タグ:訃報 ( 27 ) タグの人気記事

さようならマエストロ・クラウディオ・アバド

Claudio Abbado dies aged 80(The Guardian, 2014.1.20)
Claudio Abbado, an Italian Conductor With a Global Reach, Is Dead at 80(The New York Times, 2014.1.20)
Claudio Abbado ist tot(Die Zeit, 2014.1.20)
Le chef d'orchestre Claudio Abbado est mort(Le Monde, 2014.1.20)
世界的指揮者のアバド氏死去(NHK, 2014.1.20)

ある音楽家の死について、いつもであれば僕はわりとすぐに平気になってしまうのだが、今回だけはだめである。この指揮者のことをどれだけ好んでいたのか、彼が永遠にいなくなって初めて理解したのだ。もう遅い。

僕がアバドを「本当に」認知したのはそんなに昔のことではない。クラシック好き後発組としてBPO治世の最後のほうをFMで聴いていたころ、アバドは遠い世界で活躍するスター指揮者のひとりであり、特段、大切な指揮者とは感じていなかった。
その認識が根底から覆されたのは、彼がBPOのシェフを辞めて自由な活動を開始してからのこと。2006年5月にマーラー室内管とライヴ録音した《魔笛》のディスクを聴いてから、アバドは僕のスターになった。

+ + +

1月20日の夜、残業を切り上げて帰宅する地下鉄の車内で、友人から届いた知らせが第一報。Twitterにあふれていく追悼の言葉。帰宅してすぐに僕は、あの魔笛を聴くことにした。この夜に聴くのはこの演奏以外であってはいけない。

アバドが彼の晩年に集中的に取り上げたモーツァルトは、どれも素晴らしかった。生のスコアが彼のなかを通ることで昇華されて、すべての音符は羽が生えているみたいに素早く、あっという間に飛び去るように価値づけられた。この陰翳と軽さはピリオド由来なのかもしれないし、そうでないかもしれない。いま、指揮者の死を知った僕の耳を通過して、アバドの魔笛はどこかに飛んでいこうとしていた。0時を回って、太陽の教団が勝利を収める。

いまの気分では、書きたい思いが全然まとまらない。
アバドの音楽をどのように考えているか、2013年7月のエントリ「天上謫仙人、またはアバドに関する小さなメモ」へもう一度リンクを張っておこうと思う。言い訳のようにして。オーケストラ・モーツァルトとのシューマン全集の完結を僕たちの想像力に委ねて、マエストロは遠いところへ行ってしまった。

c0060659_11205022.jpg
R.I.P.

by Sonnenfleck | 2014-01-26 11:33 | 日記

さようならガリーナ

Russian opera singer Vishnevskaya dies aged 86(BBC News/12月11日)
Galina Vishnevskaya, Soprano and Dissident, Dies at 86(The New York Times/12月11日)

仕事に忙殺されている12月、ガリーナ・ヴィシネフスカヤが亡くなった。
一度だけ、彼女を見たことがある。

ロストロポーヴィチが2003年の12月に東京文化会館でハイドンとドヴォルザークの協奏曲を弾いたとき。どうしてもスラーヴァのサインがほしかった僕は、終演後のパーティが終わるまで楽屋口で寒さに震えながら行列していたのだが、パーティが終わって上機嫌のチェリストに寄り添って出てきた老婦人は、ガリーナ・ヴィシネフスカヤのはずだった。彼女も人生の壮大な夕映えのなかにあった。

+ + +

このCDについて何か書いたことがあるような気がするけど、もう一度書く。
ロストロポーヴィチのショスタコーヴィチは、ぎゅうぎゅうに盛られた大皿料理のようである。この録音はモスクワ・フィルのソロイスツ・アンサンブルを使っているのに、並のフルオケでは歯が立たないような強靱な音楽が立ち上がっている。きっとこの曲の正統的な本質はバルシャイのほうに伝わっているのだろうけれども、ロストロポーヴィチの曲づくりにも教えられることが多い。

ヴィシネフスカヤは爽やかで可憐な声質の持ち主だった。彼女は夫の手になる大皿料理のなかに、爽快な香草のようにして自然に融けこんでいる。

今はモスクワのノヴォデヴィチ修道院墓地の、スラーヴァの隣に眠るそうだ。アポリネールが〈自殺〉の詩に描いたのは3本のゆりだったが、4本目の美しいゆりが夫と彼女を永遠に結びつけていることを願う。

c0060659_9154143.jpg
RIP.

by Sonnenfleck | 2012-12-23 09:31 | 日記

さようなら吉田秀和

【訃報】吉田秀和水戸芸術館館長 逝去のお知らせ(水戸芸術館/2012年5月27日)
音楽評論家の吉田秀和さん死去(NHK/2012年5月27日)
文化勲章受章の音楽評論家、吉田秀和さん死去(読売新聞/2012年5月27日)
吉田秀和氏死去=音楽評論家、文化勲章(時事通信/2012年5月27日)
音楽評論家の吉田秀和さん死去 98歳(朝日新聞/2012年5月27日)
吉田秀和氏が死去 音楽評論家(47NEWS/2012年5月27日)
訃報:吉田秀和さん98歳=音楽評論家、文化勲章受章者(毎日新聞/2012年5月27日)
小澤征爾氏 吉田秀和さんの死を悼む「今の自分はなかった 恩人中の恩人」(スポニチアネックス/2012年5月27日)
吉田秀和氏が死去 音楽評論家(日本経済新聞/2012年5月27日)

+ + +

Wir sind durch Not und Freude
gegangen Hand in Hand;
Vom Wandern ruhen wir
nun überm stillen Land.

Rings sich die Täler neigen,
Es dunkelt schon die Luft,
zwei Lerchen nur noch steigen
nachträumend in den Duft.

Tritt her, und laß sie schwirren,
bald ist es Schlafenszeit,
daß wir uns nicht verirren
In dieser Einsamkeit.

O weiter, stiller Friede!
So tief im Abendrot.
Wie sind wir wandermüde
Ist dies etwa der Tod?


–Josef von Eichendorff, “Im Abendrot” (1841)

 では、改めて、こう問いただしてみよう。なぜ死への憧れを歌う音楽がかくも美しくありうるのか? 美しくなければならないのか?
 なぜならば、これが音楽だからである。死を目前にしても、音楽を創る人たちとは、死に至るまで、物狂わしいまでに美に憑かれた存在なのである。そうして、美は目標ではなく、副産物にほかならないのである。彼らは生き、働き、そうして死んだ。そのあとに「美」が残った。


–吉田秀和『永遠の故郷―夜』「四つの最後の歌」(2006) より

+ + +

この、音楽を語る人も、物狂わしいまでに美に憑かれた存在であったものと思う。そして僕たちは、ここにも一つの「美」が残ったことを知っている。
R.I.P.
by Sonnenfleck | 2012-05-27 10:51 | 日記

さようならフィッシャー=ディースカウ

"Jahrhundertsänger" Dietrich Fischer-Dieskau ist tot(SPIEGEL ONLINE/2012年5月18日)

この大音楽家は、このブログを覗きに来ていただける皆さんにとってきっとそうであったのと同じように、僕にとっても大切な存在だった。

僕が初めて聴いたクラシック音楽はフィッシャー=ディースカウが歌うシューベルトのリートだったし、墓場まで持っていく予定の人生の愛聴盤の中で、フィッシャー=ディースカウは朗々とパパゲーノを歌っている。今夜も銀色の円盤をトレイに乗せれば、歌っている。

R.I.P.
by Sonnenfleck | 2012-05-18 21:46 | 日記

さようならワイセンベルク

ワイセンベルクも亡くなっている。
僕は彼の熱心なファンではないどころか、僕と彼の間に在ったのはたった一枚のアルバムでしかない。しかしその一枚が僕のなかで絶対的な位置を保っているわけだから、ワイセンベルクについて何も書かないなんて許されないよ。

+ + +

c0060659_238502.jpg【DGG/POCG7097】<ドビュッシー>
●版画
●組み合わされたアルペジオ
●ベルガマスク組曲
●子供の領分
●亜麻色の髪の乙女
●喜びの島
●レントより遅く
⇒アレクシス・ワイセンベルク(Pf)

その一枚というのは、ワイセンベルクが1985年にDGへ録音したドビュッシー作品集です。
このアルバムは、僕のクラ歴のごく初期に、父親のライブラリからほとんど無理やり譲ってもらったものであると同時に、僕が初めて聴き込んだドビュッシーのピアノ作品集でもある。
刷り込みというのは恐ろしいもので、以来ミケランジェリもフランソワもクロスリーも、ワイセンベルクのように心に響くことがない。唯一モニク・アースが別のドアから優しく入り込んできたが、このことからしてもよくわかるのは、ワイセンベルクのドビュッシーがフォルムの強靭さ、しなやかさではなく硬度の点で、他のピアニストの追随を許さないのだろうということだ。

ケークウォークのクソ真面目なエッジ、きりりと冷えた金属線が交錯し林立する喜びの島。ここに萌える。これはドビュッシーの聴き方として間違ってるだろうか。間違ってるかもしれない。でもいいんだ。いつまでも、このアルバムで僕はワイセンベルクのことを覚えているだろう。
by Sonnenfleck | 2012-02-04 23:15 | パンケーキ(20)

グスタフ・レオンハルトの死/永訣の朝

c0060659_22304442.jpg

出張先でレオンハルトの訃報を知ることになった。
ああ。
昨年12月の演奏活動引退の報せに接し、文章を書こうとしても思うように書けないでいたところへこの訃報であった。彼は死期を悟っていたのかも知れない。

およそバロクーのなかでレオンハルトに導かれなかった者がいるだろうか(硬質なスタイルはときに反発をも呼んだが、それはただ、父親的存在への反感だったのではなかったか)。偉大な藝術家を僕らは永遠に喪った。

+ + +

2004年にソロチェンバロを、2011年にオルガンを、それぞれ一度だけ聴くことができたのは僕の大切な経験だ。特に、明治学院大学チャペルのオルガンを弾くレオンハルトの姿と、形づくられてゆく音楽の強度、空気の震動や湿度を忘れることはないだろう。

叶わなかったこともある。一度でよいから、レオンハルトが通奏低音を弾くアンサンブルを生で聴いてみたかったんだ。
彼がブリュッヘンやビルスマと録れたテレマンのトリオ・ソナタを、今ホテルの部屋でぼんやり聴いている。そろそろ支度をしなきゃいけないけれど。iPodに詰めた僕の夢だった。

R.I.P.
by Sonnenfleck | 2012-01-18 07:14 | 日記

さようならザンデルリング

ドイツの指揮者クルト・ザンデルリンク氏が死去(YOMIURI ONLINE/9月18日)

日比谷で『アマデウス』を観て帰ってきたら、ザンデルリングの訃報を目にすることになってさらに放心。明日9月19日が彼の99歳の誕生日だったのだ。
8年間、封を破らないで取っておいたハルモニアムンディの引退コンサート箱を、いよいよ今夜は開けねばならない。いつもならばショスタコーヴィチを聴くところですが、真っ先にK491を聴くことにします。

c0060659_085563.jpg
RIP.

by Sonnenfleck | 2011-09-19 00:30 | 日記

101回目のブラームス、またはさようならヨゼフ・スーク

c0060659_618772.jpg【DENON(SUPRAPHON)/COCO-79798-9】
<ブラームス>
●Pf三重奏曲第1番 ロ長調 op.8
●Pf三重奏曲第2番 ハ長調 op.87

●Pf三重奏曲第3番 ハ短調 op.101
●Hr三重奏曲変ホ長調 op.40 *


⇒スーク・トリオ
 ヨゼフ・スーク(Vn)、ヤン・パネンカ(Pf)、ヨゼフ・フッフロ(Vc)
→ズデニェク・ティルシャル(Hr *)

チェコのバイオリン奏者、ヨゼフ・スークさん死去(asahi.com/7月8日)

7月6日、ヨゼフ・スークが亡くなった。僕はこの人の音楽から、独逸浪漫の何たるかをたくさん教わったと感じているが、最後に感謝と追悼の気持ちを込めて、ブラームスの3番目のピアノ・トリオを聴くことにする。

+ + +

ブラームスのトリオの中では、第3番ハ短調の熟成された浪漫にもっとも強く惹かれます。作品番号からわかるように、この曲はブラームスが交響曲第4番を通過した1886年の夏になって取り組まれ、ハ短調の調性感を円やかにぼやかすほどにゆったりとリラックスした作曲家の姿が想起されるんですな。

聴きどころは数多いものの、もっとも味わい深いのは第1楽章の第2主題だと思う。この主題では3人がユニゾンで憧れに満ちて胸苦しい、いかにもオトコっぽい主題を歌うのだが、この局面でのスークはまるでヴィオラか、さもなくばチェロというくらい、深々と照る黒い漆器のような音色で2人をリードするのです。

展開部のあとに第1主題ではなくこの主題が帰ってくるなど、胸熱のきわみといえよう。再帰したスークの歌い回しには若干の興奮と、興奮を抑えようとする精神の働きがともに見られ、漆器に盛られたブラームスのメロディは見事なバランスによって大事に大事に守られている。これが浪漫ではないか?

氷雨の中をとぼとぼ歩く不幸とそこにおける微妙な自尊心を漂わせた第2楽章などもたいへん佳いし(パネンカの心細いタッチは見事の一言)第3楽章ではフッフロが素朴な温かみを添えて、この楽章の懐かしい雰囲気を醸成するのに一役買っている。フッフロの音色はちょっとくすんだキャメル色で、実家にあった古い石油ストーブなどを思い出さす。

第4楽章は再び炉に火が入って燃え上がるが、それでも案外あっさりしているのがブラームス後期だっすな(レーガーなら同じ主題で3倍くらい長く作曲しそう)。スーク・トリオのエッジは今日のハイパー室内楽の基準で言えばちょっぴり緩めだが、スークが形作る高音の輪郭線には独特の香気がある。お疲れさまでしたスーク先生。そしてこれからも、僕に浪漫を教えてください。RIP.
by Sonnenfleck | 2011-07-11 06:20 | パンケーキ(19)

さようならティシチェンコ

Obituary; Composer Boris Tishchenko dies in St. Petersburg at 71.(Санкт-Петербургский ресурсный центр современной академической музыки/12月12日)
Boris Tishchenko obituary:Prolific, expressive composer, a protege of Shostakovich(guardian.co.uk/12月16日)


ティシチェンコも死んでしまった。
こんなにお師匠さんに忠実な弟子があったろうか。今夜は、DSCHが愛したチェロ協奏曲を聴いて、一番弟子の死を悼むことにしよう。

c0060659_2355051.jpg

by Sonnenfleck | 2010-12-16 23:16 | 日記

さようならバルシャイ

Умер альтист и дирижёр Рудольф Баршай(Газета.Ru/11月3日)
ルドルフ・バルシャイ氏死去 ロシア出身の指揮者(共同通信/11月5日)

バルシャイの指揮に接したのはたった一度きり、2004年12月のN響定期で、キャンセルしたデュトワのピンチヒッターとしてなぜか彼が登場し、《ハフナー》→《ダンバートン・オークス》→ベートーヴェンのVn協奏曲という不思議なプログラムを聴かせてくれたときのことであった。
印象に残らない曲づくりだったのが印象に残っていて、これがショスタコーヴィチから愛された、あの鬼のモスクワ室内の人なのかなあと思って。それでも終演後に楽屋口のサインの列に並ぶと、真っ白にふやけたような顔でぼんやりと座っているバルシャイが見えて、これが演奏の記憶以上に鮮明に焼きついている。

+ + +

いま、ショスタコーヴィチの第14交響曲のモスクワ初演ライヴ録音を聴いて、あのときのバルシャイと、ここでのバルシャイの差をどうやって埋めたらいいのか、悩む。
1969年のこのライヴは、いかにもソヴィエト演奏らしい、前につんのめる焦燥感と凄惨な響きに彩られた、言いようのない雰囲気に満ちています(《ローレライ》から《自殺》にかけて、どうやったらこんな恐怖を作り出せるのか…)。ショスタコーヴィチの同時代人がまたひとり、鬼籍に入ってしまった。過去が生成されてゆく。

c0060659_15194762.jpg
RIP.

by Sonnenfleck | 2010-11-07 15:28 | 日記