今日は朝からストラヴィンスキー(21)

c0060659_833487.jpg【DISC22…ROBERT CRAFT CONDUCTS UNDER THE SUPERVISION OF IGOR STRAVINSKY】
●交響詩《夜うぐいすの歌》(1917) ※
●《ダンス・コンチェルタント》(1942) +
●《フュルステンベルクのマックス王子の墓碑銘》(1959)
→アーサー・グレグホーン(Fl)
  カルマン・ブロッホ(Cl)
  ドロシー・レムセン(Hp)
●《ラウール・デュフィ追悼の二重カノン》(1959)
→イスラエル・ベイカー(Vn)、オティス・イーグルマン(Vn)
  サンフォード・ショーンバッハ(Va)、ジョージ・ナイクルグ(Vc)
●宗教的バラード《アブラハムとイサク》(1963) ※
→リチャード・フリッシュ(Br)
●管弦楽のための変奏曲(1964) ※
●《レクイエム・カンティクルス》(1966) ※
→リンダ・アンダーソン(S)、エレーヌ・ボナッツィ(A)
  チャールズ・ブレスラー(T)、ドナルド・グラム(Bs)
  グレッグ・スミス/イサカ大学コンサート合唱団

⇒ロバート・クラフト/
  コロンビア交響楽団(※)、コロンビア室内管弦楽団(+)

ついにここまで辿り着いたです。
ストラヴィンスキー大全集DISC22は、クラフト指揮による補遺集。2回に分けて書きます。

まず交響詩《夜うぐいすの歌》ですが、これはいとも効果抜群というか…《カンティクム・サクルム》を聴いてしまったあとでは、波打って押し寄せる効果的な色彩の嵐に目が眩みます。冗談抜きで。クラフト先生の鍛えが効果的なのか、コロンビア響も豊かに奥行きを持って鳴っている気がする。あれーこんなに巧かったのかー。結尾に置かれた「漁師の歌」の寂漠とした趣きがある種の肯定的な力を備えているのは、驚愕ポイントかもしれない。

《ダンス・コンチェルタント》は、合奏協奏曲に似たマチエールで娯楽的な旋律とリズムを大盤振舞する、新古典期ストラヴィンスキーに特有の曲のひとつであるようです。聴いたそばから指をすり抜けて落下していくような、罪のない音符で構成されているらしい。重なり合った楽句は作曲者指揮と比べると明確な優劣を付けられて処理されていると思われます。

ごく短い《墓銘碑》
《ラウール・デュフィ追悼の二重カノン》は陰鬱な気配。気配を音にするのは、たぶん最後まで、ストラヴィンスキーの最も苦手にするところだったのじゃないかと思う。

《アブラハムとイサク》に至ると、慣れ親しんだ(と感じられるようになった)セリー期の宗教作品に特有のマチエール。そんな中で表現主義っぽい爆発が方々で聴かれるのがこの作品の特徴みたいです。
ここで最後の給水。同じ挿話を題材にしたブリテンのカンティクル第2番《アブラハムとイサク》 op.51が作曲されたのは1952年のことであります。でも10年前に作曲されたこの作品がストラヴィンスキーに影響を与えたのかどうかについては資料もないので不明。
だいたいこの作品は、神に甘えるようなブリテンの柔らかさとは対照的に、荒野の一神教らしい厳しい響きをしているし、何よりこの作品の場合、テクストが英語ではなくてヘブライ語なわけで、肌触りはずいぶん異なります。何度も聴こえる「アブラハム!」「…アブラハム…」という単語だけが意味を成して全体を引き締めていて、声を一本の独立した線として器楽的に扱うストラヴィンスキーの性癖がここでも窺われるような気がする(逆に考えると、ヘブライ語リテラシーが備わっている聴き手には、いったいどのように聴こえるんだろうかという疑問はある)。ブリテンとストラヴィンスキーは最後まで交わらずに平行線を描いていたのかなあ。

次回、最終回。
by Sonnenfleck | 2008-01-14 08:37 | パンケーキ(20)
<< ふたりはヴェルズング。 on the air:ブロムシ... >>