人気ブログランキング |

【アニメ】のだめカンタービレ第7話

c0060659_6453186.jpg【2007年3月1日(木)26:20~26:50 東海テレビ】

Lesson17(音に酔う)Lesson18(Sオケ本番)をつなげた第7話。
アニメ版になってから何か引っかかるなあと思ってたんですが、ドラマ版はここでの曲が第7だったんだな…今ごろになって気づきました。

「プリごろ太」再アニメ化
ドラマ版とほとんど変わらず、同じ映像を使用しているようなんですが、月9のときより挿入シーンが若干長かったような。アニメの中に劇中劇としてアニメが入るという演出には特に違和感なかったですけど、これは地としてのだめと、図としてのプリごろ太が描画段階で巧妙に描き分けられてたからなんだろうと思います。相変わらずセリフのはしばしが黒い(笑)

「音に酔う」のこと
この点について制作スタッフは賞賛されるべきでしょう。
「音に酔う」の箇所、ドラマ版では確か映像効果のみの演出で、実際にスピーカから出てくるオケの音はきれーいに揃っているという演出の甘さがあったのです。
でもアニメ版では音のほうも抜かりがなくて、ちゃんとオケの音がずれた状態を表現してたんですね。さすがにパート間でのズレはムリだったらしく、トゥッティの音を時間的にちょっとずつずらしたものを複数重ねていただけなんだけど、それでもアニメ版のスタッフの意気込みが伝わってきますよね。細部のこだわりGJっす。

今週のクラヲタポイント
・《エロイカ》、かなり平板な演奏なんですけど、、演出的にはもっと破天荒な、クナッパーツブッシュみたいな演奏のほうがいいんじゃないか。拍手に笑いが混じるのも鑑みて。
・一方のだめの耳コピ《エロイカ》はフレーズが自在に伸び縮みする面白い演奏。千秋じゃなくても考えさせられます。ゴーストプレイヤーさん凄い。
by Sonnenfleck | 2007-03-08 06:47 | on the air
<< ラムペのフロオベルゲル 中村宏|図画事件 1953-2... >>