納涼帝国樂

c0060659_20323475.jpg【Linn Records/CKD 385S】
<kuniko plays reich>
Electric Counterpoint version for percussions (1987/2009)
Arr. for steel pans, vibraphone & marimba and pre-recorded tape (arr. KUNIKO)
Six Marimbas Counterpoint (1986/2010)
Arr. for solo marimba and pre-recorded tape (arr. kuniko)
Vermont Counterpoint version for vibraphone (1982/2010)
Arr. for vibraphone and pre-recorded tape (arr. kuniko)
⇒加藤訓子(Perc)

実は昨夏からずうっとiPodに収まってて、昨夏今夏のヘビロテどころか、10年代前半の個人的テーマアルバムとなりぬべらなり。

パーカッショニスト・加藤訓子さんを生で聴いた、たった一度のコンサート「武満徹を聴く、武満徹をうたう」コンサート@愛知県芸(2007年1月)は、強烈な蝕みを僕の精神に遺している。むなりばいむなり。

+ + +

このアルバムを初めて聴いた瞬間のイメージの強度も、おさおさ劣らない。
スティールパンの眠そうな打撃音が漸増するにつれて、夏の大気が満ちた駅のホームがぐらりと揺れて、傾きに沿って線路に転落しそうになる。目の前をびゅいいと通り過ぎる急行電車は、カナルを突き破って届く蝉の声は、僕を押しとどめる―

Electric Counterpointが進展し、やがてMovement III: Fastに辿り着くと、マリンバの破裂音がスタジオの壁にぶつかって砕ける音とともに、総体としての音楽は前向きなニュアンスを得、薄まって消える。

Six Marimbas Counterpointは、印象をガラリと変えてくる。
きつく閉じた蕾が、押しとどめられない内的な欲求によって開くようにして、音場は閉じた隘路から開けた広場へと拡がっていく。そして聴き手は、それを外側から視ることを許されている。それが「空に知し召す」前曲との圧倒的な相違である。

モノトーンの前2曲と対照的に、色とりどりの音符がさらさらと転がっていくようなVermont Counterpointを、僕たちはデザートのように楽しむことを許されるだろうか。加藤さんの巫女ライクな禁欲性を思えばこっそりと。

+ + +

巧拙などは取り上げらるべき話題にもならない。晝の暑いさなかにこうした音をしんみり聴いていると、夏がやがて去っていくことがふと思い起こされる。
by Sonnenfleck | 2012-08-13 22:01 | パンケーキ(20)
<< 〈エスポワール シリーズ 8〉... オランゴーナ|ソヴィエトの反人... >>