<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

BZB

c0060659_7232078.jpg【PHILIPS/462 123-2】
<ベートーヴェン>
●Vnのためのロマンス第2番ヘ長調 op.50
●同第1番ト長調 op.40
●Vn協奏曲ニ長調 op.61
→トーマス・ツェートマイアー(Vn)
⇒フランス・ブリュッヘン/18世紀オーケストラ

久しぶりに公式新譜が出たブリュッヘン(とツェートマイアー)ですが、そのモーツァルトを聴くに先だって、10年前に録音されている同じコンビのベートーヴェンを聴いてみましょう。

このベートーヴェンはロックなのかもしれない。ロックについて何も知らない僕がその表現を使っちゃいけないんであれば、このベートーヴェンは意図的に人を苛立たせるように設計してある、と言い換えてもいい。ツェートマイアーの音は(アタックも)ガサガサというよりガギガギしています。ヴァイオリンの音がガサガサ、というのは巧まずしてそのようになるケースが多いのでしょうが、彼はもっと積極的にガギガギしている。高貴な旋律は苛立たしくもスパイシーな姿に変容して、鼓膜を心地よく突き刺します。
第1楽章のきついアタックに気持ちよく傷つけられ、なぜか取り上げられたシュナイダーハン版カデンツァに酔い、第2楽章ではまったくヨーロッパを思わせない刺激的な香りにかどわかされます(これを聴くとほかの演奏が重いチョコレート臭を漂わせているみたいに思えてくるので不思議)。そして第3楽章では爆発的な毒気にあてられる、というわけで、自分のようにこの曲の高貴さに眠気を感じてしまう聴き手にとってこうした刺激は堪りません。味覚鈍麻がナンボのものでございましょうや。

翻ってブリュッヘン/18世紀オケは?ここでのブリュッヘンはツェートマイアーへの協力体制があまりにも磐石で、18世紀オケの音もいつもよりずっと線が細く、また瞬間沸騰力が上昇している感じ。よく聴かれるような静かで厚みのある響きよりも、やりすぎてしまったときのアーノンクールのような雰囲気が少しだけあります。
それでも夜のような第2楽章の時間は独特。両端楽章はツェートマイアーに主導権を奪われても、このラルゲットだけは18世紀オケ木管隊の静謐な音が支配している。

+ + +

本日の「ハイドン・プロジェクト」最終公演を聴きにいくことはかなわないので、皆さんのレヴューを拝読して、伝説の最後を見届けたいと思います。
by Sonnenfleck | 2009-02-28 07:29 | パンケーキ(19)

考察対象についてその思考過程を複雑化させる様態

c0060659_66461.jpg

カフェのカウンターでコーヒーなんかを注文すると、よくお盆の上に、広告みたいなペラ紙が乗っかってるじゃないですか。事情によりカフェ・ド・クリエに入ることが増えたんですが、先日そこのペラ紙に目を落としたら、以下のような文言が記載されておりましてですよ。

クリエとは人生をたのしむみなさまのことです。
それがわたしたちとみなさまのいっぱいのしあわせです。
「コーヒー一杯のしあわせ」からはじまる「たくさんのしあわせ」をおとどけします。


どういう意味なのか理解できますか?僕はわからなかった。
第2センテンスの指示代名詞が「クリエ=人生をたのしむみなさま」を指しているのだとしたら、最深部に「みなさま」が棲む鏡迷宮のような構造に。ぐるぐるぐる不気味な。
by Sonnenfleck | 2009-02-27 06:07 | 日記

導火線

c0060659_6174870.jpg【Telarc/CD80642】
●ポポフ:交響曲第1番 op.7
●ショスタコーヴィチ:《主題と変奏》 op.3
⇒レオン・ボツスタイン/ロンドン交響楽団

ショスタコーヴィチに関するエントリが、近ごろ本当に減りました。2月15日のオーケストラ・ダスビダーニャ第16回定期公演にも足を運ばず(この日はブリュッヘンの公演を選んだわけであるが)、こんなことなら当ブログのご大層なドメインは返上すべきかもしれません。。興味がなくなったわけじゃない。でもなぜか、燦燦とした晴れの中で改めて向き合う気にならないというのが本音なのです。
それが先日の北海道で吹雪の中を歩いているうちに、なぜか、久しぶりに罐に火が入ったようになりました。単純にできてるねえとお思いでしょう。でも、そうなのです。彼がよく書いている深沈としたアダージョは、やっぱり北方の鋭敏な大気にさらされて出来上がったもの。あれは、色もなく、聴覚も風に遮られて、自分の境界を意識的に保たないと雪に浸食されてしまう、そういう状況下で自分の中を吟味してみた結果なのだと思う。太平洋側の乾いた冬の日光の下では、何か違うもののように響く。

で、久々にショスタコーヴィチへ帰る前に、ガヴリール・ポポフを聴きましょう。

ポポフの交響曲第1番は1935年に初演された、つまりとても微妙な時期に作曲された作品。この曲は、ショスタコーヴィチの第4交響曲と同じ意志を持っているように感じられます。狂熱的な不協和音、目まぐるしく変化する拍子、野蛮と冷笑と抒情が奇妙に同居するメロディ、こういった部分はまさしく瓶底眼鏡の人を先取りしている。ポポフはもう少しフレーズの単位が小さいけど。
さらにショスタコのほうはマーラー的な趣味に接近するため若干の表層キャラ作りに励んだ形跡があるけど、ポポフは愚直なまでに自分の内面に正直だったようです。同じような3楽章構成をとる2曲の、それぞれの第2楽章を聴くと、ポポフのほうは内部に滾っていた抒情への好みが(おそらく前述したような吟味の結果)ストレートに現れていて、実に美しく切ない。壮絶な両端楽章のみ注目されてしまうのはもったいないですし、この点においては、中期ショスタコーヴィチすら先取りしていると言わざるを得ません。

ロシア・アヴァンギャルドが最後に盛大に咲かせた巨大花。このあとのポポフは批判に抗することができずすっかりしょげてしまって、フツーの「リアリズム」作曲家になっていったようですが、それはまた今度にしましょう。
by Sonnenfleck | 2009-02-26 06:20 | パンケーキ(20)

on the air:アンドリス・ネルソンス/フランス国立管 《英雄の生涯》

c0060659_6293368.gif【2009年2月12日 シャトレ座】
●ウェーベルン:《パッサカリア》 op.1
●モーツァルト:3台のPfのための協奏曲ヘ長調 K242
→デヴィッド・ビスムス、ベルトラン・シャマユ、エドナ・スターン(Pf)
●R. シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》 op.40
⇒アンドリス・ネルソンス/フランス国立管弦楽団
(2009年2月13日/france musique 生中継)

注目のアラサー指揮者、どんどん増えていますが、最近よく名前を目にするようになったのがラトヴィア出身のアンドリス・ネルソンス。ヤンソンスに似ているのは名前だけではなくて、どうやら音楽づくりも若いころのヤンソンスにちょっと似ている。いやそれどころか、それを上回る強引豪快なセンスを持った指揮者のようです。

ウェーベルンの《パッサカリア》で聴かれる豊かな起伏。急ハンドルを切るクルマの後部座席に乗っているみたいに、音の振幅から慣性を感じます。荒削りで強引だけど、こういうのもたまには気持ちいいよね。身体を動かすのが大嫌いな人間が言うのもアレですが、いかにもスポーツ的で爽快です。響きのブレンドに関しても、中間色より原色を隣同士に置いて鮮やかなコントラストをつくるのが好きみたい。たぶんフランス国立管もこういうやり方が好き。

モーツァルトは評価が難しい。繊細優美で陰翳の深いピリオド系演奏ばかり選んで聴いていると、こういうふうに素直で元気のいいモダン演奏からは土足で踏み込まれたような印象を受けてしまう。若い筋肉と汗と白い歯が見えますが、それゆえに時おり物凄く真実味のある深い響きになっていることもあって、綾倉伯爵のようになってしまった自分が情けなくもあり。
アラサー指揮者でピリオドな雰囲気を感じさせないのは、実は珍しいような気がします。特にこうしたクリスティアン・バッハ風の作品で。

休憩を挟んで《英雄の生涯》。何やら怪気炎が上がっているぞ。。
〈英雄〉の提示から苦笑してしまう。最初のウェーベルンもそういう気配があったんですが、このネルソンスという人はフレーズを「フレーズらしく」形作るのが好きみたいで、そのためには強引なデフォルメも辞さない。あちこちでテンポの伸縮が起こり、浮き上がらせたいフレーズにはほぼ必ず前置詞として物凄いリタルダンドが用意されています。。さらにわざとらしいくらいの低音特盛までやってのけますから。。コバケンなんてこれに比べたらかわいいものかもしれない。そんな演奏です。
唸り声までコバケンを凌がんとするレベル(!)でありまして、そういったスタイルで〈英雄の敵〉〈英雄の伴侶〉が修飾されるのを聴いていますと、ハイティンク/シカゴ響がなんとノーブルな演奏であったかということまで思い至ってしまいます。
それにしても〈英雄の戦場〉のしつこいことといったら!この部分でスネアドラムや金管を前面に持ってきて極端に粘つかせると中期ショスタコみたいな味わいが出るというのがわかって、変に感激してしまった(笑) オケはよくこの世界観についてきている。。〈英雄の業績〉以降の、悪い油で揚げたアメリカンドッグみたいな様子には、この面白い指揮者の今後への期待も込めて、強くダメ出ししておきたいなあと思います。

ブラヴォとブーが飛び交う素敵なカーテンコール!
by Sonnenfleck | 2009-02-24 06:30 | on the air

特別展 妙心寺@東京国立博物館

この展覧会、ポスターのデザインがシンプルながら素敵なのです。吼える虎と金箔のイメージが正面に捉えられて、そこを細い明朝体が縦に貫く構え。それを電車の中から見ていてムズムズとし、観に行ったのですが。。
音楽会に例えれば、「レスピーギ《ローマの松》ほかという宣伝のところ、ほかにあたるダッラピッコラのオケ伴歌曲集が全体のほとんどを占めていた、という感じ。しかも肝心の「ローマの松」虎の屏風は展示期間を終えて撤収済み。。

展覧会場の半分以上にわたって、坊さま方のありがたいと思われる(しかし判読不能の)墨跡がどわあああっと並びます。墨跡リテラシー皆無の自分にとってはしまったとしか言いようがない。きっとその道の達人は、内容の判読だけでなくフォントや表具の微妙な違いを味わいきって大満足の展覧会なのだと思いますが、自分はその境地にいまだ達せず。。それゆえ後半の、俗っぽい(って書いたら失礼か…)宝物の展示に心を動かされることになります。

c0060659_6341389.jpg

鯰の曲線がエロティックな如拙の《瓢鮎図》や、狩野元信作と伝えられる《渓山間奇図》、さらにイエズス会の紋「IHS」が刻まれた銅鐘(これは萌え)などいろいろな属性をくすぐられる展示がありましたが、それらのすべてを措いても取り上げなくてはならないのは、上に画像を上げた狩野山雪の《老梅図襖》

どうでしょうこれ。展示室の曲がり角を曲がって、振り返ってこれがあったときの驚き。龍がのたくるような、明け方の森のクリーチャーのような、奇怪な梅図。
根元からすぐに左へ伸びる幹には獣の首のような力感があり、そこに生える繊毛のような葉、病による斑点のように可憐な花弁、直角に下降しては上降する末節の音程の鋭さ。。左下隅の池は乾いた血のような黒い水を無関心に湛え、トドメに黄金地の不毛な喜びが全体を覆っている。全景から細部に至るまですべてが気持ちが悪いのに、惹かれてしまう。

宣伝に使われているレスピーギを期待してはいけませんが、ダッラピッコラ、さらにアンコールに登場するノーノに打ちのめされたい方はぜひお時間を割くべきです。このあと京都→名古屋→福岡と巡回するみたい。
by Sonnenfleck | 2009-02-23 06:35 | 展覧会探検隊

顛末~イタダケマセンモス

◆2月20日(金)
18:30  同業の方から「新千歳空港は午後から全便欠航」の情報
19:40  かすかな希望を抱いて札幌駅から新千歳空港へ移動
20:00  恵庭[地吹雪:中]
20:20  ANAのちょっと偉いおねえさんから、死の宣告
20:25  前日泊のホテルへ当たりをつけて寝床を確保
21:30  ホテル着

◆2月21日(土)
04:50  起床
05:55  チェックアウト、新千歳空港行き始発に乗るため札幌駅へ移動[地吹雪:強]
05:56  横断歩道でだらしなく転倒
06:10  除雪作業のためにしばらく電車動かずとの情報
06:20  タクシーを拾う[地吹雪:猛]
06:50頃 運転手氏による以下の話を聴講
         1. クラーク博士と学生の別離
         2. 製麺史、及び味噌ラーメンの豚汁起源説
         3. 北海道開拓史(初期)
07:40  新千歳空港着、午前中全便欠航決定
       <以降、空席待ちを狙う行列。キレるおっさんにキレるまた別のおっさん等>

11:00  空席ゲットだぜ!
11:10  商魂たくましい花畑牧場の生キャラメルもゲットだぜ!
11:15  ホエー豚丼は確かに旨いぜ!
11:30  保安検査場通過、100名を超す修学旅行団とかち合う
       <以降、待合ソファで2時間待機>
14:00頃 飛行機へ乗り込む[地吹雪:強]
       <以降、滑走路の摩擦係数が規定と合わず、さらに2時間半機内で待機>
【機内オーディオプログラム クラch】(何周聴いたか?)
1. ヘンデル:《王宮の花火の音楽》~序曲 *サージェント/RPO
  →実にパッとしない。もやもや。もっといいのがあるだろうに。
2. ブリテン:《青少年のための管弦楽入門》 *ジュリーニ/PO
  →フレーズ感のはっきりとした剛毅な演奏。気に入った。
3. RVW:《グリーンスリーヴズによる幻想曲》 *バルビローリ/SOL
4. ホルスト:《セントポール組曲》~第4楽章 *マリナー/ASMF
5. エルガー:Vc協奏曲~第4楽章 *デュプレ+バルビローリ/LSO
  →久しぶりに聴いたけど、やっぱり重い。
6. ヘンデル:《アルチーナ》から *ジャルスキー+アイム/LCA
  →ANAなのにJAL好きーとはこれいかに
16:30  幸運にも離陸
17:30  サーモンピンクから蜜柑色に近づく空、紫の雲、灰藍色の富士山
17:45  羽田空港着

というわけでとてもつかれました(備忘録)
by Sonnenfleck | 2009-02-22 07:34 | 日記

白い闇

c0060659_8402012.jpg

折しも接近中の低気圧に嵌まり込んで、見事に飛行機が欠航となり札幌から帰られず。猛烈な吹雪。ペレーニのリサイタルに行けないとか言ってられなくなった。
残念なのは本日開始のLFJ先行発売を逃すことです。。

今日中に帰れるかなあ。
by Sonnenfleck | 2009-02-21 08:40 | 日記

on the air:ペレーニ+N響 第1641回定期公演

c0060659_525583.gif【2009年2月13日(金)19:00~ 第1641回定期公演/NHKホール】
●ドヴォルザーク:Vc協奏曲ロ短調 op.104
 ○アンコール バッハ:無伴奏Vc組曲第6番ニ長調~サラバンド
→ミクローシュ・ペレーニ(Vc)
●同:交響曲第9番ホ短調 op.95 《新世界より》
⇒カルロ・リッツィ/NHK交響楽団
(2009年2月13日/NHK-FM 生中継)

ペレーニを聴くために録音定期。NHKホールで聴くよりも自宅で電波を受信させた方が、きっとよく聴こえるはず。
かつてとんでもなく品のないシューマンを聴かされたことのある指揮のリッツィには悪い印象しかないのでかなり危ぶまれましたが、いやー、ペレーニの音でだいぶ赦されますよ。ブリブリの肉厚な光沢を誇るチェリストはいくらでもいると思うけど、ペレーニのように銀の音色を持つチェリストが、この楽器をこのように聴き疲れしないマットな音色で、しかも「響かせる」ことのできるチェリストが、彼のほかにどれくらいの数いるのでしょうか。
第2楽章中間部でやはりオケに汚い強奏の指示が出されていたけど(この曲はイタオペじゃない!)、その濁りの間をすり抜けて涼やかな音を維持するペレーニ。カデンツァ部分以降のしみじみとした味わいは(ここは木管陣のセンスを含めて)絶品です。

第3楽章のトゥッティは鼻が詰まってるみたいな浅い呼吸で始まりましてガックシでしたが(花粉症の季節ですからね)、途中の副主題連中はなかなか自然な佇まいで、やっぱり悠揚迫らぬスタンスのペレーニのしなやかな身のこなしとはなんとかマッチングしていました。それからこの日のコンマスがマロ氏であり、あのお方でなかったのは本当にラッキー。

アンコールのバッハではしっかりと泣かされてしまったです。これといって何か奇矯なことをしているわけではなくて、旨い根菜みたいな力強い香りがするだけなんだけど、こういうのって意外に聴けないものなのだ。本当に素敵な音色。聴けてよかった。

で、ここで聴くのをやめました。きっと後半聴いたらゲンナリするだろうから。。ゴメンナサイ。

+ + +

ペレーニ、トッパンホールでの公演はすでに完売ですが、本日夜に札幌のkitara小ホールで行なわれるリサイタルはまだ空席があって、ちょうどこれから出張で札幌に向かう僕は、、夕方から仕事があるので聴けません(泣)
by Sonnenfleck | 2009-02-19 05:46 | on the air

造園四周年/勇気を持って

c0060659_6491243.jpg頻繁に灯油販売車がやってくる。
田舎では灯油は自分でGSに買いにいってヒイヒイいいながら運んでくるものだったから、消費量も多くないのにゼータクモノメと思う。でもこのささやかなメロディととも巡ってくるクルマが、両手に食い込む18+18リットルの重さのかわりに、確かにここの冬の風物詩なのでしょう。澄ましたこの町にもようやく慣れてきました。

「灯油~****円。勇気を持ってお待ちください。灯油~」

テープのおねえさんに言われなくてもわかっている。勇気。

本日「庭は夏の日ざかり」は開設から丸4年を迎えました。毎日アウトプットする勇気を与えてくださる読者の皆さんのおかげです。これからもよろしくお願いいたします。
by Sonnenfleck | 2009-02-17 06:50 | 日記

ブリュッヘン/新日フィル ハイドン・プロジェクト 94→98→97

c0060659_73537.jpg【2009年2月15日(日) 15:00~ すみだトリフォニーホール】
●ハイドン:交響曲第94番ト長調 Hob.I-94 《驚愕》
●同:交響曲第98番変ロ長調 Hob.I-98
●同:交響曲第97番ハ長調 Hob.I-97
 ○アンコール 第98番~第4楽章
⇒フランス・ブリュッヘン/新日本フィルハーモニー交響楽団


実によかった。曲の練り上げが大変うまくいっていた。ゲネプロ時にブリュッヘンがこだわっていた箇所もちゃんと改善されてて、この日はプロジェクト中でも出色の出来だったんじゃないかと思います(残り二回行けない負け惜しみじゃないよ)。

この日の曲はしっとりとした第2楽章を持つものばかりでした。最近のブリュッヘンの好みを体感するにはうってつけであったと言えます。
最初の《驚愕》第2楽章は局所的に有名ですし、ハイドン音痴の僕もあそこの一撃に期待を込めていたんですけど、ブリュッヘンは歩みを速めてさっさと通りすぎてしまった。むしろ面白かったのはこの楽章の終結部分で、「楽しい」仕掛けで盛り上がった名残が旋律に残るところ、急に響きが色彩をなくすじゃないですか。今回はここの空虚なムードの醸成が見事としか言いようがなく、ケーキの蝋燭を吹き消した後に部屋の蛍光灯を点けるような居心地の悪さを巧妙に表現していました。あの一瞬は忘れがたい。。

ゲネプロ時、ブリュッヘンは英語だけどボソボソっとしゃべるので、彼が何を発言しているかというのはほとんど聴き取れなかったんです。でも、続く第98番第2楽章では確か「モーツァルト…」という単語が聴こえてきたのですよ。この文脈は結局謎のままですが、この楽章がどうやらハイドンにしては異例なほど(まるでモーツァルトのように!)エモーショナルな雰囲気を持っているというのは、ゲネプロで気がついたことです。ここの歌い口が実に優しく、同時に儚くてたいそうよかった。
第4楽章は渡邊氏のソロが出るまでが長い(フォルテピアノ自体は始まりからずっとトゥッティの中にいるんだけど、あの大きな編成の中ではほとんど浮かび上がってこないんですよ)。それにしても、楽章の最後へ突っ込んでいく推進力は往時のブリュッヘンそのままで、快感だったです。一番最後の渡邊氏のソロはコロコロとしてかわいらしい上に通奏低音のノリを忘れず慎ましやかで、それに先立つコンマスさんのソロのフラフラギスギスした様子とは一味も二味も違っていました。ノンヴィブラートのソロって緊張するんだろうなあ。。

休憩を挟んで、第97番の充実ぶりには驚かされました。
ほんの少しも躊躇することのない第1楽章序奏のアインザッツと、そこから開始される堂々としたステップ。いつまでも終わるようで終わらない第2楽章の夢心地。第3楽章はちょっぴり軍楽調で、それをロココな第4楽章が締める。
ゲネプロの公開部分で最も絞られていたのがこの作品でして、特に第2楽章のアーティキュレーションには何度も手が入り、旋律そのものだけでなくてフレーズとフレーズの関節部分にも細かな気配りがされておりました。1stVnから木管へ主導権が移ったり、その裏をかいてVcが浮上したり、この折り重なりが細部にわたって成立するように調整された練習の結果、驚くほど滑らかなのにきれいさっぱり脂分を落としてしまった極上の響きに。ブラヴォ。

+ + +

これにて2009年のブリュッヘン生体験はおしまい。
次は、第104番を振り終えて成田に向かうタクシーの中で「Brahms symphonies」と書かれたメモが事務局に手渡されるに一票。新日フィルならきっとやれます。
by Sonnenfleck | 2009-02-16 07:04 | 演奏会聴き語り