人気ブログランキング |

ガッ帝がしろしめす。

c0060659_6492154.jpgエンリコ・ガッティとアンサンブル・アウローラによる、ヴィヴァルディのVnソナタ作品2。買いました。
…これは、
バロック好きは聴かずば一生の損
そういう演奏がまたひとつ出てきてしまったな。。

「ヴィヴァルディ的なもの」がちょっと苦手な僕は、いくら若書き、いくらガッティとはいえヴィヴァルディだなあ…ということで、毎回拝見してるブログさんたちが絶賛してるにも関わらず、実は購入するのを躊躇してました。ヴィヴァルディよりヘンデルのトリオとか録音してよ、と思ったわけです。

しかし今回は、店頭の試聴機の前に立って三角のPLAYボタンを押すなり、耳を奪われて動けなくなってしまった。。震えが来るような擬コレッリ的マチエールを、蜜がとろりと滴るような美音で描いていくガッティ。。意表をつくような装飾は出てきません。出てきたとしてももう装飾なんてどうでもいい。
家に帰って、ビニルを破って、ヘッドホンをかぶって聴きますと、ガッティの音の美しさにさらに磨きがかかったらしいことに気づきます。神の右手だ。誰も敵わない…。

舞曲楽章で拍を支配してソロを自由に遊ばせるのが、アンサンブル・アウローラによる3人体制の通奏低音。Vnソナタでリュートとチェンバロが両方いると大抵はうるさいのだけど、彼らがまったく喧しくないのもこの録音のミソであります。まさに「イタリア系攻めのBC」に対するカウンター攻撃ですね。落ち着いた関係から醸成されるアダルトな響き。

ところで第9ソナタのガヴォッタ、、ヘンデルのトリオ・ソナタ作品2-2のアレグロに酷似です。空似とかそういうレベルではないので、出版年が後のヘンデルがパクったとしか思えませんね。…したがってドラクエ5の戦闘シーンのBGMにも似てます(笑)
by Sonnenfleck | 2007-02-01 06:51 | パンケーキ(18)
<< 大友直人/東京交響楽団 第54... 【アニメ】のだめカンタービレ第2話 >>