タグ:大野和士 ( 3 ) タグの人気記事

2013年感想文まだで賞(上)慶應リュリからブロムシュテットのブラームスまで

音楽会の感想文はこのブログの主たるメニューであるが、もう全然書けてない。溜まりに溜まってもう首が回らない。2013年分はここらでご破算としましょう。

+ + +

◆慶應義塾大学コレギウム・ムジクム合唱団・古楽アカデミー演奏会
【2013年1月5日(土) 18:30~ 慶應義塾大学・藤原洋記念ホール】
●シュッツ:《宗教的合唱曲集》、《シンフォニア・サクラ集》より*
●ハッセ:《クレオフィーデ》序曲ニ長調
●ヴィヴァルディ:4Vnのための協奏曲ロ短調 op.3-10
●ムファット:《音楽の花束》第1巻より組曲第6番ホ短調
●リュリ:《ロラン》~第4幕最終場・第5幕*
⇒佐藤望/慶應義塾大学コレギウム・ムジクム合唱団*
⇒石井明/慶應義塾大学コレギウム・ムジクム・古楽アカデミーオーケストラ


慶應の教養のいち授業として発足したコレギウム・ムジクム。その合唱団とオーケストラの初めての大規模合同演奏会。
曲数が多すぎて明らかに練習の足りていない作品もあったのだけど(3-10とか)、最後のリュリ抜粋で帳消しかと思う。驚くべきことにちゃんとリュリの舞台上演なのだった。バレエもパントマイムも、合唱もオケも、照明も字幕も手作り。バロックの演奏実践は音程より発音・フレージングが絶対条件になると考えていますが、この点ではオケも合唱も相当に訓練されていた。ただの総合大学の教養の授業で、よくここまでマニアックに仕上げたなあと素直に驚いたのだった。

※ちなみに年末年始にはコジファントゥッテを上演してしまうみたい。行かれないのが残念。

◆大野和士/水戸室内管弦楽団 第86回定期演奏会
【2013年1月13日(日) 18:30~ 水戸芸術館コンサートホールATM】
●ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 op.22
●ブリテン:《ノクターン》op.60
→西村悟(T)
●シューベルト:交響曲第6番ハ長調 D589
⇒大野和士/水戸室内管弦楽団


大野さんのブリテンが聴いてみたくて、初の水戸遠征となった。
前半の《ノクターン》ではあの素敵なホールの親密さがぐるっと反転、寒さと孤独と夜の気配が空間を満たして、忘れられない藝術体験になってしまった。振り返ってみると10月のギルクリスト+ノリントン/N響よりさらにきめ細やかな残忍さが全体を覆っていたように思う。西村さんの声質も、バボラークのホルンも、アルトマンのティンパニも、みな冷たく光っていた。

後半、凍りついた心胆を再び温め直してくれたのが、シューベルトの第6。マエストロ大野のシューベルトはまるでロッシーニみたいに、楽しいものも、きれいなものも、美味しいものも、気持ちのいいものも、全部ぎゅうぎゅうに詰まった幸せ空間であった。第4楽章を聴いていてどんどん頬が緩んできたのを覚えている。

この夜、帰りのフレッシュひたち号でNHKスペシャルのダイオウイカを見逃したことを知る。ノクターン第2曲のクラーケンが脳裏に浮かぶ。

◆東京春祭 ストラヴィンスキー・ザ・バレエ
【2013年4月14日(日) 15:00~ 東京文化会館】
●《ミューズを率いるアポロ》
→パトリック・ド・バナ(振付)
⇒長岡京室内アンサンブル
●《春の祭典》
→モーリス・ベジャール(振付)
⇒ジェームズ・ジャッド/東京都交響楽団


控えめに言ってうーん…という感じ。自分はバレエ観者にはなれないかもしれないなと改めて思ってしまった。
能や歌舞伎からのエコーで今回のような振付のバレエを見ると、「ルールなんかないのサ!」というルールに縛られてるようですこぶる窮屈に感じる。びょんびょん飛んだり跳ねたりするモダン振付バレエの身体性が、能や歌舞伎ほどには納得できない。いやまったくすとんと落ちてこない。ギチギチのルールの中で身体を満開に咲かせている日本の劇作品のほうが、端的に言って好みなんであるよ。

でもそれゆえに、古典的な振付のバレエをちゃんと観なければばならない。くるみ割り人形とか。

◆ヘレヴェッヘ/コレギウム・ヴォカーレ+シャンゼリゼ管弦楽団来日公演@所沢
【2013年6月9日(日) 15:00~ ミューズ所沢】
<モーツァルト>
●交響曲第41番ハ長調 K551《ジュピター》
●《レクイエム》ニ短調 K626
→スンハエ・イム(S)
 クリスティーナ・ハンマーストローム(A)
 ベンジャミン・ヒューレット(T)
 ヨハネス・ヴァイザー(Br)
→コレギウム・ヴォカーレ・ゲント
⇒フィリップ・ヘレヴェッヘ/シャンゼリゼ管弦楽団


初めての生ヘレヴェッヘで嬉しい。
まず前半のジュピター、アンチ通奏低音な演奏実践にすごく驚いたのを覚えている。指揮者を含めて誰も(低弦やファゴットでさえ!)リズムに責任を持っていないように聴こえるんだけれど、しかし中音域にコアのあるオケは、清涼な小川のようによく横に流れてゆく…。これは実践の文法が違うだけなのだね…。いま思い出してみても特異な演奏だった。面白い。

そして後半のレクイエム。これは別次元の名演奏だったと思う。
前半、ヘレヴェッヘが何を指揮しているか自分にはよくわからない局面も多かったのですが、後半にコレギウム・ヴォカーレが入って、あれは声を最上位に置いた指揮なのだと確信。ヘレヴェッヘの両手は合唱とぴたり、、声が拍節を支配しているのだよねえ。声はヘレヴェッヘにとって旋律であり拍子であり和音なのだなあと改めて感じたのだった。

◆沼尻竜典/東京トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ 第64回定期演奏会
【2013年6月30日(日) 15:00~ 三鷹市芸術文化センター風のホール】
●プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調 op.25《古典》
●ショスタコーヴィチ:交響曲第14番 op.135
→黒澤麻美(S)
 デニス・ヴィシュニャ(Bs)
⇒沼尻竜典/東京トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ


武蔵野でひっそりと執り行われた演奏会だったけれど、実は日本のショスタコーヴィチ演奏史上、決定的な名演のひとつだったのではないかと思う。からっとドライ、喉ごし鮮烈、、からの、、深い闇。抉られる日曜の午後。指揮者もオーケストラも歌手もお客さんも、あの小さなホールごと闇に沈んだ。
今日の日本でもまだ、演奏することに価値があるように思われがちなショスタコの第14交響曲に、沼尻さんはちゃんと第5や第10と同じ「交響曲」としてメスを入れていた。演奏で精一杯、なんていう時代はもうお終いにしよう。この交響曲では比較的単調になりがちな響きの色づけ、特に弦楽器のアーティキュレーションを丹念に見直すことで、フルカラーのショスタコーヴィチが眼前に現れて、、そして第11楽章のв нааааааас!!!!!!!の絶叫とともにホール中の照明を落とした。

若くて主張のはっきりしたTMPの巧さと、彼らをキレよくドライヴしてゆく沼尻さん。前半のプロコフィエフの第1交響曲もたいへん好みで、この作品のライヴであそこまで納得がいったのは初めてだと思う(プロコの古典交響曲は極めて難しい作品だと僕は考えてる)。あちこちでぶつかり合い反応し合うフォルムによって、ホール中に色や形が散乱していた。実に気持ちよかった。

◆ブロムシュテット/N響 第1761回定期公演
【2013年9月21日(土) 18:00~ NHKホール】
<ブラームス>
●交響曲第2番ニ長調 op.73
●交響曲第3番ヘ長調 op.90
⇒ヘルベルト・ブロムシュテット/NHK交響楽団


先日、Eテレのクラシック音楽館でも放送されたので、多くの方がご覧になったのではないかと思う。言葉には尽くせない稀代の名演奏だった。

前半の第2番では第2楽章の艶と照り、第4楽章の爽快な爆発が印象に残る。こういう演奏をいまでも自在に繰り出すあの老人には心から敬意を表したい。何なんだろう。すごい。
後半の第3番は第3楽章がばらっとほどけて始まったんだけれど、風で揺れる梢が、瞬間的に途方もない複雑性を獲得するような感覚を受け取った。これまでブラームスでは体感したことのない不思議なマチエール。ブロムシュテットはブルックナーでもときどきこういう「自然のような複雑性」を花開かせたりするので、今回も何らかの事故ではなくああいう設計だったと考えている。

+ + +

(下)に続く。
by Sonnenfleck | 2013-12-28 11:50 | 演奏会聴き語り

大野和士/ウィーン響のウィーン・プログラム@オペラシティ(5/18)

c0060659_1118977.jpg【2013年5月18日(土) 18:30~ 東京オペラシティ】
●シューベルト:交響曲第7番ロ短調 D759《未完成》
●マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
○シュトラウス:ワルツ《春の声》op.410
○同:ポルカ《トリッチ・トラッチ・ポルカ》op.214
○同:ポルカ《雷鳴と電光》op.324
⇒大野和士/ウィーン交響楽団


1月に水戸で聴いた大野さんのシューベルトがたいへん好くて、その勢いで買ってしまった本公演のチケット。しかしこの週に開かれた大野/ウィーン響のほかのプログラムの出来に対して、ネット上で続々とあがる非難の声たち。果たしてどうなってしまうのか。かえってすごく楽しみになってしまった音楽会。

+ + +

オペラシティっていまだにどこに座ったらいいかよくわからないんですが、この日は3階R1列目、舞台の真上の席をゲット。Rからだと指揮者とコンマスのやり取りが明確にわかるんだけど、他の公演で言われていたような、オケ側の著しい不服従は、少なくともこの日は観測できなかったのだった。そりゃー1stVnの後ろのプルトとか全然やる気ないテキトーなボウイングだったけれど。

ウィーン響のアンサンブル能力はすごく低いというわけでもない。汚く濁っているわけではないが独特の曇った響き、ごく甘いピッチ、奇妙な音の木管隊。そして(これがもっとも強烈なんだが)あの謎の自信、あの発音の強気さ!俺たちがクラシック!(ドヤァ)という振舞い。いやー味わい深いよね。しかしあれに10,000円以上払うのは癪だ。

+ + +

アクとクセと澱みと自信過剰に満ちたウィーン響を前にして、大野さんはどんな音楽をやる?可笑しいことに大野さんのマーラーは、これがまた、オーケストラに負けないくらい自信たっぷりで、そして圧倒的に「変」だった。

大野さんのマーラーは「うた」しかないキメラなのだ。その瞬間瞬間の主旋律を(あるいはメロディではない経過句ですらメロディとして)どんどん選びとり、べろべろと舐め回し、むしゃむしゃ噛み砕いて自分と同化させてゆく。
これはヴェルディとマーラーのハイブリッドみたいなものかとも一瞬思ったけど、そんな生やさしいものではない。こんなにメロディしかないマラ5を、僕は全然聴いたことがなかった。

この「メロディしかない戦法」は、マーラーの5番目の交響曲では本当にぎりぎりのところで成立するかしないか、というやり方と思われた。
あるメロディnを、それ自体を流麗にしつこく細やかに猛々しく歌うことについて、オケに対する大野さんの指示は実に明瞭で、解釈者としての自分はこうやりたい!という音楽が客席にもはっきりと伝達されてきた(ちなみに大野さんの歌の感覚は「ベタ」で、そしてその「ベタ」は自分にとっても気持ちよくなじみ深いもので、これはユダヤじゃなく演歌だなと思わされることたびたび)

ところが、メロディnの大集合として成立すべき交響曲Nを、俯瞰で引いた視点から観察すると、メロディn内部の歌心はあれほど細やかであったにもかかわらず(またメロディnの内部では、「前進」が味付けの一種として働いていたにもかかわらず)、交響曲Nのフェーズではある種の停滞さえ感じられた。つまり、メロディn同士の連関はそれほど重視されていなかったんではないかという考えがもやもやと浮かんでくるんである。「キメラ」は前に進むことについてあまり関心がない…!

かくして前も後もなく、その瞬間のメロディに淫する袋小路的なマラ5が現れる。結果として第2楽章や第5楽章で描かれた豊饒の宇宙は実に見事だったと言えるし、逆に第3楽章の異様な退屈さ、前進しない絶望感は無類だった。重いながらも物理法則のように粛々と前進するクレンペラーのマーラーの、かっきり正反対に位置するのがこのやり方なのではないでしょうか。

+ + +

シューベルトは深淵とか闇とか、そうしたものと無縁の一本気で剛直な演奏。この勢いなら「未完成」じゃなく「完成」になっていたかもしれぬ。
交響曲第7番ロ短調 D759《完成》←くくく。あたりまえ。
しかし振り返れば、マーラーと同じ絵の具、同じ筆、同じキャンバスで作ってあったのが少し気になった。そんなものかなあ。20世紀っぽい。
by Sonnenfleck | 2013-05-25 11:19 | 演奏会聴き語り

on the air:大野和士/リヨン歌劇場管@東京オペラシティ

c0060659_861936.jpg【2009年11月9日 東京オペラシティ】
●ショーソン:交響曲変ロ長調 op.20
●ドビュッシー:《牧神の午後への前奏曲》
●サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調 op.78《オルガン付き》
 ○フォーレ:パヴァーヌ
 ○ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番
⇒大野和士/フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団
(2010年3月12日/NHK-FM)


たまにこうして、外国の味のあるオケを耳にすると、いつも聴いてる在京オケとは「文法」のようなものが違っていることに気がつく。
でも、この「文法」の違いを生で確かめるためには少なからぬ出費が必要だし、何よりもその日の隣に座る御仁が無神経だったりする危険が大きすぎて、恐怖を感ずることが増えてきた。さらに、そうした恐怖とセットで、年々狭量になる自分にも腹が立ってきて。最後に自分の狭量が周囲を立腹させている可能性に思い至ってしまうと、もうどうしようもない。

いいんだ。ここは家で、ラジオの前だ。

ショーソン交響曲がとっても素敵な演奏だなあ。
大野氏はこの作品の中のワーグナーらしさに蓋をするどころか、それらしい悲劇的パッセージの塊にアクセントをつけてさらに強調する。でもリヨンのオケはトゥッティ透過率45%くらいで、響きに圧迫感がなく、聴いていて疲れない。11月の月曜日の1曲目から飛び交うブラヴォにも深く納得。

ところが次の《牧神の午後への前奏曲》では、興味深いことに透過が弱まり、何本もの太い線が交錯するざらざらとした肌触りに変異する。
カサドシュが弾くドビュッシーやクリュイタンスのラヴェルでもこういうことが起こっているのですが、僕らがおフランスものとしてイメージしている音楽ほど、当のフランス人たちはマジックインキみたいな強い線で描くことがあるんだよなあ。それでも終結部は、太い線がほろほろとほぐれて細い糸の集合になるような様子も聴かれて、大野和士はそのあたりの秘密をよく知悉しているような気がしてならない。

トリはサン=サーンス。この曲はなんだか随分久しぶりに聴いたな。
フレーズの塊が熱心に書かれすぎていて(>あなたがオーケストレーションの大家なのはわかったから!なんて言いたくなる)、心休まる隙間がないためなのか、そんなに好きな作品でもない。しかしこの演奏では、再び透過率をアップさせたオケの響きで聴く第1部の後半や、オルガンがお休みの第2部後半にゆったりとした隙間がいくつも観測されて、淡い色合いが印象に残る。

+ + +

アンコールのフォーレが佳いのはほとんど当然だけども、問題はブラームスね。
独墺系のオケでは絶対に聴かれないような、実に不っ思議な軽さで演奏されたことに瞠目しなければならない。アクセントに乏しく、リズムのパターン化もやめてしまって(これは凄いことではないか?)、ふよふよ揺れる春ブラムース苺味。
by Sonnenfleck | 2010-03-22 08:14 | on the air