ソンツォフカのメロディマシン

c0060659_1814564.jpgきわめて人気薄のプロコフィエフ作品の中でも歌曲や合唱曲の領域にはさらに誰も近寄ろうとせず、茨の生い茂る荒地という感じですけど、やっぱり茨の中にはひっそりと野薔薇の花が咲いているようで、、棘を掻き分けていく甲斐はあるのでした。
メゾソプラノのザラ・ドルハノヴァが歌うプロコフィエフ歌曲を収録したこのCD。アリアCDの在庫セールで一枚400円で売られていてまあこの値段なら…と何の気なしに買い求めたものなんですが、開封して聴いてみるとどのトラックもびっくりするくらい美しい。

このCDには以下のような中後期作品、
・《3つの子供の歌》Op. 68 (1936年、ソヴィエト帰還前後)
《3つのロマンス》Op. 73 (1936年のプーシキン生誕100年祭に際して)
・カンタータ《アレクサンドル・ネフスキー》Op. 78 から〈死の原野〉(1939年)
・《12のロシア民謡》Op. 104 (1944年、終戦前後)
オラトリオ《平和の守り》Op. 124 から〈子守歌〉(ジダーノフ批判後の1950年)

が中心になって収録されているのが面白いところ。これらを聴くと、ソヴィエトに帰ってからのプロコフィエフがいかに叙情的なメロディに傾斜していたかがわかります。これらの作品はいずれも音楽を管理する側から自分がどのように観察されるかということを多かれ少なかれ意識して作曲されたものですが、とりあえずそんなことは気にせずとも、特に太字で書いた2作品など浮遊感のある独特の優しい響きにしばし聴きほれてしまう。ドルハノヴァの清潔な歌いぶりもいいっすね。(*しかし当該CDは残念ながら現在廃盤。いちおうこちらから試聴可です。)

プロコフィエフはうるさくて意味不明だと思っている方にこそ、彼の歌曲を聴いてもらいたいもの。20世紀のロシアでもっとも素直な美しい旋律を書いたのはプロコフィエフなんじゃないか…と以前から思っています。彼は同時にその旋律を否定し破壊することもまた大好きで、、ともかくそのグチャグチャした矛盾に自分は惹かれているのですが。
by Sonnenfleck | 2006-01-31 18:37 | パンケーキ(20)
<< 次回はタオル持参のこと 新国立劇場《魔笛》再々演 >>