タグ:トルストイ ( 1 ) タグの人気記事

検索文字列は<チャイコフスキー -ピョートル>

c0060659_6484044.jpgショスタコーヴィチのお弟子さんの中では、保守的な作風で知られるボリス・チャイコフスキー。彼が音楽院時代に作曲した交響曲第1番を含む、初期作品集がNaxosからリリースされました。

スヴィリドフやヴァインベルクよりは一回り若く、ティシチェンコやシュニトケよりは一回り年配。1925年生まれのボリチャイが22歳のときに書いた交響曲第1番は、響きの肌触りこそ師匠の第8交響曲に似ているものの(盛り上がりに伴って打楽器を「枠」として付加し、テクスチュアを固めていくやり方なんかはそっくりすぎる)、第1楽章で旋律的な抒情をばっさりと切り捨てたそのシリアスさにはちょっとビビリましたね。しかしここまでは中期ショスタコの「英雄的な文脈」の中。
ところが第2楽章の木管属に、ネオン街のように不健康な旋律が突然現れます。ショスタコなら「本気を出して」かっこよく疾走させちゃうところで、末生り瓢箪のようにヘロヘロといじけたスケルツォを書いてしまう…。これが独特の才能でなくてなんだというのか。
第3楽章ラルゴは沈んだ雰囲気ながら響きが薄く、全然心がこもってなくて面白い。
第4楽章アレグレットになっても、人を小馬鹿にしたような脱力パッセージの応酬。盛り上がるかと思ったら盛り上がらず、いつまで続くのかなあと思っているといきなりペッとコーダが付いて終わってしまう。実に変な才能であります。もし1947年にこれを発表していたら、翌年のジダーノフ批判ではボリチャイも槍玉に挙げられていたことでありましょう。。
セーロフ/ヴォルゴグラード・フィルも、味気ないくらい整然とした演奏。

カップリングの組曲《舞踏会のあとに》は、レフ・トルストイの短編『舞踏会のあとに』をラジオ劇にした際の劇伴らしいです。この短編、ロシア語を勉強したときのテキストだったのでなかなか懐かしい。「惚れた娘のオヤジが残酷すぎてマジ引いたわ」という軽いお話だったはずなので、交響曲とはまったく方向の違うライトな雰囲気にも納得です。でもちゃんと第6曲《行進曲》にグロい旋律を当ててるのが鋭いなあ。

なお非常にインパクトのあるジャケットですが、作曲家の持っていた白黒写真にわざわざ彩色したものみたいです。このへんも脱力するポイント(笑)
by Sonnenfleck | 2007-05-31 06:49 | パンケーキ(20)