人気ブログランキング |

精神と時のお買い物Ⅹ(梅田編)

ザ・シンフォニーホールを出たのが16時半。
大阪駅前第1~第3ビルの探索に出発です。立ち寄った順に書いていきましょう。

【ディスクJJ 梅田新館】(第1ビルB1F)
ディスクJJは、disk UNION的な存在でしょうか。メジャーレーベルが多く、値段設定も高め。ここではドホナーニ/クリーヴランド管の《幻想交響曲》(DECCA)が見つかったけど、値段が高かったのでスルーしました(あとで後悔するかしら)。

【ワルティ堂島】(第1ビルB1F)
「ワルツ堂」だったころに一度だけ行ったことがあります。
ここの輸入盤の品揃えって、こんなに凄かったかなあ。特に古楽系レーベルの充実には目を見張ります。でもレーベルごとに並んでると探しにくいよ(苦笑)

1 ヴェラチーニ:Vnソナタ集(ARCANA) *ガッティ+ジェルヴロ+モリーニ
2 フィリドール:オラトリオ《世紀祭の賛歌》(MUSIFRANCE) *マルゴワール/厩舎オケ
3 シューマン:交響曲第4番他(DiscLosure) *ブリュッヘン/18世紀オケ
4 プーランク:声楽作品集(EMI) *プレートル/フランス国立管

⇒ARCANAの在庫がこんなに揃っているのは初めて見ました。1、ガッティのヴェラチーニは頑張って探していたので、簡単に見つかってしまって拍子抜け。。
ちなみにコレッリはもうなかったけど、タルティーニのソナタ集が1組だけありましたぜ。お探しの方はお急ぎを。
⇒2のフィリドールと4のプーランクは中古。中古の棚は搾り取られた後かなー。
⇒3は前々からほしかった海賊盤(カップリングはブラームスのVn協奏曲!)。「廃盤」扱いで安く手に入りました。あんなに大規模に海賊盤を店頭に並べていいのだろうか。。

常連しか座ることを許されないという奥のソファ、本当にありました。ひょえー。

+ + +

【カーニバルレコード 第2ビル北店】(第2ビルB2F)
梅田の地下に本拠を構えるもうひとつの中古チェーン?ここはそもそもの底値があまりにも高すぎ、しかも「廃盤」というだけで珍しくもない国内盤にさらにベラボーな値段をつけていて、要するにクラシックについては素人っぽい(よくあるパターンですが)。レアかつ値段づけの甘い品は、すでに京阪神のクラヲタ諸兄が押さえているのでしょう。きっと。

【カーニバルレコード 第2ビル店】(第2ビルB2F)
発見できず。

【カーニバルレコード 第3ビル本店】(第3ビルB2F)
在庫は多いけど傾向は第2ビル北店と同じ。そんななかから、見つけてしまいました。

5 モーツァルト:Vnソナタ集(ARCANA) *ガッティ+アルヴィーニ

実はこれ、存在を知らなくてですね。棚をひととおり眺めていると、ARCANAの黒い背表紙が目に留まり、「MOZART」の字とその脇に「ENRICO GATTI」の印字…。うわあ。
ちょっと聴いてみたら、予想以上に恐るべき美しさです。

【ディスクJJ 梅田3号店】(第3ビルB1F)
【ディスクJJ 梅田4号店】(第3ビルB2F)
ともに発見できず。

+ + +

日曜の暮れ方の大阪駅前ビル地下街は、ほとんどの店にシャッターが下りていて、通行人もまばら、ゲームセンターの音だけが…蛍光灯で妙に明るい廊下に響き渡っていました。階層と東西南北の感覚を狂わせる複雑な構造。古びた「国鉄」の表示。途中からメガテンをやってるような気分になってましたよ。…次の角を曲がると、そこにはジャックフロストが…。
c0060659_6295026.jpg
いや、飲み屋の呼び込みだ。。今度は第3ビル中心にもうちょっと粘ってみます。
by Sonnenfleck | 2008-01-17 06:33 | 精神と時のお買い物
<< 金襴緞子 金聖響/大阪センチュリー響<2... >>