人気ブログランキング |

君もテレマンと手をつないでスキップ!

c0060659_6474399.jpg【Paradizo/PA0002】
<テレマン>
●Rec、弦楽と通奏低音のための序曲 イ短調
●無伴奏Recのための幻想曲 ロ短調、ホ短調、イ長調
●Rec、Gamb、弦楽と通奏低音のための協奏曲 イ短調
→ジュリアン・マルタン(Rec)
→ジョシュ・チートハム(Gamb)
⇒スキップ・センペ/カプリッチョ・ストラヴァガンテ

お気に入りのチェンバリスト、スキップ・センペが、自主制作レーベルを立ち上げました。
Alphaに腰を落ち着けるのかなと思いきや、まさかの攻め。
ちなみにこの「Paradizo」というレーベル名は、アリアCDのインフォによると「何かをあきらめる、あるいは何かを他の人にゆずる能力のことをいう。この行為は胸を引き裂かれるような辛いもので、感傷を通り越したもの」ということらしい。センペの「一歩退いたお洒落さ」と大胆なセンスによく似合っているじゃないですかー。

カプリッチョ・ストラヴァガンテのリコーダー吹き、ジュリアン・マルタンのテレマンによって編まれたこの1枚では、テレマンの中にあるフランス趣味(序曲)とイタリア趣味(協奏曲)の衝突を、硬いイ短調の枠内で鮮やかに処理して見せる。真ん中の幻想曲がちょうど緩衝材になって、一連の流れが浮かび上がってきます。録音場所については記載がないんですが、1パート1人の親密さが大切にされたデッド気味の音響も効果的。

イ短調の《序曲》は、思い切ってフランス趣味へ舵を切ってるのが面白い。テレマン演奏の中には恥ずかしがって彼の(とても重要な!)フランス様式に踏み込み切れないものが案外多いように思うんですが、センペの思い切った采配がここでは効果的に働きます。
冒頭の序曲は鈍く光る通奏低音のバランス、そしてセンペの豪奢な装飾が好み。フーガから復帰するところで全然リタルダンドしないのがまさしくクール!
吃驚したのは次の〈Le Plaisirs〉という楽章で、今度は逆にラモーの一部の作品のように全声部がねっとりと絡み合って渾然一体となる、あの「練り」が現出してるんですな。この「Plaisirs」は「愉快」ではなく「快楽」と訳されるべきでしょう。。

対してRec+Gamb協奏曲は確かにイタリア趣味なんだけど、(たとえばヴィヴァルディの協奏曲とは明らかに異なる)テレマンの生真面目さへの配慮を欠かしていないんですね。
Dolceの記号が付いた第3楽章、ここで糖分カット気味の「浅い」アーティキュレーションを実施するところなんか、テレマン内部の照れみたいなものをよく表したなあと感心します。
by Sonnenfleck | 2008-05-30 07:09 | パンケーキ(18)
<< on the air:イル・ガ... 読売日響名曲シリーズ 名古屋公演 >>