on the air:プレヴィン/N響の《ダフニスとクロエ》

c0060659_792374.jpg【2007年9月14日(土) 第1599回N響定期/NHKホール】
<オール・ラヴェル>
●組曲《マ・メール・ロア》
●Pf協奏曲ト長調
→ジャン・イヴ・ティボーデ(Pf)

●バレエ《ダフニスとクロエ》全曲
⇒アンドレ・プレヴィン/NHK交響楽団

もし、もうちょっとお金に余裕があったら、土曜日は名フィルをパスして東京に行き、N響定期を聴いていたかもしれない。しかし「みなさまのNHK」FMは僕らの指定席!ということで、金曜のライヴから後半のダフクロのみ録音して拝聴いたしやした。

これは「(鋭いリズムや鮮やかな分離感ではなく)ラヴェルが配合した完璧な響きの感触を楽しませる/またお客はそれを積極的に感じ取って楽しむべき」という演奏を志向しつつも、ライヴならではの制約からオケのメカニックが今一歩及ばず、結果としてあとちょっとだけ微妙に物足りないところに落ち着いてしまった、そんな感じの演奏なんじゃないでしょうか。。

第1部の冒頭、〈序奏と宗教的な踊り〉なんか、悩ましいくらい綺麗な音が出てますし、続く〈全員の踊り〉で聴かれる抑制された美しさは特筆すべき事項であります。いやそれどころか、(弦に限って言えば)全曲にわたって素晴らしく柔らかい音が連綿と放出されていて、デュトワ時代を彷彿とさせる。さすがN響、と書いてしまっていいと思う。
全然「グロテスク」に聴こえない〈ドルコンのグロテスクな踊り〉(爽快!)に至って、こちらはこの楚楚とした美しい響きがこの演奏の機軸だ、と思ってしまいます。事実、滑らかで落ち着いた素敵な音のブレンドが立ち上がってきている。。
そうなると、海賊が来る少し前、〈ダフニスの優美な踊り〉のあたりから綻びを見せ始める管楽器が物凄く目立つわけですね。客は―事実いい演奏を目の当たりにして―開始十数分で理想の展開を妄想し始めている。砂場に落ちている石ころと、シルクの上に落ちている石ころと、どちらが許せないかという話になってきます。

誤解しないでいただきたいんですけど、僕はここで管楽器のミスをなじりたいと思っているわけではないのです。期待するものが高いゆえの、N響ならもっとできただろうという残念な気持ち、そして全体の完成度の高さが、部分の瑕に焦点を合わせてしまう原因だと思う。
第2部は総じて完成度が高く、〈戦いの踊り〉が大変ノーブルな音楽になっていて驚きます。これはもうプレヴィンのセンス勝ちだよなあ。
第3部へはあっさり突入。〈夜明け〉の部分は相変わらずシルキーな手触りなのに、石ころがポツポツ落ちていて実に残念。実に惜しい。室内楽的な響きを残した繊細な〈無言劇〉を通り過ぎて(ここのパフォーマンスは細い旋律線が全体に少しずつ、美しく溶け合っていて、この日の演奏の中で最も素晴らしかった)、〈全員の踊り〉も興奮を抑えて◎。デュトワの鮮やかで官能的な(しかし十分に理知的な)演奏よりも、さらに理性と溶け合いと落ち着きを重視した和食系ラヴェル、とすれば座りがよいか。
by Sonnenfleck | 2007-09-19 07:13 | on the air
<< 感謝帝国の野望 トムじいさんを押す大人のDSト... >>