<   2008年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

on the air:見知らぬ第2位のヒト

c0060659_950757.jpg【2002年10月? サル・プレイエル?】
<2002年ロン・ティボー国際音楽コンクール>
●ショスタコーヴィチ:Vn協奏曲第1番イ短調 op.77
→アンドレイ・ビエロフ(Vn)
⇒ジャナンドレア・ノセダ/フランス国立管弦楽団
(2003年1月26日/NHK-FM)

手許にあるMDには、5年前の筆跡で「'03 1/26 タココン1 ロン・ティボー2位(ノセダ/ONF?)」と書いてあります。基本的に情報はすべて書き込むことにしてるので、このような走り書きは自分のライブラリの中では珍しい。
MDにエアチェックをしていたころは、気に入らない演奏はすぐに消して別のライヴを上書きしていました。こうした「走り書き」系のMDは真っ先に上書き対象になるんですが、このショスタコーヴィチだけはどうしても消せずにここまで来てしまった。

ショスタコーヴィチの第1協奏曲はシンフォニア・コンチェルタンテ的な破天荒なマチエールに目がつけられやすいけど、その枠は断然保守的だと思う。
鉄壁の名盤とされるオイストラフとコーガンの演奏は、凄まじいテンションと超絶技巧の陰で、この曲の(実は保守的な)枠組みが泣いているような気がするんですよ。彼ら巨人ヴァイオリニストたちにとってショスタコはホンモノすぎ、また真実すぎたんじゃないだろうか。全体の枠組みを念頭に置くよりも、もっと効果的な(同じ時代を知っている人間にしかできないような)方法を用いて曲と自分を同化させたほうが楽だし、きっとナチュラルだったんだろうなあ。

ちょっと話がずれましたが、ここでショスタコを弾いて2002年の第2位になったアンドレイ・ビエロフという青年は、枠組み内での力配分が実に巧妙なんです。
音楽家だって人間だから、彼ら彼女らなりのキャパシティがあると思います。その数値をどの局面へどのようにどれくらい分割して配置するかが、「巨人時代が終わった後の」ソリストたちの腕の見せ所でしょう。
たとえば、若いヴァイオリニストであれば恐らく興奮してしまう第2楽章の、さらりさらりとした語り口。晴れた日に自転車でも漕いで川べりを走りながら、歩いているエピソードたちをスイスイ抜かしていくような、そんな何気ない運動性を感じる。上手く惰性に乗って無駄な力を込めることもない。トリオの重音からマーチにかけてのしっかりした技巧と粘りの少なさは、巨人たちと鮮やかな対比を描いています。

一方で第3楽章では、歌い口の中で抒情をストレートに追及していて心地よい。
でもそれは悲劇的英雄的沈鬱を表現するためではなくて、たとえばバッハの協奏曲の緩徐楽章のように、「沈鬱なムード」を出すためみたいなんだよなあ。過度に重くしたり音を汚したりすることを絶対にしないのが、その証拠じゃないかと。
第4楽章、今度は「飛ばすこと」にたくさんのポイントが消費されてて、スポーティ。

+ + +

で、今日は夕方からT. フィッシャー/名フィルの名曲シリーズに出かける予定です。
ドビュッシーの《夜想曲》→ショスタコのVn協奏曲第1番→ベートーヴェンの第5、という、そんなに名曲名曲していないのがフィッシャー親方らしいプログラミング(たとえばこれがコバケンだったら、《フィンガルの洞窟》にブルッフの協奏曲という感じだ)。
21時からは教育テレビで親方の就任コンサートの様子が放映されるし、今日は名フィル三昧といきましょう。天気もいい。
by Sonnenfleck | 2008-08-31 09:57 | on the air

ふわとろブラムース(柑橘系)

c0060659_62117100.jpg【Signum/SIGCD132】
●ブラームス:交響曲第2番ニ長調 op.73
●同:同第4番ホ短調 op.98
⇒クリストフ・フォン・ドホナーニ/フィルハーモニア管弦楽団

ドホナーニの過去の名盤たちを集め切るなんて、魅力発見後発組の僕にはムリな気がしてます。全然見つからないもん。

じゃあ新譜を攻めるしか。ついに新譜出ました。フィルハーモニア管+Signumで。
ドホナーニ先生の純粋な新譜っていったい何年ぶりになるのだろうか?15年ぶりくらい?
幸せを噛み締めながらディスクを取り出して、トレイに乗せます。

去年の5月に聴くことができた北ドイツ放送響とのブラームスの比較的太い響きをイメージしていたので、第2番はその軽やかな音響に唖然としました。正直言って。
しかし、この静謐で爽快な縦方向繊維質は、まぎれもなくあのとき耳にしたドホナーニの采配ぶり。そこへフィルハーモニア管のアクの少ない音質が加味されて、背すじを刷毛ですすすと触られるような快感があります。引っ掛かりやササクレを悪用するんではなく、このように全面的に自分を信じて作為のかけらもないストレートな運動を追求したブラームスって、懐疑が第一義とされる今日、滅多に聴けるものではないと思う。
第2番で言えば第3楽章なんか。
各パートの運動はこれ以上ないくらいデジタルを極めているのに、そこから紡がれてきた繊維質のふわふわとした柔らかさときたら!いったいこれは!
第4楽章も凄い。ブラームスのスコア上には古典的でシンプルな運動体がいくつも重なっているだけだというのがよくわかるし、そのうえさらに、横に運動していく形状たちが「耳にも心地よい」折り重なりを形成しているっていうのが僕には信じられない。コーダであんなに柔らかい音を出しながら姿勢がまったく崩れないなんて…。超一流のアスリートのようだ。

それに比べると第4番は、もう少し、滴るような浪漫水分を含んでいるようです。
運動体の種類や形や長さや色合いが、第2番よりもずっと複雑に入り組んでいる。おそらくそのまま第2番と同じように重ねていくとぶつかり合いが生じて、運動体同士がくっついたり、あるいは角が欠けたりしてしまうんだろうと思うんだけど、ここでは運動体と運動体の隙間に適度な水分を含ませているのがドホナーニ流です。
ほんの少しだけ手綱を緩めて、音響空間に余裕を持たせているのが巧い。
そしてそれだけじゃなく、耳に気持ちいい、耳に快感なのがまたいいんだ。悶絶ッス。

*ドホナーニ+フィルハーモニアのウィーン公演を聴かれた蔵吉さんのエントリ(メンデルスゾーンとブラームス、それからベートーヴェン)もぜひご覧下さい!
by Sonnenfleck | 2008-08-29 06:22 | パンケーキ(19)

ハンブルク、1734年の大型特殊自動車

c0060659_6175258.jpg【harmonia mundi/HMC901898】
●ヘンデル:〈シャコンヌ〉 ト長調 HMV435
●テレマン:《忠実な音楽の師》~組曲〈ブルレスケ〉 ニ短調
●ブクステフーデ:〈前奏曲とフーガ〉 ト短調 BuxWV163
●マッテゾン:《通奏低音大教本》~上級問題第13番&7番
●ベーム:〈前奏曲、フーガと後奏曲〉 ト短調
●テレマン/シュタイアー:組曲《ハンブルクの潮の干満》から
●ヴェックマン:〈トッカータ〉第4番 イ短調
●シャイデマン:〈涙のパヴァーヌ〉 ニ短調
●テレマン/シュタイアー:組曲《アルスター》 ヘ長調から
●ポセ:〈アントレ〉
⇒アンドレアス・シュタイアー
  (Cem/1734年、ヒエロニムス・アルブレヒト・ハスのコピー)

軽さから浮遊感まで漂うレオ師のヴァージナルミュージックとは打って変わって、このシュタイアーの新譜では大型フォークリフトが轟々と音を立てて迫るような雰囲気がある。
シュタイアーの演奏するバロック期の作品に対しては少しサーカス的な印象を持っていたんだけど、今度の新譜はちょっと違って、いかにも腰が重い豪壮なスタイルなんですよ。これはシュタイアー内部に理由を探すより、使用している楽器の特性に注目すべきかもしれない。つまり、ヒエロニムス・アルブレヒト・ハスが1734年にハンブルクでこの楽器のオリジナルを製作したとき、彼はオルガンの響きにインスパイアされていたらしいのですな。

まず、こうした豪放豪快な響きを聴き取ることができるのがヘンデルの〈シャコンヌ〉であり、ベームの〈前奏曲、フーガと後奏曲〉であります。
特に後者のギガンティックな趣きは強烈の一言!前奏曲ではG音の連打に重たい装飾をたくさんぶら下げた右手が乗っかって、、迫ってきます。シュタイアーももちろんたっぷりしたアゴーギクで大いに曲を膨らませるし、楽器の巨大な空気感を捉えた録音も好ましい。

しかし大型フォークリフトという連中は、あいつらは物凄く小回りが利くんですね。
よく観察してると、車重なんかないみたいにグルリと後輪を回して狭い隙間に潜りこむ。
そうした、轟々と迫るだけじゃなく小回りが利くという特徴も、どうやらシュタイアーは大事にしているようで、まさしくその反則的特徴はこのディスクで取り上げられた作品たちにとって願ってもない性質なわけです。
テレマンの組曲《ハンブルクの潮の干満》と、組曲《アルスター》をチェンバロソロ用にシュタイアーが編曲したヴァージョンがここに収められているわけですが、そのどちらも、このハス・モデルのポテンシャルを限界まで引き出す恐ろしい演奏となっているわけです。
艶やかな歌いこみと巨大質量移動体の並存!なんということ!

最後に1965年生まれのブリス・ポセという作曲家の小品。
フォークリフトだけどガソリン車じゃなく最新式の電動車でした、みたいな。
by Sonnenfleck | 2008-08-27 06:21 | パンケーキ(18)

なつやすみのおもいで(その2)

承前。正午を過ぎても気温なんか全然上がらない。

■4 摩周湖とカムイシュ島(↓8/23 PM3:00頃@第一展望台近く)

c0060659_6401753.jpg

阿寒湖畔から続く国道は恐ろしいヘアピンカーブの連続。
そして、わが小さきレンタカーを煽る札幌ナンバーのセダンたち。
辛くも辿り着いた摩周湖は、霧に覆われてはいませんでした。
この湖は周囲を切り立った断崖に囲まれ、湖畔に降りる道はない。注ぎ込む川も注ぎ出る川も存在しないのに年間を通じて水位は一定。神域という言葉を使ってみたくなります。
湖の真ん中に浮ぶ小さな島、カムイシュ島は、はぐれた孫を待ってうずくまる老婆がいつしか島に姿を変えたもの、近づいた者のことを孫だと勘違いして老婆が流す涙が摩周湖の霧―これがアイヌの口承らしい。切ないお話。

観光客からかなり離れたポイントに立ってずっと眺めていると、自分の耳では、湖面を渡ってきた風と、風が植物を揺らす音しか捉えられない。その他には本当に何の音もない。
急に寂しくなってシベ5の第1楽章第1主題を思い浮かべたら(ホルンの後に木管が呼び交わす部分ね)、眼前の光景にぴったり当て嵌まった。

「マシューの湖、マシューの伝説」でUPした写真は、この30分後に少し離れた第三展望台に移動して、その突端から湖を眺めたところ。空は俄かに掻き曇り、湖面を波立たせた風が断崖を駆け上ってびょうびょうと吹き付けます。

+ + +

■5 アトサヌプリと川湯温泉(↓8/23 PM4:00頃@アトサヌプリ)

c0060659_6403432.jpg

難儀してヘアピンカーブを下りきると、今度はもうもうと煙を上げる岩山が迫ってきます。
この日の宿は川湯温泉というところにしたんですが、その源泉がアトサヌプリこと硫黄山。
ご覧のとおり噴出孔は硫黄のショッキングイエローに染まり、周囲には只事ではないくらい硫黄の臭気が立ち込める。噴出孔には立ち入り禁止ロープもなければ、注意書きもありません。その気になれば硫黄のガスのただ中に突っ込むことも可能(ビビリゆえ為せず)。

麓の川湯温泉は強酸性、湯量は豊富で掛け流し。浴場には硫黄の臭いが充満、成分のせいなのか蛇口やシャワーの金属部分がガギガギに腐食していて愉快です。

+ + +

■6 900高原と塘路駅(8/24 AM10:00~11:30頃@弟子屈→標茶→塘路)

翌日は川湯温泉から一路南下、弟子屈町にある「900高原」へ。
日露戦争の遺跡みたいなネーミングですが、900ヘクタールなので900高原らしい。
途中の看板で笑ってしまった「720度の眺望」もあながち誇大広告ではないです。晴れて暖かければ最高の場所だったことでしょうね。しかし曇天で寒ければ長居もせず。

さて旅の最後の目的地は釧網線の塘路駅。この駅は駅舎が小さな喫茶店になっていて、そのマスターがいかにもアクの強いおっさんなのです。ネット上でもけっこう有名な人で、駅舎の中を撮影しようとすると怒られたりするみたい。3年前の釧路湿原探検時にはついぞ話しかけられなかったんですが、今回は意を決して声をかけることができました。これが話してみるとすんごいいい人なんだよなあ。「またお立ち寄り下さい」って言われたッス。。

+ + +

釧路空港のレストラン「エリーゼ」は、《エリーゼのために》がエンドレスで流れる。
by Sonnenfleck | 2008-08-26 06:49 | 絵日記

なつやすみのおもいで(その1)

そういったわけで昨日、2泊3日の道東旅行から帰ってきました。
途中のエントリで書きましたとおり、道東は恐ろしい寒さ。
道路に設置された気温計が示すのは「11℃」「15℃」といった数字であって、これが8月下旬の日本だろうかという感じ。実家のある秋田も十分に冷涼であったけれども、比ではない。

■1 寝台特急「まりも」 (↓8/23 AM5:30頃@釧路駅)

c0060659_620152.jpg

旅の最大の目的は、8月末のダイヤ改正によってついに道内から姿を消す寝台特急「まりも」号に乗車することでした。
3年前の8月に釧路に入ったのと同じ経路を再現。最初にして最後の再現。
そしてもちろん、中は鉄ちゃんと思われる人々で満杯なんですね。僕が乗ったのは開放式のB寝台でしたが、車内は力感と愛情に満ちておって、中には三脚とビデオカメラを持ち込み、徹夜で車窓の風景を撮影されていた方もいらした様子。。
マジな乗り鉄・撮り鉄の方たちを前にして自分のライトな姿勢を恥じ、釧路駅で「LUST RUN さよならまりも」オレンジカード3枚セットを買ったのだった。

+ + +

■2 北海道三大秘湖の一、オンネトー(↓8/23 AM10:30頃@オンネトー湖畔)

c0060659_620312.jpg

釧路からレンタカーで北上すること一時間半で、阿寒湖畔に到着。
まりもで有名な阿寒湖の傍には、「パンケトー」「ペンケトー」「オンネトー」という3つの小さな湖があります。最初の2つはかつて阿寒湖と一体の巨大な湖だったらしいんですが、最後のオンネトーだけは雌阿寒岳の噴火で川が堰き止められてできた別の沼。アクセスもちょっとクセがあるんだけど、「日本の秘境100選」に選ばれているだけのことはあって、観光地化された阿寒湖畔とは空気がまったく違う。
沼の底から温泉が湧いているらしく、そのせいか外気温11℃のわりには沼の水はあまり冷たくありません。また水質が強酸性であるために虫も魚も棲まず、それを狙う鳥も小動物も、このオンネトーの近くでは見られなかったのでした。
死んだように透き通った美しい沼地。

+ + +

■3 「ボッケ」(8/23 PM0:30頃@阿寒湖畔)

アイヌ語で「煮え立つ」という意味の、泥火山。
阿寒湖畔のゾッとしない街並みから暗い木立へ入って5分ほど歩くと、ふと現れる奇妙な風景です。写真はうっかりしていて撮り忘れてしまったけど、小さな窪地の中に文字通り灰色の泥がぼこぼこと湧いていて、この周辺だけは妙に暖かい。放出されているのはメタン?立ち入り禁止のロープがぞんざいに張られているだけなのでなかなか恐ろしい。

+ + +

長くなってきたので2回に分けよう。続きます。
by Sonnenfleck | 2008-08-25 06:21 | 絵日記

マシューの湖、マシューの伝説

c0060659_17494252.jpg

摩周湖とカムイシュ島は霧が常。
霧の立っていない湖面を実際に目にしてしまうと、結婚も出世もできなくなるそうです(その他様々なヴァリアントあり)。うひょう。
by Sonnenfleck | 2008-08-23 17:49 | 日記

道東疾走

c0060659_14314165.jpg

寝台特急まりもに乗って朝の釧路へ到着(鉄分最高潮)。レンタカーを借りて一路北上しますれば、外気温11℃@オンネトー。
これからマシューの湖へ向かいます。
by Sonnenfleck | 2008-08-23 14:31 | 日記

うたびとよ

祖母が亡くなりました。
祖母はその人生の大部分において歌人でした。

彼女は一冊だけ自伝的歌集を出しましたが、僕は今でもまっすぐに向き合うことができないのです。
孫の僕からすると祖母はいかにも老いて小さく温厚でしたが、一方で彼女の自意識にあった闇はセンチメンタルとグロテスクのないまぜ…まさしく少女のようであったのです。また本来であればそうした毒を希釈するはずの叙述上のぼやかしが、他人ではない自分にとってはあまり意味がないというのも辛い。

それでも、いくつか好きなものを選んで自分の中の区切りにしたいと思います。

●水くみて疲れし宵をポケットに忘れゐし鍵乳房にふるる
●おのづから刺によろへる海胆の殻わりてとりだす卵巣いくつ
●いちはやく遠雷の音ききとめし病母にはやき夕翳りくる
●頭を擦りて寄る飼猫の媚態などゆるして雨の一日は果てつ
●ウインドーの蛍光灯に集ひきて死にたる白蛾朝毎に捨つ
●夜に入りて雪の降る音かすかなる厨に遅きけふの灯をけす


by Sonnenfleck | 2008-08-22 06:25 | 日記

夏の夜の春夜

c0060659_7483487.jpg

ブーレーズが録音したいくつかのハルサイには、いずれも異なった味わいがあります。このフランス国立放送管盤は鋭角的とか分析的だとか言われるけど、そのまえにちょっと甘酸っぱい響きがしていて好き。

《春夜》(アルフレッド・ドゥ・ミュス)

うたびとよ、こといだけ、くちふれよ。
はつざきのはなさうび、さきいでて、
このゆふべかぜぬるし、はるはきぬ。
あけぼのを、まつやかのにはたたき、
あさみどり、わかえだにうつりなく。
うたびとよ、こといだけ、くちふれよ。


(上田敏『海潮音』拾遺)

by Sonnenfleck | 2008-08-20 07:59 | 絵日記

プーランク夏おはる

c0060659_13324971.jpg

実家に帰っております。昼日中に昼寝をしてももう汗をかきませんし、蝉ももういません。北東北はお盆を過ぎると急速に秋。

実家のLPから。
プーランクのVnソナタはメニューインの演奏が刷り込みなんです。ちょっとギコギコしてるのがいいじゃないですか。
夏休みですが、身辺がバタバタしているので少しの間更新は不定期になりそうです。
by Sonnenfleck | 2008-08-19 13:32 | 絵日記