「ほっ」と。キャンペーン

タグ:アバド ( 8 ) タグの人気記事

さようならマエストロ・クラウディオ・アバド

Claudio Abbado dies aged 80(The Guardian, 2014.1.20)
Claudio Abbado, an Italian Conductor With a Global Reach, Is Dead at 80(The New York Times, 2014.1.20)
Claudio Abbado ist tot(Die Zeit, 2014.1.20)
Le chef d'orchestre Claudio Abbado est mort(Le Monde, 2014.1.20)
世界的指揮者のアバド氏死去(NHK, 2014.1.20)

ある音楽家の死について、いつもであれば僕はわりとすぐに平気になってしまうのだが、今回だけはだめである。この指揮者のことをどれだけ好んでいたのか、彼が永遠にいなくなって初めて理解したのだ。もう遅い。

僕がアバドを「本当に」認知したのはそんなに昔のことではない。クラシック好き後発組としてBPO治世の最後のほうをFMで聴いていたころ、アバドは遠い世界で活躍するスター指揮者のひとりであり、特段、大切な指揮者とは感じていなかった。
その認識が根底から覆されたのは、彼がBPOのシェフを辞めて自由な活動を開始してからのこと。2006年5月にマーラー室内管とライヴ録音した《魔笛》のディスクを聴いてから、アバドは僕のスターになった。

+ + +

1月20日の夜、残業を切り上げて帰宅する地下鉄の車内で、友人から届いた知らせが第一報。Twitterにあふれていく追悼の言葉。帰宅してすぐに僕は、あの魔笛を聴くことにした。この夜に聴くのはこの演奏以外であってはいけない。

アバドが彼の晩年に集中的に取り上げたモーツァルトは、どれも素晴らしかった。生のスコアが彼のなかを通ることで昇華されて、すべての音符は羽が生えているみたいに素早く、あっという間に飛び去るように価値づけられた。この陰翳と軽さはピリオド由来なのかもしれないし、そうでないかもしれない。いま、指揮者の死を知った僕の耳を通過して、アバドの魔笛はどこかに飛んでいこうとしていた。0時を回って、太陽の教団が勝利を収める。

いまの気分では、書きたい思いが全然まとまらない。
アバドの音楽をどのように考えているか、2013年7月のエントリ「天上謫仙人、またはアバドに関する小さなメモ」へもう一度リンクを張っておこうと思う。言い訳のようにして。オーケストラ・モーツァルトとのシューマン全集の完結を僕たちの想像力に委ねて、マエストロは遠いところへ行ってしまった。

c0060659_11205022.jpg
R.I.P.

by Sonnenfleck | 2014-01-26 11:33 | 日記

天上謫仙人、またはアバドに関する小さなメモ

c0060659_21563774.jpg【DGG/4791061】
<シューマン>
●交響曲第2番ハ長調 op.61
●劇付随音楽《マンフレッド》序曲
●歌劇《ゲノヴェーヴァ》序曲
⇒クラウディオ・アバド/モーツァルト管弦楽団

超ひさびさにCD感想文を書きましょうか。
僕が本当にアバドと出会ったのは、彼がBPOを辞めてからだと言える。まずマーラー室内管と録れた《魔笛》、これで完璧に心を捉えられて以降、モーツァルト管との一連の交響曲・協奏曲録音、ブランデンブルク協奏曲、イザベル・ファウストとのベートーヴェン、、心の底から素晴らしいと思える録音をたくさん聴いてきた。

ほとんどの場合、自分は拍節感がくっきりした演奏が好みである。それはただの速い遅いではなく、天界の数学があるか否か。クレンペラーもセルもアーノンクールもブリュッヘンも、みんな数学の音楽を聴かせてくれる。
ところがアバドは。
アバドのリズムは数学ではなくて詩ではないかと思う。若いころのアバドの録音はちゃんと聴いていないのでコメントできないが、いまのアバドの「秩序」は彼の呼吸と彼の歌に依拠して、まるで靄や霧が大気に漂うように即興的な流れを示す。これは本来は僕の好みから大きく外れるはずなのに、すべてが楽しい。そして、フレーズのあちこちが軽くすっ...と消える。

+ + +

交響曲第2番(まったく予想どおりだけど)クレイジィでもホットでもなく、ただゆるふわーっと始まる。
この交響曲は「シューマンの4曲の交響曲のなかでも地味」などと言われがちだけど、その実、含んでいるものが4曲中もっとも多い複雑な作品で、アバドがここで取り組んでいるのは第2番のなかにあるハイドンやベートーヴェンの明るい理性の音色を実現させることではないかと感じる。腹の底にガツンと来る拍節感や、焦燥に駆られた末の浪漫的自殺ではなくて。

よく聴いていると第1楽章の序奏こそゆるふわで始まっているが、第2楽章に掛けてタンタンタンタン...という軽いリズム構造が収斂していく様子がわかる。それを彩るモーツァルト管の明るい響き。こういう演奏を否定しがちな旧世代の評論家さんたちは19世紀前半の本質をいまだに見誤っている可能性があるので、われわれとしては可能なかぎり注意してゆきたい(もちろん周到な解釈の結果、演奏家がそこへ19世紀末浪漫のドレッシングをかけること自体は全然否定しませんし、僕はそっちだって大いに楽しむし、そんな使い分けは常識的にどんどんやればいいと思うのです)

この演奏の第3楽章には、ベートーヴェンの第9番のアダージョが遠くで鳴っている。なんという理性と平安の音楽だろうと思う。
シューマンの心の和平は保たれるのが難しいくらい微細なものだったかもしれないが、だからといってそれが無視されていいはずがないのだ。アバドの歌いかたは抑制が効いていて、たいへん品が良い。そしてリズムは「ゆるふわ」に戻っているが、それが古典性と両立するという奇跡のような演奏なのだ!

第4楽章は再びかっちりとまとまり、推進する音楽としてアバドのなかで設計されている。強すぎたり無理のあるアクセントが皆無なので、たいへん理知的で明晰な印象を受けます。シューマンがなぜこの交響曲にハ長調を選んだか、多くの指揮者は忘れているのかもしれない。大切なディスクが持ちものに加わった。

+ + +

もしこの1枚を皮切りにシューマンの交響曲全集が立ち上がるのであれば、エポックメイキングなできごとだと考える。他のひとがそう思わなくても僕はそう思う。
by Sonnenfleck | 2013-07-07 21:59 | パンケーキ(19)

最近のアバドとベルクとベートーヴェン

c0060659_20475173.jpg【HMF/HMC902105】
●ベルク:Vn協奏曲
●ベートーヴェン:Vn協奏曲ニ長調 op.61
→イザベル・ファウスト(Vn)
⇒クラウディオ・アバド/オーケストラ・モーツァルト



ベルク。
ここに刻みつけられているオーケストラの豊饒な響きに、心奪われないひとがいるだろうか?アバドが備えている緻密な色彩感覚は、今や彼の弟子筋に流れ込んで「指揮者ならこれができて当たり前」というスタンダードになりつつあると思うが、本人は78歳になってもその感覚を衰えさせないばかりか、いや増さんばかりにカラフルな音楽を生み出している。
たぶん、アバドのこうした手法はすべての音楽に平等に幅広く通用するものではなくって(それゆえこの偉大なマエストロへの毀誉褒貶は振れ幅が大きいのだろう)、しかし、はまったときに訪れる法悦は何ものにも代えがたい。

この協奏曲の第2楽章で幾度も訪れる激昂や絶叫の局面でも、オーケストラ・モーツァルトの音は驚くほど曖昧さがなく、切り子細工のような透明な色と乱反射によって響きは高次に引き上げられている。
終盤でバッハの旋律線を奏でるクラリネット隊にアバドが与えた空虚なパステルカラー。。それからあとの響きは驚くべきふわふわ時間である。色彩が触感を伴うなんて信じられますか?エロスは雲散霧消して、かわりにアガペーの暖かい光が差してくるような心地さえ。重い。アガペーが重い。

+ + +

ベートーヴェン。
この協奏曲はニ調の弾力を確実に持っているくせに曲調は起伏が少ないので、プレイヤーもリスナーも音楽の力によって逆方向に引き裂かれる。だからこの曲の演奏は至難だと考えているんだけど、アバドによって最適解がもたらされてた。

第2楽章がいい。平穏な曲調をあくまで平穏に、脱力しきって構築するアバドの秘策は、オーケストラの色彩によるセリー天国とでも言うべき手法であった。もちろん総天然色のベルクとは少し趣が違うけれども、ベートーヴェンでは同色の系統の中に凄まじく細密なグラデーションが起こり、それらがベルクと同じようにしっかりとした感触を伴っていて、ニ調の弾力をキープしている。

で、ファウストである。
上のほうでは積極的に触れずにきたが、ベルクもベートーヴェンも、彼女はこのアバドの手法にぴったり寄り添っている。すでにブリテンやプロコフィエフの実演でも体験したけれど、ごく緻密なアーティキュレーションの持ち主として、あたかも協奏交響曲の一ソリストのように違和感なく(そしてもちろん一頭地を抜けた存在感でもって!)アバドのランドスケープのなかに溶け込んでいる。上述してきたような音色世界にあっては、伴奏やソロという関係はあまり意味がなかろ。
第1楽章のカデンツァはシュナイダーハン版。

+ + +

なお、本CDはアートワークも愉快だ。ディジパックを開くと、ジャケットにも使われているクリムトの《ヘレネ・クリムトの肖像》が現れ、それをまたぽうっ…と見つめるアルバン・ベルクの横顔が見え、最後にベルクを捲ると裏側にベートーヴェンの素描が怖い顔をして待っている。
by Sonnenfleck | 2012-05-01 20:52 | パンケーキ(20)

PCを新しくするの巻:アバドのブランデンブルクとともに

このブログの1400件以上あるエントリのほぼすべてを一台で担ってきた愛機LaVie君であったが、近年は冷却ファンの音も凄まじく、「ホントにインテル入ってる?」という速度となっていたのであった。2004年生まれのHDDはいつ壊れてもおかしくないわけで、現役のうちに次の世代へとバトンタッチさせるべく、ついに跡継ぎの購入を決意。これが3月のはじめ。

思い切ってMacに戻ってしまうとか、いろいろと迷うものの、能力のわりに型落ち寸前で格安なこと、スペックそのままでTV機能を付けずに済むこと、デザインがよいことなど勘案して、VAIO F(オーナーメイドモデル)氏をLaVie君の後継に決める。カスタマイズが自由にできるのをいいことに、ちょっと贅沢なCPUを積む。
無事に配送も済み、時間のある週末にゆっくりセットアップするべいと思ってとりあえず電源だけつないで机の上で待機させていたところ、3月11日の大地震。ひとまずLaVie君をメインにしたまま、2週間が過ぎた。

ようやく身辺が落ち着いたこの週末、VAIO F氏のチューニングを行なう。
Firefoxの4.0を入れたり、iTunesを入れたり、ノートン先生を買ってきたり、いろいろとやってみて改めて氏の潜在能力の高さに驚いている。LaVie君なら息切れしてCPUがゼイゼイいう局面でも、何の苦もなくひょいと乗り越える力強さ。すげえなあ。君付けでは呼べぬこの威圧感。7年分の進化!
しかしVAIO F氏、マウスのドライバが不良で、サポートセンターに何度かお世話になる。指示を受けてとりあえずドライバをインストールし直して事なきを得たが、本当の原因はわからないとのこと。君付け降格も時間の問題か。

+ + +

ともあれ、アバド/オーケストラ・モーツァルトのブラ全で、この跡継ぎを出迎えましょう。(LaVie君はなぜかこのディスクを読み込んでくれなかったのです。)

c0060659_1241434.jpg【medici arts/2056738】
●バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番~第6番
→ジュリアーノ・カルミニョーラ(Vn)
  オッターヴィオ・ダントーネ(Cem)
  マリオ・ブルネロ(Vc)、アロイス・ポッシュ(Vl)
  ラインホルド・フリードリヒ(Tp)
  ジャック・ズーン(Fl)、ミカラ・ペトリ(Rec) ほか
⇒クラウディオ・アバド/オーケストラ・モーツァルト


ソリスト陣を列挙していくと、ピリオドもモダンも入り乱れたその豪華さに仰天せざるを得ず。アバドのカリスマに疑いを持つのが見識、みたいな風潮がヲタ界隈にあるけど、この尖ったメンツを集めて破綻させず、ひとつの軽やかな音楽に仕立て上げる能力が、どれほどの指揮者に備わっているだろう。

映像で見てみると、アバド自身はあまり強い指示を出したりすることはなくて、指揮棒を持たない両手で必要最小限のリズムを柔らか~く取っているだけなんですな。
バロックのアンサンブルは指揮者とチェンバロの乖離が起こるとかなり救われない結末が待っているのですが、ここは、あまり画面に映らず、映ってもぶすっと無愛想なオッターヴィオ・ダントーネ氏の職人芸に感服するところだろう。ちゃんとアバドのリズムに乗りながら、微細で動きの多いパッセージなどは隙間を完璧に補完してアンサンブルの箍をがっちり締めているのがよくわかる(編成が薄いブラ3とかブラ6はそれが特にわかる)

ダントーネがすっごくつまんなそうにしてソロを弾いているブラ5では、長いカデンツァにさしかかった途端、ほんのりとエロティックなアゴーギクが加わるのがギャップ萌え。ま、彼が自分のアンサンブルと出したバッハの協奏曲集は、控えめながらたしかに官能的であったからね。

さて、カルミニョーラはずいぶん大人しい。というより、アバドの音楽の中で肩肘張らずに伸び伸びと弾いている(ブラ3の第3楽章の優しいことといったらない)。いつも突っぱっている不良が、実は尊敬する先生に全幅の信頼を置いているぜ、みたいな安心感に溢れていて、ちょっとほろりとくる。いつもながら情緒的な聴き方ですんませんけど。
by Sonnenfleck | 2011-03-27 12:08 | 日記

カラダにピースフル・ワーグナー

c0060659_7521847.jpg【DGG/474 377-2】
<ワーグナー>
●歌劇《タンホイザー》序曲
●舞台神聖祭典劇《パルジファル》
 第1幕への前奏曲、第3幕からの組曲(アバド編)
→スウェーデン放送合唱団
●楽劇《トリスタンとイゾルデ》第1幕への前奏曲、愛の死
⇒クラウディオ・アバド/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

先ごろ、熱烈にワーグナーが聴きたくなって自室のCDラックを見たのですが、全曲版を除くとクナッパーツブッシュ、クレンペラー、ゴロヴァーノフ、テンシュテット、、のラインナップにうんざりして、アバドのアルバムを買いに走ったのであります。

最初の《タンホイザー》序曲からしてそれはそれは涼やかな音響が聴こえてきて、これは間違いなく自分の心性に真っ直ぐヒットする感じでありました。クレンペラーなんか「上等々々、むしろ俺様が救済してやろっか」みたいな風だし、テンシュテットは重たくてエロだし、ゴロヴァーノフはCCCP金管がきつくてそれどころではないし。
ベルリン・フィルというハイパーオケを手にしつつ、決して力押しをしないので(アバドの他の録音も総じてこういうところがあるのですが>モーツァルトの交響曲集とか)この指揮者の呼吸に合わない人はたぶん何度繰り返し聴いても受け付けないと思う。HMVの評価が微妙なのもちょっとは頷けるところですが、この、乳白色と透明感の両方を実現する音響の心地よさはかけがえのないものです。まあつまり、夏休みに氷を浮かべた薄いカルピスみたいなね。

《パルジファル》からの抜粋はさらに素敵であります。
決定的に胡散臭いテキストを自分で書いて、あろうことか思い切り官能的な音楽を付けたワーグナーの「舞台神聖祝典劇」が、聖書正典に基づくフランツ・シュミットの超真面目なオラトリオよりもずっと真摯に聴こえるのはどうしてでしょうね。晴朗なアバドの音楽づくりがそのように思わせるのか。
〈第3幕からの組曲〉は、たとえば寝しなに《パルジファル》に浸ってみたいと思うときなどにぴったりですね。鐘の音が厳格に鳴る場面はあれども、基本的には一面に花が咲いたような清冽な音楽が拾い集められていますから、ベルリン・フィルの超絶技巧によりアバドの意図した透明感が構築されていく様子を知るにはちょうどいい。どんなに衆人がアバド+BPOを貶そうと、量感もありつつ清涼感のあった彼らの音楽に僕は強く惹かれます。

最後の2トラック《トリスタンとイゾルデ》は、いまだビル・ヴィオラの水イメージに心を囚われている自分としては、ノーコメントとしか。。
by Sonnenfleck | 2009-07-18 07:53 | パンケーキ(19)

横軸誘引者

c0060659_6535476.jpg【DGG/471 624-2】
●マーラー:交響曲第9番
⇒クラウディオ・アバド/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

けっこう前からずっと聴いていて、いつか言葉が浮んでくるかなと思っていたけれども、やっぱりいいのが浮んでこない。でもこの演奏の何かに、強烈に惹かれているのは間違いないのです。

この演奏よりも激しかったり(バーンスタイン)、豊麗だったり(カラヤン)、巨大だったり(ジュリーニ)、美しさそのものにこだわりがあったり(ベルティーニ)、痩せぎすだったり(ギーレン)する演奏はぱっぱっぱっと思い浮かんでいくのだけど、どれもこの演奏には似ていません。上記のような指揮者達は、いずれも激しく・豊麗に・巨大に・美しく・響きをスマートに「しよう」という意志の力が強く漂っているように思います。

ではアバドのこのライヴ録音が意志薄弱なのかというとそんなこともなくて、主に横の方へ向かって「展開していこう」という思いが、他の録音以上に濃厚なんじゃないかと思う。この「展開していこう」意志っていうのは、芸術音楽である以上、大なり小なりそこに備わっているのが当然なのだろうから、それがクローズアップされる機会は案外ないのかもしれない(料理で例えると「出汁を取るのは当たり前」みたいなものでしょうか)。おまけにアバドの演奏に聴かれる波が押し寄せるようなフレージングはそれ自体はかなりあっさりして聴こえるから(出汁は超超超一流、味つけは極薄)、僕が手に入れたこの中古盤を叩き売った人はもしかしたら「何もしていない」ように聴こえてしまったのかもしれない。

ここがここが!と書けないのが痛いところではあるけど、あちこちの曲がり角や隘路を音響体がすり抜けるときにムリがない、そういったしなやかさが特長と言えるのです(ほとんど肥大もせず、攻撃性も持たないスリムな第3楽章に、たとえばそれは現れていると思われる)。おそらくこの特長は具体的なテンポの速さだけに結実するものではなくて、トゥッティが次の瞬間の楽句をまさに「欲する」ようにして捉まえていくというか。。それによって確かにテンポはいくぶん速くなると思うし、、本当にわかりにくく伝わりにくい類ものと思いますが、「展開していこう」意志が周囲を汚さない音楽づくりをマーラーでやってしまう、なんていうのは、アバド以外に誰が実現するだろうか。うーーん。うまく書けないなあ。けどそんな感じ!
by Sonnenfleck | 2009-05-14 06:57 | パンケーキ(20)

モーツァルトの風(その2)

c0060659_6424663.jpg【DG/00289 477 7371】
●モーツァルト:Vn協奏曲第1~5番 K207~219
●同:協奏交響曲変ホ長調 K364 *
→ジュリアーノ・カルミニョーラ(Vn)
  ダニューシャ・ヴァスキエヴィチ(Va*)
⇒クラウディオ・アバド/モーツァルト管弦楽団

交響曲集のほうではモダン楽器を使っていたモーツァルト管ですが、こっちではピリオド楽器を使ってるようで、ピッチも低い。
アバドのモーツァルト観が如実に刻まれて「静か」であった交響曲の演奏に比べると、カルミニョーラのセンスを尊重しているためか、少し享楽的な雰囲気になっている気がします。まあモーツァルトのVn協奏曲ってもともとそういう感じだしね。

1773年の第1番、そして1775年に一筆書きのようにして作曲された第2番から第5番、これらの作品の中では《軍隊》と名前が付くこともある第4番ニ長調 K218を偏愛してます。

そんなミリタリー式第1楽章が、ソリストもオケも互いに距離を測っているような硬さを残して演奏されたので少しがっかりしたんです。カルミニョーラのソロはここでは几帳面な曹長タッチですが、どーもトゥッティがそこへ無理に張り合おうとしているような感じで。
このままだとヤだなあと思っていたところ、第2楽章から様子が激変。曹長さんが一気にフェーズを下げてトゥッティに歩み寄ったんです。引っ張るソロから従うソロへ変わった短いカデンツァの直後、ほとんどエスプレッシーヴォというくらいの物凄い弱音とともに神秘的な瞬間が訪れる。これはアバドの差し金だ!すべては棒を振っていた連隊長殿の掌の上の出来事だったんだなあ。涙が出た。
かくして和やかな第3楽章に立ち昇る、カルミニョーラの美しい重音。

ピリオド楽器のワイルドさを利用した《トルコ風》からは、アバドとカルミニョーラのセッションの様子がいかにも伝わってまいります。この極度に描写的な音楽を聴くと、モーツァルトもバロックから地続きなのだということを意識しないわけにはいきませんが、(たぶん)現在のアバドが心の底に抱えているモーツァルト観からは地続きじゃないよなーこれはー。カルミニョーラに付き合ってる感じがしないではない。

一方で「もうバロックとは違う」と宣言する協奏交響曲の壮大なスケール。厚みを増し柔軟に動き回るモーツァルト管の上でカルミニョーラも全力投球の感あり。ヴァスキエヴィチのVaはにゃんにゃん響くので嫌悪感を持つ人もいるかもしれませんが、トゥッティを切り裂いてダンディなソロVnと渡り合うんだからこれくらい突飛な音色でもいい。
2丁のソロ以上に木管群が感覚的な第2楽章。オトナの音楽だね。
by Sonnenfleck | 2008-08-11 06:50 | パンケーキ(18)

モーツァルトの風

c0060659_6505031.jpg【DG/00289 477 7598】
●モーツァルト:交響曲第29, 33, 35, 38, 41番
⇒クラウディオ・アバド/モーツァルト管弦楽団

2006年に発売された《魔笛》を聴いて、アバドのモーツァルトはもう一小節一音符も聴き逃せないなーと思ったんです。
そしたら今年に入って、ARCHIV名義で(!)交響曲選集とVn協奏曲全集が発売されるというアナウンスがあったもんですから、指折り数えて発売日を待ちましたよ。しかもアバドの言うことに完全に従って演奏すると思われる「彼の」オケを使ってです。これは期待するなと言うほうがおかしいというもの。

しかしこれは、、聴いていてちょっと切なくなった。初めは。
指揮者の存在はもう霞のように消えかかっていて、流れ出てくる音楽はあくまで楽譜そのものの純粋なエッセンスのみという感じがするんです。確かにディテールはピリオドの方法に立脚しているから、どの曲でも(アーティキュレーション上の)瞬間的な沸騰が聴かれはするし、足回りも軽快ではあるけれど、指揮者の「表現する欲望」みたいなものが微弱で、もはや僕には感じ取れません。いや、そんなレベルはとっくに超越して、音楽だけが「ありてある」。

老いたイタリア人庭師が、人生の夕暮れどきに辿りついた境地―これはどのような技巧に従ってどのように木を刈り込むかではなく、周りに吹いている薫風をいかに捉えて、いかに葉末を震わせ、いかにそれを受け流させるか、そういうことじゃないかな。
水面を渡り、木々を撫で、何かに触れて何かの形を変化させることで風は存在をこちらに示すわけですが、風をすべて受け止めるほどの巨大な風車や、あるいは風を人工的に作ろうと思い上がった扇風機が風景に点在するなかで、マエストロアバドが手入れをした木々はまったく個性的には見えないかもしれません。でも彼だけが風を読んでいる。確実に。

史上最も静謐に始まる演奏と確信できる《ジュピター》もいいんですが、第29番は特に力が抜けきって素晴らしい。イ長調の幸福感「だけが」残る。
by Sonnenfleck | 2008-06-10 06:54 | パンケーキ(18)