人気ブログランキング |

酸素2.0

c0060659_235036.jpgウィルキンソン・ジンジャエールを買いに自販機のところまでBダッシュしたら、あの愛すべき飲み物の姿は忽然と消え、代わりに酸素水の小さなボトル缶がそのスペースに収まっていました。ウィルキンソンが大衆受けするはずがないことは理解しているし、僕個人の積極購買活動にも限界はあったのだろうけど、、あの強ジンジャ風味のファンとしてはこのショックはでかい。…いつかまたどこかで。

さて酸素のくせに生意気な酸素水、一口飲んでみる(←結局買った)。
、、うーん、、しかしこれはなんという無意味。
酸素を多く含有すると水が美味しくなるのでしょうか。身体によい効能を持つのでしょうか。
狙い澄ました薄っぺらさはジャンクの醍醐味で、僕もそれが楽しくてジャンクな飲み物を飲むのだけれど、なまじこれは「身体にいいザマス」的な偽善を堂々と提示してるので始末が悪い(そのくせ公式サイトにすら具体的な事実を示さないアサヒの態度は不誠実に感じます)。
それに、ミネラルウォーターとしても致命的なこの「味のなさ」を、いったいどのように解釈したらよいのだろう。いや、別にただの水だから。
by Sonnenfleck | 2006-09-28 23:36 | ジャンクなんて...
<< オーケストラ・アンサンブル金沢... 『トリスタンとイゾルデ』試写会... >>