》より後ですが、ちょっと《火の鳥》を思わせるエキゾチックな旋律美が顔を出したりして、先祖帰りしたような鮮やかさと素直さを兼ね備えたこの曲。ストラヴィンスキーもずいぶん滑らかな造形で、フットワークも軽くあっという間に走り抜けてしまいました。例のロッシーニ引用もあんまり意識的でなくて好ましいし、その後の変容も自然でいいなあ。

ところで、当ブログのストラヴィンスキーマラソン迷走ぶりを見るに見かねたドクター円海山さんが、支援エントリを書いてくださいました。ありがたいことです。してみると、1936年作曲の《カルタ遊び》で感じたストラヴィンスキーらしからぬ気持ちよさ・破綻のなさは、石田氏的が言うところの「ポーズ」なのか。ふむふむ。
by Sonnenfleck | 2007-08-27 07:05 | パンケーキ(20)

ひとりテルミンもて遊ぶ

c0060659_8461480.jpg『大人の科学マガジン』vol. 17~ふろく テルミンミニ~ (学研)

うぇへぇー!めっちゃほしいー!
いいとこ突いてくる。。
クラヲタ的には修行してマルティヌーの《幻想曲》をマスターするしか。
自分の生活にホラーな効果音を付けてみるのも面白そう。
爽やかな朝の目覚めにぎゅいいいい。就寝前にぎゅいいいい。

ググっていたらこんな集まりを見つけました。
きっと来月下旬には入会希望者の応対に四苦八苦されることでしょう。
by Sonnenfleck | 2007-08-26 08:47 | 日記

僕の家にも黒い箪笥があります。

c0060659_750214.jpg

午睡から覚めて、昨夕も犬の散歩をしていると、田圃を渡る風がすっかり冷ややかでありました。秋田はお盆を過ぎると一気に涼しくなります。家中の窓を開け放っておけば、クーラーも扇風機ももう必要ないのです。灼熱の名古屋には戻りたくないな(T_T)

夕食は秋刀魚の塩焼きが美味い。食後にはクリュイタンスのダフクロを取り出して聴く。ベルトが外れて動かなくなってたLPプレーヤも直してやったし、大変いい気分であったことです。
by Sonnenfleck | 2007-08-25 07:50 | 絵日記

壮年期の終わり

c0060659_8381485.jpg【WORLD MUSIC EXPRESS/WME-S-CDR1117】
●ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調 op.93
⇒クルト・ザンデルリング/ボストン交響楽団
(1991年4月11日/ボストン・シンフォニーホール)

クルト・ザンデルリングがドイツに生まれたのは1912年9月19日でありますから、今年で御年95歳。ブラームスとかシベリウスについては古くからファンが多いみたいですが、ショスタコーヴィチ指揮者としても独特の位置を保っていますよね。彼の指揮によるタコ10はこれまで確認したものだけで4種類あり、時系列順に並べますと次のようになります。

(1) 1973年 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(VIBRATO/ライヴ海賊盤)
(2) 1977年 ベルリン交響楽団(Deutsche Schallplatten/スタジオ録音)
(3) 1978年 フランス国立管弦楽団(naive/ライヴ正規盤)
(4) 1991年 ボストン交響楽団(WORLD MUSIC EXPRESS/ライヴ海賊盤)

比べてみて面白いのはやっぱり演奏時間の変遷ですねー。
第1楽章は(1)が23分台ということで最も速いのですが、予想通りどんどん緩やかになり、ついに(4)では27分台。数々のタコ10演奏の中でも屈指の遅さになります。ここまでくると泰然とした趣きすら消えて、生き物の住まない世界のようにひたすら静かになってしまう。
ザンデルリング/クリーヴランドの第15交響曲は静かで「純粋な」内容なので評価が高いですが、このボストン響との第10はそれをはるかに凌ぐ静寂、というか無表情、無愛想。すべての音が輪郭を失ってまったりと混ざり合ってしまう…。16年前会場にいた聴衆はこれを聴いて理解できただろうか。僕にはちょっと理解できない。。

第2・第3楽章はさらに面白くて、大質量の物体が音もなく移動しているような、宇宙的な雰囲気があります。スコアに書いてあるバカ騒ぎとは対照的な謎の落ち着き、、これはモントゥー/北ドイツ放送響の《幻想交響曲》第5楽章でも感じた要素なのですが、行き着くところまで行ってしまった老人にしか出せない味なのだろうなあ。先日聴いたドゥダメルとの差異が凄まじい。

ところが第4楽章は、アンダンテの木管がたっぷり歌ったり、アレグロ最強奏レミ♭ドシに大きなリタルダンドがかかったり、意外に表情づけが強い。タコ10の演奏でよく言われるのは、楽章間のバランスが微妙でどこにヤマを持ってくるべきなのかが難しいという点でありますが、ザンデルリングの場合は前述(1)~(3)まですべて第4楽章にアクセントを施そうとする気配が濃厚で、総決算たる(4)もやはりその方法を踏襲し、一貫して解釈が安定している。

ただし演奏時間という観点では、(1)~(4)の中では(4)が突然変異的に速いのです。聴感上、確かにより柔軟に、より軽く、より音の圧力が低くなる方向性が感じられる。そうした志向と、先に述べたような少し濃いめの表情づけとが矛盾しそうで矛盾しないのがザンデルリングが身につけたテクニック、あるいは老獪な部分なのかもしれません。
そうなると、やはり80年代の演奏が聴いてみたくなる。いつごろから「晩年」に突入したんだろう。
by Sonnenfleck | 2007-08-24 08:20 | パンケーキ(20)

青列車で行こう

c0060659_7461639.jpg

上野発→青森行の寝台特急にて秋田入り。新幹線も飛行機もいいですが、これをやると時間を贅沢に消費することになるので、旅気分は満点です。CV熊倉一雄。

写真のように個室の中には「B.G.Mの設備」があって(律儀なピリオドがいい)、クラシックが選択できるんですけど、こういうのの常としてなぜかバッハばかり。そして超絶モダン演奏。ブラ4第1楽章→1055第3楽章→ブラ5第1楽章→1054第1楽章、のコンボには笑ってしまった。たまにはランペとかマンゼとか忘れて、興奮も危険もない典雅な小節線を聴くのもよいかな。
by Sonnenfleck | 2007-08-22 07:46 | 絵日記

on the air:ドゥダメル/SBYOのタコ10

c0060659_8493562.gif【2007年8月18日 ロイヤル・アルバート・ホール】
●ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調 op.93
⇒グスターヴォ・ドゥダメル/
  シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ

生まれて初めてネットカフェを利用してみました。
隣のブースの気配がなんとも言えない緊張感を生み出しますね。ネカフェでプロムスもないでしょうが、BBCのアーカイヴは期間限定だし、とにかく聴いて軽く感想文を書くことに。
シカゴ響のストリーミングで《巨人》を聴いたのが僕の唯一のドゥダメル体験です。この明るい健康体はちょいと生理的に合わないかも…という印象なのですが、、ショスタコーヴィチだとどんな造形にするのか。

音がいちいち重くて、いちいち表情が粘ついてて、ともかく呼吸が荒くて緩急がきつい…って、よく考えるとこれって伝統のソ連型ショスタコ演奏の一典型じゃないでしょうか。
いま聴き比べをすることはできませんけど、スヴェトラーノフ路線によく似ているなあというのが今回の第一印象。物凄く一途で真面目で。。ある瞬間によく目立つパートが思い切りクローズアップされて、ほかのパートを景気よく塗り潰してしまうところなんか、スヴェトラーノフの録音に瓜二つですよ。

で、第2楽章でアクセル全開になってしまうのもまったく予想通り。
実測値3分56秒、4分を切る演奏はそんなに少なくはないですが、これほど「ムキになっている」ものは他に知らないなあ(苦笑) いや、WOW!!COOL!!ってな感じではありますよ。なかなか面白いですから、接続オススメ。寝起きに聴いたらよさそう。

第4楽章まで聴き通しましたが、とにかく景気がいい。
集え若人、青春のきらめき、汗と涙、文部科学省推薦、て感じ。
DGがこれをライヴ録音として売り出したら、きっと物凄く人気が出ます。熱血ショスタコの典型ですもの。熱血でない部分への一本調子な対応も、甚だしい熱血の後方に隠れてあんまり目立たないし。

ベネズエラ発→ロンドン経由→東京場末のネカフェ端末リアルプレーヤ行き。
by Sonnenfleck | 2007-08-21 08:57 | on the air

細川家歴代の肖像画@永青文庫

c0060659_813145.jpg

目白駅から東へ15分ほど歩くと、村上春樹が早稲田へ通っていた頃に住んでいた和敬塾が見えてくる。その敷地の角を右に曲がると、突然そこに暗い木立が姿を現わす。―永青文庫です。
かつて目白台には細川家の広大な屋敷があったそうですが、今ではその一画だけが美術館「永青文庫」として残り、往時の面影を偲ばせます。前々から行ってみたかったんですよ。

昭和9年築、細川侯爵家の事務所として使用されていた白い建物。病院の投薬室みたいなカウンターで入場料を払い、蛍光灯が青白く光る廊下を通って、暗く狭い階段を上る。正午、階段の軋み、外は蝉。

展示物は歴代藩主の(地味でないとは断言できない)肖像画ばかりですが、一点だけとんでもなく奇妙な作品がありました。
作品名は《七代宗孝夫人 静證院像》。一見ごく普通の女性座像なんですが…よぅく目を凝らすと、顔の輪郭から衣紋まで、画面を構成する輪郭という輪郭がすべて極小フォントの「南無阿弥陀仏」でできているんですわ。これは怖い…というか込められた念が強すぎてそういった類のオーラが受信されそうでした。表情も妙に鋭くて…納涼納涼。。
by Sonnenfleck | 2007-08-20 08:13 | 展覧会探検隊