タグ:FBO ( 2 ) タグの人気記事

フライブルク・バロック・オーケストラ|ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会@三鷹(2/15)

せめて、ひと月に一度の更新くらいは死守したいよね。

+ + +

c0060659_10174032.jpg【2014年2月15日(土) 17:30~ 三鷹市芸術文化センター・風のホール】
<バッハ>
●ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調 BWV1046
●ブランデンブルク協奏曲第6番変ロ長調 BWV1051
●ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調 BWV1047
●ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調 BWV1048
●ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV1050
●ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV1049
○テレマン:Vn、Obと2つのHrのための協奏曲ヘ長調 TWV54:F1 ~ジーグ
⇒ペトラ・ミュレヤンス(Vn)+ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ(Vn)/
 フライブルク・バロック・オーケストラ


いかにも雪の多い2月であった。
2月14日の昼から降り始めた関東甲信の雪は、日が暮れると勢いを増し、大規模に降り積もっていった。2月15日の朝、われわれは東京とは思われないような光景を目の当たりにするのである(別に北国ならふつう)。よって、摩周岳登山に活躍した登山靴を引っ張り出すことになり、ひさびさに「雪わらを漕いで」三鷹へ向かうのだ。

自宅からバスでアクセスできる三鷹市芸術文化センター。ここはたいへん素直な響きの中ホールを持っていて、案外、古楽の重要公演が開かれることが多い。2012年のフライブルク・バロック・オーケストラ初来日公演も、僕はこのホールで聴いた。
聴いたが、感想文を書いていない。なぜか。
僕は2012年1月に初めて「古楽のベルリン・フィル」であるFBOを耳にして、どうにもピンと来なかったのである。
理由はいくつか考えられるが、このときの演目がバッハの管弦楽組曲全曲だったのは鍵になり得る。FBOのパリパリッと(ときどきゴリゴリッと)しながら特に 束 感 の あ る 響きは、特にヘンゲルブロックが去ってからこの楽団のアイデンティティになっていると思うんだが、このキャラクタと「かんくみ」のフランス様式とは必ずしも相性がいいわけではない、と感じるんだよねえ。

そのため、翻ってバッハの「コンチェルトグロッソ」であるブランデンブルク協奏曲に相対したとき、彼らの音楽づくりが輝くのは十分に期待ができ、またその期待ははっきりと満たされたのであった。

+ + +

チェンバロを搬入する予定だった「チェンバロ漫遊日記」さんのこのエントリにも少し触れられているが、2月15日の公演はチェンバロ・コントラバス・ヴィオローネといった大型の楽器がついにホールに到着することができず、ホール備え付けのチェンバロに、市中で調達した(!)コントラバスとヴィオローネを用いるという苦肉の策で、どうにか開演に漕ぎ着けるFBO。だいいち本人たちも、飛行機がキャンセルになったため急遽新幹線で京都から戻ってきたのだから、気の毒である。

こうしたトラブルがあったためか、冒頭の第1番についてはアンサンブルの状態が最上ではなく、少し心配させられたのではあったが、やがて尻上がりに調子を出し始めるのがさすが「BPO」なのですな。
アンサンブルは優秀な個の音の積み重ねであるというすんごく当たり前のことを、第6番と第2番で胸ぐらを掴まれグワッと理解させられる。バロック音楽で時には大切な「ひとつの円やか」に、やはり彼らは収斂されない。でもその代わり、果てしない重層構造が聴こえてくる。この強靱な束感こそFBOの美質なのだなあ。

後半は第3番のアダージョが思いのほかどす黒い装飾を与えられていたのでびっくりしたが、白眉は第5番の第2楽章と第4番なのだった!
この日、第5番でチェンバロを担当したセバスティアン・ヴィーナント Sebastian Wienand氏の軽やかで色気のあるタッチ、そして通奏低音Vcを弾いたシュテファン・ミューライゼン Stefan Mühleisen氏のしっとり吸いつくような美音により、第2楽章は震えるほど美しい時間になった。
ミューライゼン氏は特に、これまで自分が生で耳にしたなかで最強のアンサンブル系古楽Vcだったと断言できます。フォルムは強固なのに芯は空疎で、その「洞」に高音楽器の旋律をぴたりと填めてしまうあの音。自分のなかに少しだけ残っているプレイヤーとしてのペルソナが、あんな音が出せたら死んでもいいなと言っている。


↑シュテファン・ミューライゼンが通奏低音に参加した、ヴィヴァルディのトリオ・ソナタ編成《ラ・フォリア》。お聴きくださいよこの音を。

トリの第4番は、言葉で形容するのが難しい。こういうときは本当にアマチュアでよかったなあと思うのよ。プロの物書きはあの究極的なアンサンブルの魔法を分析して、それをわかりやすい言葉で公衆に提供しなければならないんだから。
第1楽書の終わり、無数の美しい音の束に優しく縛られて法悦を感じてしまったことを書いておく。聴き手を音楽的ドMに突き落とす演奏実践ってどうなのよと思う。それは確実に大正義だけれども。

+ + +

アンコール。テレマンっぽいなあ、きっとテレマンだなあと思って聴いていたら当たりだった。このアンコールの演奏からすると、いまのFBOはファッシュやジェミニアーニといった華麗系下世話バロックでも平然と素晴らしい演奏をするはず。聴いてみたい。ものすごく。
by Sonnenfleck | 2014-02-23 11:34 | 演奏会聴き語り

ヘンゲルブロック来日と離日に寄せる自己憐憫

たった三晩の公演を残して瞬く間に離日したヘンゲルブロック/NDR交響楽団のコンビ。聴衆からあがる賞賛の声を尻目に、僕は自室に籠り、PCの白い光に跳ね返す一枚のディスクを見ている。

+ + +

c0060659_10253212.jpg【DHM】
●ヴィヴァルディ:歌劇《オリンピアーデ》序曲
●バッハ:管弦楽組曲第4番ニ長調 BWV1069
●ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲イ長調 RV158
●バッハ:カンタータ第42番《されど同じ安息日の夕べに》BWV42~シンフォニア
●ヴィヴァルディ:4Vnのための協奏曲ロ短調 Op.3-10
●バッハ:3Vnのための協奏曲ニ長調 BWV1064
⇒トーマス・ヘンゲルブロック/フライブルク・バロック・オーケストラ

僕にとってのヘンゲルブロックは、極めて優れた古楽指揮者である。彼がモダンのフルオケを振っているなどとはいまだに信じられない。数は多くないながら、フライブルク・バロック・オーケストラを振っての録音は圧倒的に素晴らしい。
(蛇足ながら付け加えるが、今年1月のFBO来日公演@三鷹の感想文を書いていないのにはちゃんと理由がある。僕がFBOの個性だと思いこんでいた強固なフォルム感と沸き立つリズムは、どうやらヘンゲルブロックやヤーコプスの個性に依拠する部分が大きいようであった。確かにアンサンブルや舞曲の拍感はたしかに佳かったけれど、「フランス風」という魔物が召喚できるような大きな魔方陣が描いてあったかという点に関しては、強い疑念が残った。)

+ + +

フランス風・イタリア風という二大様式に対するヘンゲルブロックの異様に鋭い嗅覚、そして彼が現在のキャリアに至った理由がわかるのが、このディスクである。

《オリンピアーデ》序曲から管組4番への顕な落差は、偽ヴェルサイユの偽性を否応なく高め、こちらの心を躍らせる。
舞曲ひとつひとつが、その煌めく何層かのコーティングでもって偽性を自己拡張しながら、あり得べからざる幻時間を形成している。のみならず、ひとつながりの人造真珠のような重みにも事欠かない(これこそがゴルツのまだ会得してない魔法と思われる)。バッハがなぜああいう様式で音楽をつくったかは、いたずらに各舞曲のエッジを立てても見えてこないのではないだろうか。

さて、ヘンゲルブロックを彼たらしめている要素が、バッハの《されど同じ安息日の夕べに》のシンフォニアと、ヴィヴァルディの3-10にさらによく現れている。

それはとりもなおさず、がっちりと肩幅の広い通奏低音で、音を三角形に組み上げる流儀なんですね。ヴィヴァルディの3-10などは僕も遊びで演奏してみたことがある曲だけど、あのヴィヴァルディらしいクリスプな通奏低音を、ここまで鋼のような土台に仕立て上げるのは至難のわざである。

+ + +

ヘンゲルブロックがつくるこうした三角形フォルムは、昨今流行の流線型をしたラテン系アンサンブルと明らかに一線を画しており、そして残念ながら、このセンスはベートーヴェンやブラームスへまっすぐ伸びてゆく。ヘンゲルブロックがNDR交響楽団というオーケストラに招かれたのは必然なんである。

バロクーはこの集いから泣きながら立ち去ることにしよう。でもたまにはバッハとかテレマンとか…やって…ね…
by Sonnenfleck | 2012-07-28 10:26 | パンケーキ(18)