タグ:ガッティ ( 5 ) タグの人気記事

ガッティ×モリーニ|未出版作品集”アッシジのコレッリ”世界初演@白寿ホール(11/21)

長い文章は書かずにいると書けなくなるなあと思った12月でした。すべての出来事や思いが140字に収まるわけがないのだ。

この11月、敬愛するヴァイオリニスト、エンリコ・ガッティが5年ぶりの来日を果たしました。まずはその初日、何とコレッリの未発表曲の世界初演という前代未聞のプログラムを聴きに行ったのであります。

+ + +

c0060659_9392733.jpg【2013年11月21日(木) 19:00~ 白寿ホール】
<コレッリ没後300年記念>
●アッシジのソナタ第1番ニ長調
●アッシジのソナタ第2番イ長調
●アッシジのソナタ第3番ニ短調
●アッシジのソナタ第4番ハ長調
●アッシジのソナタ第5番イ短調
●アッシジのソナタ第6番ト長調
●ソナタニ長調 anh.34
●アッシジのソナタ第7番ヘ長調
●アッシジのソナタ第8番ハ短調
●アッシジのソナタ第9番変ロ長調
●アッシジのソナタ第10番ト短調
●アッシジのソナタ第11番ホ長調
●アッシジのソナタ第12番イ長調
●ソナタイ長調 anh.33
●ソナタイ短調 anh.35
 ○ソナタニ長調 anh.36~Allegro
 ○アッシジのソナタ第8番ニ長調~Allemanda (Presto)
 ○ソナタヘ長調 op.5-10~Preludio:Adagio
⇒エンリコ・ガッティ(Vn)+グイド・モリーニ(Cem)


コレッリ農園の若い果実が、12個並んでいる。種類はすべて異なる果実。
ネットで子細は調べてもいまいちよくわからないのだけど、この12曲のVnソナタは10代後半のコレッリがボローニャで作曲し、アッシジの聖フランチェスコ教会の図書館に収蔵されていたらしい。
プログラムノートの寺西肇さんの記述をそのまま援用していくと、ガッティはこの手稿譜を注意深く校訂し、今回ようやく演奏可能な状況にこぎつけたとのこと。11月29日-30日にコレッリの生地・フジニャーノで開かれた学会で演奏される予定だったので、この11月21日の東京公演が本当の世界初演だった模様。

12個はいずれも、やがて成熟してのちの作品5に到達する道筋を示していた。旋律の運びはいかにもコレッリ好みで、平明と緊張を行き来しながら小体な世界を形成しているのであります。
ただ、技法が発展途上であるがゆえの未成熟な青臭さは、そのコレッリらしい小体な世界に少ない分量ながらも確かに混在していました。後年であればもっと自在に展開して広がるはずのメロディがすとん…と切れてしまったり、継ぎ目が不自然だったり、フレーズの形に少し無理があったり(ただ、第5番イ短調の妖しい旋律運びなどはコレッリ以前の世界をよく伝えていて、単なる若書き以上の煌めきを放っていた)

もちろん、こうした青い苦さはコレッリの成熟の土台になっているのだろうけれども、そのことを逆に強く印象づけたのが、一緒に演奏された「作品5には入らなかったソナタ」と、アンコールで取り上げられた作品5-10なのであった。

出版されたものの、作品5の12曲には組み入れられなかった3曲のソナタ。これらはあり得たかもしれない作品5のパラレルワールドとして十分な完成度を誇り、若書きの味から苦みやえぐみだけが注意深く取り去られているのがわかる。

しかしどうだろう。作品5-10のプレリュードの完熟した味わいは…!
その第一音から、黄金色の蜜が小さなホールをなみなみと満たしていく。装飾が丁寧に施された旋律線、その甘美にして健康な蜜の味わいに聴衆が息を呑む。ガッティのボウイングが余韻を完璧にコントロールして蜜が消え去ると、皆、痺れ薬から覚めたかのように震える溜息を吐いて、やがてじわじわと拍手が高まっていく。青い果実の酸味に慣れていた数十分の最後に、とどめの蜜なのであった。
なおこの日の装飾音はガッティ不滅の名盤とは少し違って、ちょっと爽やかテイストだったことを書き添えておきたい。

+ + +

エンリコ・ガッティは、僕がこの世の中で最も尊敬する音楽家のひとりなのですが、ついにこれまで生で体験することができずにいた。
2008年の「目白バ・ロック音楽祭」(これがもし続いていたら、首都圏の初夏はずっと薫り高いものになっていたでしょう)で来日して以来、ガッティはずっと日本には足を運んでくれなかったのだった。

初めて生で聴くガッティの音色は、もちろん録音で慣れ親しんできたとおりのフルーティな甘みを誇っていて、最初の調弦からして芳醇な香りがする。
ところがよくよく聴いていくと、そこには甘みだけではなくて、ハーブのような複雑な野性味がひとつまみ加えられているのがわかる。ボウイングの微かな加減によってこのビターな味わいが存在しているようです。

さらに、今回たいへんに驚きかつ心を揺さぶられたのは、彼の音色が燦燦と輝く太陽のような開放感を伝えてきたこと。密室の悦楽、室内の妖しい遊戯である後期バロック音楽のその入口に、燦然と輝く太陽!コレッリの音楽に「絶対的に不可欠な」強い陽光を、僕はついに聴き知ったように思う。
by Sonnenfleck | 2013-12-23 09:43 | 演奏会聴き語り

BA-GA-C-TTI-H

c0060659_70188.jpg【GLOSSA/GCD 921204】
<バッハ>
●Fl協奏曲ロ短調(フランチェスコ・ジメイによる再構成)
●三重協奏曲ニ長調 BWV1050a
●管弦楽組曲第2番ロ短調 BWV1067
⇒マルチェロ・ガッティ(Ft)
→エンリコ・ガッティ(Vn)/アンサンブル・アウローラ

イタリアのヴァイオリン音楽の化身みたいな人たちが、アルプスの北のバッハ道場を破りに、三重協奏曲(ブラ5、の初稿ですね)と管組2番という、およそこの作曲家の中でも一二を争う有名人気作品をぶつけてきました。そこへ、ソロFlつきの既存のカンタータ3曲から再構成された「新」Fl協奏曲@ガッティ弟のトラヴェルソ、と来るから期待は高まる。

ところがですねえ。このバッハがどことなくよそよそしいというか、もどかしい。
バッハのスコアってやっぱり最高度に込み入っているのだ。
蜂蜜系のほのかな甘みを含んだ美音、絹のように柔らかい歌い回し、コレッリやタルティーニで(あるいはヴィヴァルディでも)活きたガッティの特長は相変わらず太陽のように発散されている。けれどもそんな光線でさえバッハの楽譜を透過するのは難しく、まっすぐには届かない。ちょうど深い木立の中にいて稀にキラキラっと梢から陽光が差し込むけど、下生えは依然として暗いと。そういう感じなのです。

確かに、このディスクの主役はマルチェロ・ガッティのトラヴェルソだから、エンリコ兄貴の演奏に過剰なクローズアップを掛けるのはムリがあるんです。それはわかっているが、ところどころ聴かれるエンリコ兄の美音に電撃的な震えが来る以外は(自然なフレージングは評価するけれど)アンサンブル・アウローラは至ってフツーだし、マルチェロ・ガッティはフツーのトラヴェルソ吹きなのです。
アンサンブル造形のどの部分までエンリコ・ガッティの音楽が反映されているのか、よくはわかりませんが、管弦楽組曲の抑揚がややギザギザしているだけで、ロ短調の協奏曲もブラ5(初稿)も平明…しかしその平明さが必ずしもすべてプラスには働かないのが、たとえばコレッリとは異なるバッハの恐ろしいところなのだとも思う。ある種のピースフルな平明さがガッティをガッティたらしめているだけに、、ね。。

僕は(アンサンブルとして聴くと)ごくフツーだなあと思われたけれど、人によっては高度に統率されて「フツー」に聴こえる凄まじい演奏と捉えるかもしれないし、バッハの小節線の間隙からエンリコ兄貴の音に焦点を合わせられる人は、これまでのディスクと同じように味わうことができるかもしれない。僕がいちばん積極的に楽しめたのは三重協奏曲の第3楽章や管弦楽組曲の〈ロンド〉でした。
by Sonnenfleck | 2008-11-24 07:05 | パンケーキ(18)

これは塩スイーツではないか。

ここ数日、なぜかPINGが飛ばなくなってますが、ちゃんと更新しとります。。

c0060659_723440.jpg【ARCANA/A406】
<モーツァルト>
●Vnソナタ集(マンハイム・ソナタ)K.301-306
●《羊飼いの娘セリメーヌ》による変奏曲ト長調 K.359
●《ああ、私は恋人をなくした》による変奏曲ト短調 K.360
⇒エンリコ・ガッティ(Vn)+ラウラ・アルヴィーニ(FP)

いつも拝見してるブログの皆さんが着々とガッティ新譜を入手されている中で、僕はあえてこのモーツァルトを取り上げてみましょう(金欠)。

バロックからはみ出したガッティを聴くのは初めて。
流れ出てくる音はいつものガッティ節そのままです。蜂蜜がとろりです。
生理的に好んでこの音を聴いている者からすれば、予定調和の安らぎが得られていつもどおりのトリップへまっしぐらですが、様式感を優先される方は「コレッリとモーツァルトで同じ音かよ」って思われるかもしれません。僕はそれでも全っ然構いませんけどね。

さて古典派です。聴きなれたコレッリの作品5と比べてどうなのか?
あのコレッリ(そしてヴィヴァルディの第1弾のほう)におけるガッティは、「従えてる」感が強い。「旋律楽器⇔通奏低音」という、作品がもともと備えている図式以上に、この人は主役なんだなあと感じさせる何かがあるのです。
特にコレッリなんかVnとBCの音量レベルをわざわざ対等にし左右に割り振って音場を作ってあるのに、聴いているうちにいつのまにかVnが他を食うというか、Vnを核にして一極に統合されてしまうというか、そういう強力な引力が働いているように思う(感覚的な書き方ですが)。

ところがモーツァルトではフォルテピアノが通奏低音ではない。
とすると、アンサンブルは上下関係ではなくて横方向のパートナー関係になる。これが意外に重要で、つまり僕としては初めて、ガッティがアンサンブルの主導権を譲り渡そうとする場面を聴くことになるわけです。…ですが
主導権譲り渡せてません。なんとモーツァルトでも「どソロ」だったのです。
ユニゾンはもちろん、フォルテピアノが主旋律の場面でも、Vnがすべてを食う。
むしろフォルテピアノの丸っこくてつぶつぶした音が(Vc+Cemの通奏低音に比べると)やや強い刺激となって、伸びやかなVnの音を却って引き立たせる。ちょうど塩の効いたチョコやプリンが独特の甘さを発揮するように。。

6曲の中で最も長大で享楽的なニ長調 K.306が、まず良いです。楽しくて気持ちいい。
そして、「曰く母親を亡くした悲しみが、、」とかいうホ短調 K.304が渋い甘みに変換されていく様子については、喝采を叫ばずにはいられません。さしずめ焦がし塩キャラメル。
by Sonnenfleck | 2008-03-12 07:03 | パンケーキ(18)

目白バロ←遠きにありて思ふもの。

c0060659_6474847.jpgいつもお世話になってるブログの皆さんが(ホントに「皆さん」が!)、日曜日の午後に立教大学へ集結されて、ガッティのリサイタルを聴いていらしたようで。。率直に言って大変悔しいであります。僕の趣味嗜好から言えば、ラフォルよりもこっちを優先させるべきだったのではないか…。

そんなわけで昨夜はひとりバ・ロック。詮無し詮無し。
ご多分に漏れず、初ガッティはこのCD「L'ARTE DEL VIOLINO IN ITALIA 17 e 18 SECOLO VOL.1」。これを手に入れたのはずいぶん前のことでしたが、ここに収録されている17世紀の作品というのはこちらの侵入を易々とは許さないために、いつまでも新鮮なまま僕の前にいてくれます。
ガッティの「フルーティー(マルC kimataさん)」な音はここですでに開陳されていて、若くて実の引き締まった林檎をしゃくしゃくと齧るようなあの生理的な快感は、他のバロック・ヴァイオリニストからは感じられない要素なんですよねー。
カルミニョーラなんか肌触りは一見似ているけど、彼の音は繊維質ではなくたんぱく質な何かであり、これは果物の瑞々しさと肉の瑞々しさの違いなのかなと思う。このやり方で例えると、ポッジャーは植物性たんぱく質的な安心感があるし、マンゼときたら…彼は超高級ビタミン剤だろうか…)。

いみじくもmarutaさん、そしてさわやか革命さんが触れておられるとおり、このCDには例の「生きながら伝説になったコレッリ」とは趣きの異なる、ガッティ好みの佳品が(控えめに)置いてあるだけ。どれも親しみやすい曲ばかりかというとそんなこともないのだけど(千変万化するウッチェッリーニの表情には困ってしまう)、昨日の夜はメアッリ《ラ・カステッラ》が胸に沁みました。こうやって上に立ち昇っていくような旋律はガッティの十八番。。
by Sonnenfleck | 2007-06-07 06:48 | パンケーキ(17)

ガッ帝がしろしめす。

c0060659_6492154.jpgエンリコ・ガッティとアンサンブル・アウローラによる、ヴィヴァルディのVnソナタ作品2。買いました。
…これは、
バロック好きは聴かずば一生の損
そういう演奏がまたひとつ出てきてしまったな。。

「ヴィヴァルディ的なもの」がちょっと苦手な僕は、いくら若書き、いくらガッティとはいえヴィヴァルディだなあ…ということで、毎回拝見してるブログさんたちが絶賛してるにも関わらず、実は購入するのを躊躇してました。ヴィヴァルディよりヘンデルのトリオとか録音してよ、と思ったわけです。

しかし今回は、店頭の試聴機の前に立って三角のPLAYボタンを押すなり、耳を奪われて動けなくなってしまった。。震えが来るような擬コレッリ的マチエールを、蜜がとろりと滴るような美音で描いていくガッティ。。意表をつくような装飾は出てきません。出てきたとしてももう装飾なんてどうでもいい。
家に帰って、ビニルを破って、ヘッドホンをかぶって聴きますと、ガッティの音の美しさにさらに磨きがかかったらしいことに気づきます。神の右手だ。誰も敵わない…。

舞曲楽章で拍を支配してソロを自由に遊ばせるのが、アンサンブル・アウローラによる3人体制の通奏低音。Vnソナタでリュートとチェンバロが両方いると大抵はうるさいのだけど、彼らがまったく喧しくないのもこの録音のミソであります。まさに「イタリア系攻めのBC」に対するカウンター攻撃ですね。落ち着いた関係から醸成されるアダルトな響き。

ところで第9ソナタのガヴォッタ、、ヘンデルのトリオ・ソナタ作品2-2のアレグロに酷似です。空似とかそういうレベルではないので、出版年が後のヘンデルがパクったとしか思えませんね。…したがってドラクエ5の戦闘シーンのBGMにも似てます(笑)
by Sonnenfleck | 2007-02-01 06:51 | パンケーキ(18)