人気ブログランキング |

本日の雪もやはりペザンテ

c0060659_20583276.jpg

このブログでも何度か触れたことのある、ターンテーブルのゴムが劣化して回転しなくなっていた実家の古いレコードプレイヤーを、思い切ってお役御免としました。長年お疲れさま。。

父親がしまい込んでいた普及型の新しいプレイヤーを譲り受け、アンプに接続。筐体がプラなのでちょっと頼りなげですが…いつも聴いてるハンガリー四重奏団のバルトークで慣らしたのち、今年の大曲聴き納めとしてスヴェトラーノフ/ソヴィエト国立響のタコ10をテーブルに乗せました。

この演奏ねえ、、CDに復刻される気配がまーったくないんですよ。なんでかなあ。数年前に出たのはなぜかこれとは別のライヴ音源だったし。
オケを構成する楽器一台一台の「潜在的な」コクが濃厚。そしてデュナーミクの指示がとにかく派手。ほぼ同じような傾向のフェドセーエフ旧盤に比べてもずっと破廉恥…と言い切るのは失礼かもしれないけど。第3楽章がここまで明け透けに直線的に鳴り響いているのを聴くと(このホルンの絶叫ではエリミーラがまるでロシアの肝っ玉母さんである)、スヴェトラはこの曲にあんまり興味なかったんだろうなあと考えてしまいます。

第2楽章と第4楽章を景気よく楽しむためにはこれ以上ない「陽気な」仕上がり。いつか、東急ジルベスターコンサートでコバケンがこの曲の第4楽章をカウントダウンに使う日が来たら、そのときはぜひこの演奏をお手本にしてほしい。ふてぶてしいファゴット!

外は断続的な吹雪。冬らしい。
本年も当ブログへのご愛顧まことにありがとうございました。体調を壊したり忙しくて音楽が聴けなかったり、必ずしも最高の一年ではなかったけれど、毎日訪れてくださる皆さんが書き手たる僕の何よりの励みでした。来年もよろしくお願いいたします。よいお年を!
by Sonnenfleck | 2007-12-31 20:58 | 絵日記
<< 謹賀新年を自作自演 エアコン未見 >>