人気ブログランキング |

平和な冷感

c0060659_633157.jpg【DECCA(L'OISEAU-LYRE)/458 078-2】
<ヴィヴァルディ>
●6つのFl協奏曲集 op.10
→ステファン・プレストン(Fl)
●《調和の霊感》 op.3
→ジョン・ホロウェイ、モニカ・ハジェット、
  キャサリン・マッキントッシュ、エリザベス・ウィルコック(Vns)
⇒クリストファー・ホグウッド/AAM

[今度アルビノーニをちゃんと聴こう→その前にいちおうヴィヴァルディ聴いとこう]と思っていた矢先、kimataさんがダントーネ/アカデミア・ビザンティナの《調和の霊感》を取り上げていらして、久しぶりにこの曲集が聴きたくなったです。

それにしてもkimataさんもおっしゃるように新しい録音が生まれない曲集で、この手持ちのホグウッド旧盤は1980年の録音。一番新しいのは、一昨年リリースされたバンキーニ/アンサンブル415の抜粋盤だろうか。後期バロックの演奏シーンで声が主役になってから、このへんの弦楽協奏的レパートリーってすっかり古びてしまったような気がしますね。。ちゃっきちゃきの若手凄腕アンサンブルがいっぱいいる中で、この曲集にあえて降りてくる人たちなんかいないのかな。。

この曲集をホグウッドの演奏でしか知らないと言ってもいい自分でありますが、とても久しぶりにこのディスクを取り出して聴いてみると、いかにも大人しげで毒も害も脂もなく、退屈で清潔な表情をしているのに改めて吃驚します。
静音設計の掃除機みたいに赤ん坊を起こさないジェントルな通奏低音、絶対に表に出てこない内声、みんな判で押したように蒼ざめた音色をしている懐かしのヴァイオリニストたち、、窓の外の蝉時雨が漏れ聴こえる室内で、エアコンをガンガンにかけながら聴くにはちょうどいいのかもしれません。このようにひんやりと平和な時間になっておるのは、演奏のせいなのか、はたまた曲集の性格のせいなのか、、「ガンガンいこうぜ」な録音が(どうやら)いまだにリリースされていない状況を見ると、そのような肉食のスタイルが致命的に合わないテクスチュアなのかもしれません。ここに傲岸不遜な装飾が入ったり、ゴリゴリした撥弦系の通奏低音メンバーがいたりするのは、あんまり想像つかないもんなあ。

op.3-8 イ短調、3-9 ニ長調、3-10 ロ短調なんかは昔(一応)弾いたことがあるので、あるいは間近で弾かれているのを観察したことがあるので、いかにも懐かしく感じられます。いささかの破綻もなく紡がれていく、シンプルな通奏低音の音型。しかしコレッリとは様相が違って微妙に俗っぽいのが面白いッス。
by Sonnenfleck | 2009-08-06 06:36 | パンケーキ(18)
<< 僕らはゼリーのためのスプーンを... SIDE-B/SIDE-I (4) >>