人気ブログランキング |

ベックメッサー子沢山

c0060659_2205451.jpgおとといの夜はYouTubeの「《春の祭典》再現」に見とれてしまって、気づけばすでに22時20分。「結婚できない男」前半、しっかり見逃してしまいましたですよ!聞けば阿部寛は《名歌手》第1幕前奏曲をBGMに人生ゲームとのことで、まったく口惜しいかぎり●

ところで、この曲って誰の指揮でもそんなに雰囲気は変わらないように感じるんですよ。最初の付点を恰幅よく取って、あとは緩やかに流していくだけである程度はサマになると。
しかしノリントン/ロンドン・クラシカル・プレイヤーズの演奏だけは、それとはまったく別の方角を向いている。極めて速いテンポとふくらみのないその響きは、「絶対に受け入れられない!」という反応を十分起こしうるでしょう。「ノリントン音楽」の中でも最も急進的な部類だと思います。でも、垂直方向じゃなく水平方向に素早く展開していくこの《名歌手》の面白みは、他では得られない。劇的な人生を仮想体験であります。

でも阿部ちゃん、だんだん「いいひと」の片鱗が…。このまま国仲涼子に嫌われ続けるクソ隣人でいてほしいのだけど(笑)
by Sonnenfleck | 2006-07-20 23:38 | パンケーキ(19)
<< 幸運のタマコロガシ ようつべデビュー >>