水・雨・霧・雪

c0060659_2336553.jpg武満徹がなくなってから、今日で10年がたちました。

僕はけっして彼の熱心な聴き手ではないけれど、2月20日にタケミツメモリアルで開催されていた東京シティ・フィルのコンサート「武満徹とフランス音楽Ⅰ・Ⅱ」がよく思い出されます(名シリーズ「フランス音楽の彩と翳」のvol.4とvol.8)。
2003年の第1回は、武満の《弦楽のためのレクイエム》と《夢の縁へ》(管弦楽から立ち上るギターの音はどうしてあんなにセクシーなのか)、後半にフォーレの《レクイエム》Op. 48。
2004年の第2回は、武満の《鳥は星形の庭に降りる》と《ノスタルジア》、ピエルネの《バスク風ファンタジー》、最後にドビュッシーの《聖セバスティアンの殉教》。
...いま考えると本当にクールなプログラムだったなあとつくづく思います。シティ・フィルの「フランス音楽の彩と翳」が終わってしまったのは実に惜しい。(*ゴメンナサイ、勘違いでした。2006年4月4日にvol.13「ギリシャへの憧憬とアルカイズム」が開催されます。ドビュッシー《6つの古代碑銘》のオケ編曲版(アンセルメ編!)が取り上げられるみたいですね。)

今夜のタケミツメモリアルはビオンディ/エウローパ・ガランテの明るい響きに支配されていましたが、武満もあの天窓から覗いて楽しんでいたかもしれません。感想は明日以降。

クレーメルの演奏で《ノスタルジア》を、武満徹の追憶に。
by Sonnenfleck | 2006-02-20 23:48 | パンケーキ(20)
<< ビオンディ/エウローパ・ガラン... 長田雅人/オーケストラ・ダスビ... >>