人気ブログランキング |

ザ・グレート・セルジュ(覆面)

c0060659_15402753.jpgここ何日か、ずっとシューベルトの第8交響曲を聴いている。

この長い曲を聴くにあたって、きっとクラファンの皆さまは自分だけのこだわりをお持ちだろうと思います。第1楽章のホルンと序奏を聴き比べるために何種類も集めているとか、スケルツォのリズムだけは譲れないとか。
かく言う自分は第3楽章のトリオを重点的に聴く癖がありまして、セル/クリーヴランドが「らしくない」リタルダンドを効かせて情緒たっぷりに旋律を歌うのや、逆に「陽気なキャラクタ」を演じて一切の徐行を行なわないノリントン/シュトゥットガルト、あくまでダークなブリュッヘン/18世紀オケなど、ここの表現だけで指揮者が全体的にどんなことをしたがっているのかだいたいわかるのが面白いのです。今聴いているチェリビダッケの《グレート》は、EMIから出ている正規盤(1994年録音)ではなく、AUDIORから出ていた海賊盤(録音年不詳)。友人のお父上から拝領しました。

正規盤と同じミュンヘン・フィルを振りながらも、ここでは均整美が漂っている。木管がヒョロヒョロと飛び回る、情感ゼロの冷たく美しいトリオ―。リズムを決める低弦が後ろ倒しに引き摺られるので、確かに「見かけの遅さ」はありますが、引き摺られ方の値が絶対にぶれないので粘つく感じは一切ありません。響きも厚いし、アーティキュレーションは古楽の連中とはまったく違うけども、様式感をこういうところで忠実に守ってるのが面白い。。

しかしこの演奏でもっと面白いのは第2楽章アンダンテ。
予想通りアンダンテというよりアダージョになって、短絡的の謗りを受けるかもしれませんが…僕にはこの楽章がブルックナーのアダージョに聴こえます。
水分を含んでしっとりと冷たく重い空気を感じさせる弦、険しい中間部へ達する道程と、ゲネラルパウゼに至る金管の大仰なブレーキ、そしてフェルマータ。チェリビダッケは何らかのブルックナー的方法を応用している気がする。
by Sonnenfleck | 2007-03-31 15:40 | パンケーキ(19)
<< 「オペラパレス」、商標権侵害で... 【アニメ】のだめカンタービレ第... >>