イサム・ノグチ展@東京都現代美術館

c0060659_19595382.jpg
今夏札幌芸術の森美術館で見た展覧会ですが、《エナジー・ヴォイド》の展示を見るためだけにもう一度、木場の現美へ足を運びました。出展された作品自体は札幌展と同じで多くないのに、ちょっと展示空間に余裕がなくてゴミゴミしてるかなあと思われました。それとも会期末で人が多かったせいか。

......なるほど。吹き抜けではあるものの「室内」に設置すると、改めて異常な存在感が伝わってきます。札幌での水上展示でさえ周囲の緑や風に波立つ水面を威圧して憚らなかったのに、、あれだけ広い現美のホールを圧倒的にみっしりと「埋めている」。しかも何かを発散するのではなく、これからお前らすべてを内側に吸収するという示威でもって、埋めている。
西日を吸い込んでいやに艶々としている巨石をじっと見ていたら、なにやらうそ寒くなってきたので御前を罷り出ました。外に置かれたモエレ沼公園の遊具《オクテトラ》(上の写真)に無性に安心感を覚える。…でもいつかは、牟礼の「《エナジー・ヴォイド》@蔵」をこの目で見てみたいですね。

自己リンク。モエレ沼公園ミニレポート付きです。
イサム・ノグチ展@札幌芸術の森美術館
by Sonnenfleck | 2005-11-23 19:59 | 展覧会探検隊
<< マリス・ヤンソンス/バイエルン... 懶惰と上滑りの暗いよろこび >>