人気ブログランキング |

冬の日のヒキコモリ(ただしブラジル風)

c0060659_654594.jpg【EMI/7243 5 72670 2 1】
●ブラジル風バッハ第3番
●Pfとオケのための幻想曲《Momoprecoce》
●SSaxと室内オケのための幻想曲
●Gtと小オケのための協奏曲 他
→クリスティーナ・オルティス(Pf) 他
⇒ヴラディーミル・アシュケナージ/
  ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 

むずかしいことを考えるのはやめて、ヴィラ=ロボスを聴こう。
昨日の名古屋は冷たい雨でずうっと在宅。関東は雪積もったんですね。

c0060659_6542192.jpg結局ここには書かなかったけれども、冬の乾燥した原美術館で、アドリアナ・ヴァレジョンというブラジル出身の作家の個展を見たのがちょうど1年前の今ごろだったです。
浴室のタイルの文様、特に、揺らぐ水を通して歪むタイルの文様を執拗に描き込むという、不思議なモティーフを持った画家でした。こんな感じの→。

この絵の実物は、奥の明るい場所へ力づくで引きずりこまれるような迫力。暗がりよりも明るい場所のほうが怖いなんて、勘弁してほしい。
しかし、ヴァレジョンはそれでいて、静謐なタイル文様だけでなく肉のグロテスクを絵画に取り込んでしまうという極端な幅を持っているのです。ググってみるとちょいグロ系の絵画がいくつかヒットするので、興味がおありでしたらどうぞ。。
by Sonnenfleck | 2008-02-04 06:55 | パンケーキ(20)
<< 怒れるアンタイとその仲間たち モノノケダンス >>