人気ブログランキング |

若冲と江戸絵画展@愛知県美術館

c0060659_14342617.jpg去年の8月に江戸で見た展覧会が、京と筑前を巡ってようやく尾張入り。待った待った。

えっとですね。概観的なことは先回の感想で書いてしまったし(若冲作品についてとか/印象は変わりません。僕はこの人...実は苦手かもしれない...)、それこそ他のブロガーの皆さんが書かれたレポートのほうがずっと優れているのでそちらをご覧になっていただくとして、僕は今回、強烈に印象づけられた3点の屏風だけを取り上げようと思います。どれも優に20分は絵の前で立ち尽くしてしまったもの。
それぞれクリックすると大きな画像へ飛びます。

山口素絢 《夏冬白鷺図屏風》
c0060659_1554561.jpg
二曲一双の総銀地、右双に輝く夏の川面、左双に沈黙の冬木が描かれています。
表面的に見ると、全面に施された銀箔が、右双ではカッと照りつける真夏の太陽を、左双では音を吸収する真冬の雪を、それぞれ忠実に再現している。
しかし一方で、あり得ない世界の奥行きを創造してもいるんですね。ないはずの「奥」がどうして想像されるんだろう。。見入っていると最終的には鷺の姿も消滅して、視線および体がその「奥」にたぐり寄せられて消えるような陶酔感を覚えました。怖いというか気持ちいい。東京では例の暗室に置かれて、光の演出を受けていたような気がするのだけど、銀は金ほどには物を言わないようなのであんまり印象に残らなかったのかな。これは永続的な蛍光灯の下でこそ恐怖が威力を持つ作品なのかもしれない。
この山口素絢という画家は美人画で名を成した人物らしいのですが、こうして観者のタナトスを引き出す画面を構築する画家が平然と美人を描いているというのが恐ろしいです。

葛蛇玉 《雪中松に兎・梅に鴉図》
c0060659_15153221.jpg
素絢の画が驚異的な奥行きを持っていたのとは異なり、同じモノトーンの作品でもこの蛇玉作品は平面的で、奥行きはいいとこ1mくらいで留まっていると思う。
でもこの画は、細部へのマニアックなこだわりが魅力なのです。雪国で生まれて、雪景色が胸に刻み付けられている人間が見ても、ここで画面いっぱいに降りしきる雪、そして木肌に付着する雪の恐るべきリアリティには息を呑みます。僕の印象の限りでは、雪の振る夜は実際にこのように見えるのですよ。あちこちの雪が光を反射しあって不自然に平面的な明るさを保つ夜。ノスタルジーを掻き立てられる。
画面を覆う雪は胡粉らしいですが、樹皮に着いた雪は実は白色の塗装ではなく、紙の地の色だそうです。現物を見ていたときはまったく気がつかなかった。

作者不詳 《簗図屏風》
c0060659_15211490.jpg
東京展で感激した光の演出ですが、幸いなことに名古屋展でも実現されました。対象となったのは若冲の《黄檗三万福寺境内図》とこの《簗図屏風》の二作品だけで、かなり小規模ではありますが、、再びあの「絵の動き」を見ることができて幸せ。
照度が極端に落ちたところで突然現れる金の醜悪な正体…あの赤黒いエロスは何度見ても衝撃的です。この作品では左双左寄りの樹木周辺と、右双の簗および蟹のあたりがギラリと輝いているのを確認して、背筋がゾッとしました。樹木が溶暗して急に奥行きが出てくる様子にも魅了される。『幻談』ではないけど、見えないもののほうがよく「見える」ようです。

+ + +

あとは第5章「江戸琳派」の名品に心を揺さぶられたように思う。酒井抱一の《十二か月花鳥図》は前後期で半分ずつの入替展示らしいのですが、今回は〈五月〉に描かれた菖蒲の鮮やかさと、〈八月〉のひまわりのエグさが双璧でありました。
鈴木其一の《青桐・紅楓図》に表現された雨にはため息しか出ません。いくつもの呼び名がある雨のヴァリエーションを正確無比に描写してますよね。。《群鶴図屏風》は何度見ても可笑しい。変な絵だよなあ。

僕が出かけた日は東京展のときに比べれば空いていたほうだと思うけど、この美術館にしては超大入りの部類だと思われます。あんまり広い会場ではないのでちょっと窮屈な感じもしますね(前述の《十二か月花鳥図》を廊下の壁に引っ掛けていたのはどうかと思った)。5月14日に展示替えアリ。公式サイトはこちら
by Sonnenfleck | 2007-04-29 17:17 | 展覧会探検隊
<< 【アニメ】のだめカンタービレ第14話 バイバイ、スラーヴァ… >>