人気ブログランキング |

春風とАрамとНиколай

c0060659_6503181.jpg【ASV/CD DCA 773】
●ハチャトゥリャーン:《ガヤネー》組曲
●同:《仮面舞踏会》組曲
●同:《スパルタクス》組曲
●イッポリトフ=イヴァーノフ:《コーカサスの風景》 op.10
⇒ロリス・チェクナヴォリアン/
  アルメニア・フィルハーモニー管弦楽団

チェクナヴォリアンのハチャトゥリャーンBOX、去年の7月に買ったまま死蔵してましたが、キリンの発泡酒「円熟」のCMに釣られて今ごろ開封しました。(ここでCMが見られる。)

《ガヤネー》《スパルタクス》は、予想どおりのチェクナヴォリアン節で激しいナンバーが激しすぎますけど、件のCMで〈ワルツ〉が使用された《仮面舞踏会》は、程よいバランスで大柄なメランコリーとリリシズムが結びついていて、要するに「いい」です。救いがたいほど憂鬱な原作、そして原作者レールモントフ自身がそもそも退廃的な人物。
〈ギャロップ〉は…オケのB級風味と曲調が変な作用を起こしてるんですが、真ん中の〈ノクターン〉〈マズルカ〉〈ロマンス〉は絶品。どれもお酒のCMにぴったり(笑)

リャードフ→ミャスコフスキー→ハチャトゥリャーンの系譜って、なんだかむやみやたらと悲劇的というか…。酒とか博打とか破滅とか(ミャスコフスキーは微妙に違うけど)、ちゃんと末代のハチャトゥリャーンまで受け継がれたロシアっぽい嗜好が、こうしてまたビールのCMで花開いているんですから大したものです。

最近醒めがちなソヴィエト音楽ハートが、ジャケットに印字された「LOГIS TJEKNДVOГIДN(ロギス・チェクンドヴォギドゥン)」によって刺激される。ちょうどスヴェトラーノフのミャスコフスキー全集が狂ったような値段で再発売されますしね。。MЧДSKOVSKЧ。。
by Sonnenfleck | 2008-04-12 07:19 | パンケーキ(20)
<< 行け、わが思いよ、金色の車に乗って ゴルトミク変奏曲 >>