人気ブログランキング |

【アニメ】のだめカンタービレ第12話

c0060659_6512976.jpg【2007年4月19日(木) 東海テレビ(予定)

2週連続の録画ミスによりすっかり意気消沈したので、これからは時間があるときにYouTubeを積極的に利用して補完していくことにしました。なんというオンデマンド。
第11話がちゃんと見れてませんが、どうやら学園祭は完全に通過して、Lesson28(ラフマ連弾&多賀谷彩子覚醒)Lesson29(ケエコとマナブ)を描く第12話。

ラフマ連弾
大学の練習室で、千秋のピアノ伴奏によるピアノ協奏曲第2番を弾くのだめ。原作どおりの描写です。しかしなあ…ここでのゴーストさんの演奏がずいぶん冴えない。冒頭は千秋の「最初のppffで…!?」という台詞に比して、実際はせいぜいmfくらい。結局ただテンポを速めただけで、原作のコマに太字で描かれた「バーン」「ドコーン」という文字の威力にさえまったく及ばないのです。もっと破天荒なものを想定していたんですが。。

ブレイクスルー@ドラベッラ
アニメ版が面白いのは多賀谷彩子の扱いが原作より華々しいところなんですよ。のだめのライバルを立ててドラマを明解にしようとしてるんでしょうかね。
第12話で最もゾクリと来たのは、まさにその彩子がドラベッラのアリア《無情な狂乱が私の心をかき乱す》を歌う場面。初めて歌に心を込めることができた彩子の「突き抜け感」が、声優さんの表現力と、モーツァルトのゼクエンツ、そして黒と白の反転を絶妙に使った「COSI FAN TUTTE!」のカッティングによって、巧く描写されていました。演出ブラヴォ。

今週のクラヲタポイント
・佐久間マナブの演説シーンで、マーラー第8の第2部終盤、マリア崇拝の博士が歌う「Blicket auf...Blicket auf!」の旋律が一瞬使われました!美しい!
・来週は真澄ちゃんのジョリヴェ、期待してますよー。
by Sonnenfleck | 2007-04-17 06:55 | on the air
<< 軽薄短小の極みといえよう。 始まり、青空のメンゲルベルク >>